大きくする 標準 小さくする
前ページ 次ページ

2008年07月31日(木)更新

今週末はポーラーベアの写真家リサ・ヴォートさんに会おう!

写真家リサ・ヴォートさんの写真展「北極からの贈りもの」

2008年8月8日まで、東京都江東区のGALEERY A4(エークワッド)で、
写真家リサ・ヴォートさんの写真展「北極からの贈りもの」が
開催されています。

(10:00~18:00 入場無料 8/3をのぞく日曜日休み)

写真家リサ・ヴォートさんの写真展「北極からの贈りもの」

最近、なぜかチャーミングな女性にお会いすることが多いのですが、
リサさんの笑顔の輝きは、その中でも特別でしょう。

今週日曜日8/3に、竹中工務店ギャラリーA4の写真展で
リサさんのトークショーに来ていただければ、
その言葉がウソでないとわかるでしょう。

写真家リサ・ヴォートさんの写真展「北極からの贈りもの」

今回の展覧会に寄せた、私のメッセージは....

「リサさんが見つめ続けたポーラーベアの親子。
 深い愛情が伝わってきて心が温かくなります。
 切ないのは、人と人の愛情の方が冷えきっていること。
 そして氷が溶け始めていること。

ただいま写真展のWEBで、自分のメッセージを探したら、
建築家の伊藤豊雄先生と、環境大臣の鴨下一郎先生の間に
掲載されていて、ビックリ&恐縮しました。

写真家リサ・ヴォートさんの写真展「北極からの贈りもの」

リサさんの写真とTシャツの魅力は、
オールアバウトの最新記事でもご紹介いたしました。

きっと特別な体験ができるはずです。
ぜひ、写真展でお会いいたしましょう!!


 ▼リサ・ヴォート公式サイト
  http://www.lisavogt.com/

 ▼竹中工務店ギャラリーA4「リサ・ヴォート展」
  http://www.a-quad.jp/

 ▼amazonショップ:リサ・ヴォート「1億人のグリーンパワーTシャツ」
  http://www.amazon.co.jp/dp/B001CN7DVS/

 ▼リサ・ヴォート写真展:北極からの贈りもの
  http://allabout.co.jp/mensstyle/tshirt/closeup/CU20080731A/


久米 信行 網縁作務処
国産オリジナルTシャツ@久米繊維
グリーン電力×オーガニックコットン×アート@T-galaxy.com
ブログ起業論講師@明治大学商学部  

2008年06月03日(火)更新

吉田照美画伯の油絵×直筆サイン×絵本「バルサの翼」に感涙@池袋東武

私が最も敬愛するラジオパーソナリティ吉田照美さんの個展
池袋東武の美術画廊で6月4日(水)まで開催されています。


少年時代に不眠症だった私にとってラジオは福音そのものでした。
その後、長いブランクを経て...
厳しすぎる「失われた十年」に社長兼集金係だった私は、
ラジオ史に残る「吉田照美のやる気MANMAN!」に出会って泣き笑い。
苦しい中で、大きな勇気をもらいました。

そして、今では「吉田照美 ソコダイジナトコ」を聞かなければ
朝が始まらないのです。



今回、スペイン美術賞展入選記念の個展が開かれるとあって、
仕事帰りに会場に駆けつけて....驚きました。

とても2005年に始めたばかりと思えない筆さばき

吉田照美画伯「花摘み」

私が特に好きな作品はこの「花摘み」です

 僕の大好きな言葉に「アンパンマン」やなせたかしの
 「たとえ倒れても夢の方向に倒れたい」というのがあります。
 この男の人も、あの花を求めてここまで来ました。
 花は手に入れられなくても、花を求めて
 ここまで一生懸命来たってことが、男前なのです。


そして、さらに驚きが!
目の前に憧れの吉田照美さんが、いらっしゃるではないですか!

吉田照美さんサイン

恐る恐る、買い求めた図録と絵本を差し出すと
名前とイラスト入りのサインをそれぞれに書いてくださいました。

「どちらからいらしてくださったのですか?」


 思いがけず声をかけてくださったので、あわてて答えてますと

「わ、あの近くの○○動物病院にお世話になっているんですよ」

 と優しく親しくお話がはずみ....しかし、話が続けられない私。

いつかお会いしたいと願う数少ない人に会えたのに...
もっと気の利いた答えをしたかったのに....
なかなかうまくはいかないものです。

吉田照美さんサイン

サインをいただいた吉田照美さん作の
絵本「バルサの翼」

さっそく家に帰って
子供たちに読み聞かせたのですが....

またも驚きました。

バルサの翼と吉田照美さんサイン

将来、絵本作家になりたい私は
これまで絵本という絵本を読みあさった
つもりだったのですが、

こんな絵本は読んだことがありません。

まさに昔子供だったお父さんが
読んで涙する絵本。

照美さんのファンでなくとも
きっと感涙するはずです。

たとえばこんな一節があります。




 人が としをとる ということ
 人が 毎日 生きて行く ということは
 とても たいへんな
 ことかも しれない

 でも ぼくの そばには
 いつも 夢が いてくれた
 だから ここまで やってこれた



あと一日しかないけれど、
何か感じるところがあったら
池袋東武へぜひ。

そしてバルサの翼を
手に入れてください!!


 ▼スペイン美術賞展 入選記念 吉田照美 不思議な夢
 http://www.tobu-dept.jp/ikebukuro/event/event.php?kaijyo_kbn=2&sj_no=2651

 ▼バルサの翼(アマゾンで購入)
 http://www.amazon.co.jp/dp/4270002115/

 ▼吉田照美「ソコダイジナトコ」
 http://www.joqr.co.jp/soko/


久米 信行 網縁作務処
国産オリジナルTシャツ@久米繊維
オーガニックコットン&アートTシャツ@T-galaxy.com
ブログ起業論講師@明治大学商学部
ブログ公開出版「見る前に跳ぶ技術」

2008年04月20日(日)更新

銀座の画廊「閑々居」の茶席で、北條和子さんのお茶とお話を楽しむ

先日、竹徳の鈴木康彦社長のお誘いで都会のオアシスを訪ねました。

鈴木社長は発菩提心の文化人で、若輩の私ごときを珍重してくださいます。

例えば、私が最近サインを求められて落款を捺しているとしたら、
それは鈴木社長自ら篆刻してくださったものです。



先日も、竹徳マンションの住人というアーティスト
長尾 和典さんを鈴木社長にご紹介いただき、
ベトナム料理とアート談義ランチを楽しませていただいたところでした。

そして....



このたび、現代日本画の画廊「閑々居
オーナー北條 和子さんのご依頼で、
画廊の中に茶室をお作りになったと聞き、
ご一緒させていただいたのです。

閑々居

新橋の交差点に面したビルの一室に、
まさかの空間がありました。

閑々居

ただいま展示中の馬場伸子さん作「牡丹満庭図」が、
見事に茶室になじんでいます。

そして、先客の某美術雑誌の編集長さんと共に
私たち二人は、北条和子さんに点てていただいた
お茶を美味しくいただきました。

閑々居

途中から、GISのスペシャリスト平下 治さんも合流されて
ニコラ・テスラの銅像から、セルビアと日本の交流の話まで
お茶飲み話が広がって、この不思議なサロンの磁場に驚いたのです。



しかし、ギャラリーの主 北条和子さんが私を招いてくださったのは
私の携帯写真ブログにあった、聖地で祈りを@斎場御嶽
という小さな記事に興味を持ってくださったからだと聴きました。

北条さんは、かの沖縄の聖地で、やはり
特別な何かを感じられたそうです。

閑々居

そして、最後に素敵な絵本「旅館はなぶさ」を
プレゼントしてくださいました。

これは、絵本好きの私も初めて見る
おもしろ不可思議な本です。

">

笹井 弘さんがピンホール写真で撮られた「植物達の時間」という
不思議なモノクロームの写真作品に、北条さんが楽しい言葉を添えて
唯一無二の絵本を創造したのです。

「画廊で一服差し上げます」

という斬新な試みは、5月2日から一般公開されるそうです。
完全予約制で、お茶と美術談義を楽しむという趣向です。

WEBサイトをチェックして、お好みの作品と合わせて
ぜひ特別な時空を味わってみてください。


 ▼閑々居(カンカンキョ)
  http://www.venus.sannet.ne.jp/kakosan/

  
久米 信行 網縁作務処
国産オリジナルTシャツ@久米繊維
オーガニックコットン&アートTシャツ@T-galaxy.com
ブログ起業論講師@明治大学商学部
ブログ公開出版「見る前に跳ぶ技術」

2007年12月14日(金)更新

フェルメール「牛乳を注ぐ女」と再会@国立新美術館

17日の月曜日までだというので慌てて再会してきました。
フェルメールの名画の中でも思い出深い一枚に。



もう10年程前になるでしょうか?

オランダ、ベルギーの美術館めぐりに出かける前、
長谷川 利行のコレクターでもある尊敬する縁者
鈴木大吉さんから、貴重なアドバイスをいただいのです。

「世界で最も美しい絵の一つがアムステルダムにある」

それが、フェルメールの「牛乳を注ぐ女」でした。

もう既に、2週間近くも各地で絵を見続けてきたので、
ほとほと疲れていたのですが、

この絵....思ったより小さな肖像画を見た時は、
その輝きに驚いたことをおぼえています。



そして、ドライブで通りかかったフェルメールの町
デルフトでの夢のような光景もよみがえってきます。

小さな広場に移動式の回転木馬などが出ていて
どこかなつかしいお祭りをしているのでした。




もちろん、デン・ハーグのマウリッツハウスで見た
青いターバンの少女の表情に勝るものはないでしょう。

映画「真珠の耳飾りの少女」のワンシーンもふと思い出しました。

青空にひそむ色を2人で数え見つけ出すシーン。


またもフェルメールの魔法に
かかってしまいました。

もう一度訪ねたい。
もう一度会いたい。


 ▼フェルメール「牛乳を注ぐ女」とオランダ風俗画展
  http://milkmaid.jp/vermeer/index.html

 ▼オランダ政府観光局「真珠の耳飾りの少女」フェルメール
  http://www.holland.or.jp/nbt/holland_feature_articles_2002.06.htm

 ▼映画「真珠の耳飾りの少女」
  http://www.gaga.ne.jp/pearl/top.html


久米 信行
久米繊維/Art T-galaxy.com

2007年09月30日(日)更新

横浜美術館「シュルレアリスムと美術」展初日と草月はなゆうぎ

京都五山にせよ、ジブリの絵職人にせよ、
最近は展覧会期終わりに駆け込みというのが多かったので、
初日に悠々と出かけてみました。

横浜美術館マグリッド

長男が、ちょうど私がマグリッドやダリの作品に
出会った年頃になったので、そろそろ見せようと思ったのです。

親子して「蟲師」のアニメにはまっていることもあって
目に見えぬものたち、異形のものたちを
日常に見いだして愛でるのも悪くはないでしょう。

予想通り....
頭も心もやわらかくとろけて心地よい。

企画展以外の常設展も、シュールなものを
並べてくれる粋な計らい。

アトリウムに並ぶ彫刻群も
よく見れば、相当不気味で可愛いらしい。

さりげなく置かれたこのものたちなど
今にも影が動きそうですし....。

横浜美術館

ミュージアムショップで
エッシャー不思議絵フィギュアの
ガシャポンをすると、これまた不可思議な異形のものが...

エッシャー

その後、どうした巡り合わせか、横浜赤レンガ倉庫で
いけばな草月流の「はなゆうぎ」という展示も見たのですが、
ケータイブログに書いた(撮った?)ように、
これまた摩訶不思議。

おかげで今夜は良い夢が見られそうです。

おやすみなさい。


 ▼横浜美術館「シュルレアリスムと美術」
  http://www.yaf.or.jp/yma/exhibition/2007/special/03_surrealism/


久米 信行@久米繊維工業

2007年07月12日(木)更新

吉川 壽一先生個展「VIAGGIO IN SICILIA―SYO杲杲(コウコウ)

今週末のお楽しみは....
7/15まで東京九段のイタリア文化会館で開催されている
吉川 壽一先生の個展に出かけることでしたが、
ただいま行ってきて、吉川先生にお会いできて大感激です。

オールアバウトの記事にも書きました。
http://allabout.co.jp/mensstyle/tshirt/closeup/CU20070714A/

吉川先生は、久米繊維謹製ネームや拙著「メール道」「ブログ道」の
shoを創作してくださった大恩人なのです。



吉川先生のブログ「開運ひと文字HAPPY!!」や
吉川先生と親しい「株式会社横山工藝 横山 国男社長のブログ」を
拝読するとイテモタッテモいられなかったのです。

若き京の絵師 冬奇さんもお連れしました。
もちろん、子どもたちにも見せたい!!

吉川先生のshoをもとに、横山工藝さまと弊社でコラボ製作した
Tシャツも展示されております。

ぜひ、みなさんもお堀端散策と合わせて
週末のお楽しみ候補に加えてくださいませ。


─────────────────────────────────
VIAGGIO IN SICILIA ~書道イン・シチリア~

2007年6月28日 - 2007年7月15日

シチリアの神秘にインスパイアされた書道家吉川壽一氏の作品は、
来場者を東洋から西洋への旅へといざないます。

シチリアの資産である美術を通じてさまざまな国際的アーティストに
シチリア文化の再発見をうながすプロジェクト「シチリアの旅」
の一環として、2006年9月にプラネータ社からの招待を受けた氏が
イタリア文化会館で個展を開きます。

日程: 2007年6月28日 - 2007年7月15日
時間: 11:00 - 18:00
場所: イタリア文化会館
主催: 日欧商事、プラネータ社、イタリア文化会館
協力: 入場無料
─────────────────────────────────

久米 信行
久米繊維/Art T-galaxy.com

2007年05月24日(木)更新

新境地!服部早苗「キルト日本の意匠展」@日本橋三越

今週末、5月27日(日)まで 日本橋三越 新館7階ギャラリーで
服部早苗先生の「キルト日本の意匠展」が開催されています。

東京メトロの構内や車内ポスターでご存知の方も多いでしょう。
さっそく私も先週の日曜日に出かけて、先生の新作と言葉に触れました。

服部早苗キルト展ポスター

キルトと言えど「和魂洋才」。

服部先生の「早苗キルト」と呼ばれる作品群は
京都西陣の美しい布を組み合わせた独創的な和柄で、
世界に知られ数多くの賞を受賞されています。

陰影深い会場に絢爛豪華に浮かび上がる艶やかな
服部先生の作品群に、これまでも私は魅せられてきました。

服部早苗展

しかし、今回、会場の中央付近に展示されていた
藍染の深みと渋みを生かした新作群を前にして、
私の目も心も釘付けになりました。

これまでの「早苗キルト」とは一線を画すのです。

初めて見たのに、どこか懐かしい。

どこかで見たことがありそう。
しかし見れば見るほど斬新。

それは、合わせて展示された
素晴らしい藍染作家の着物と見比べれば
実感していただけることでしょう。

ご自身の作風を特徴づける美しい原色をあえて使わず、
それでいて「見る人が見れば早苗キルトだとわかる」新境地。

風林火山

展示会場で開かれたトークライブには
早苗キルトに魅せられたファンが
先生を取り囲んでいました。

私は、会場の片隅で、遠くから
静かにメッセージを受け取りました。

自信と誇りに満ちた声が響き渡ります。

誰よりもはやく、そして一貫して
日本の意匠をキルト作品に昇華し、
世界に発信し続けた歴史。

NHK大河ドラマが武田信玄を選ぶ6年も前から
「風林火山」をテーマに作りつづけていた事実。

服部先生の自信に満ちた声からは、
故きをたずねつつも、時代の波をいち早くとらえ
世界に、次代に、日本の美を伝えていく
先駆者としての心意気が伝わってきたのです。

風林火山Tシャツ

ありがたいことに
会場の出口には素晴らしいキルトの小品と合わせて、
私たちが心をこめて作らせていただいた
風林火山のTシャツが飾られていました。

実は、会場には、昨年の個展で買い求めた
服部先生のTシャツを着て参上したのですが

嬉しくて、誇らしくて、
また一枚購入してしまいました。

そして昨日、社団法人内外情勢調査会の講師を務めた時も
風林火山Tシャツを着て壇上に立ったのです。

hs5

まだ「早苗キルト」が放つ、唯一無二の輝きに
目を細めたことが無い方は、ぜひ三越に足をお運びください。

きっと圧倒されるでしょう。

24日(木)27日(日) 午前11時~/午後2時~には
服部早苗先生のトークライブとサイン会も開催されます


 ▼服部早苗「キルト日本の意匠展」@日本橋三越
  http://www.mitsukoshi.co.jp/store/1010/sanae_hattori/


久米 信行
久米繊維/Art T-galaxy.com

2007年05月15日(火)更新

誕生日1:平田弘史先生筆「風林火山」×もののふ「山本勘助」Tシャツ

5月13日で44歳になった私は、自分で自分に最良の贈りものをしました。



もののふ主宰の田中秀樹さんに誘われ、神田小川町の時代屋で開かれた
時代劇画の巨匠 平田弘史先生に特別なサインをしていただいたのです。

大河ドラマでもおなじみの「片目の軍師」山本勘助を主人公にした
劇画本を胸に長蛇の列の最後尾に並びます。

70代とは思えぬ溌剌さと、気合いのこもった筆さばきに驚き、
列をなして待つ誰もが静かに見守っています。

平田先生サイン会

「何と書いていただこう?」

悩みに悩みましたが、平田先生が着るTシャツを見て決めました。
ご著書の表紙裏に書いていただいたのは「風林火山」の四文字。

あまりに大胆な筆遣いに言葉を失い、
呼吸が止まりそうになりました。

誰もが固唾を飲んで見守っています。

先生が書き上げると、それはサインというより
作品そのものでありました。

風林火山

すぐさま、この宝物を大切に捧げ持ちながら、
靖国通りを早足で抜けました。

文房堂に飛び込んで額装していただいたのは、
言うまでもありません。


 ▼平田 弘史先生HP
  http://www2.wbs.ne.jp/%7Etesh/

 ▼もののふ
  http://www.mononofu.net/

久米 信行縁尋奇妙
http://kume.jp http://t-galaxy.com
─────────────────────────────
久米繊維PRESS ROOMブログ
─────────────────────────────
経営者会報ブログTOP http://gate.keikai.topblog.jp/
経営者会報編集部ブログ http://editors.keikai.topblog.jp/

2007年04月27日(金)更新

田沼武能写真展「秘境カラッシュ族の隠れ里」@フォトギャラリーキタムラ

なぜ、こんなに子供たちの笑顔が輝いているのでしょう。
田沼武能先生が撮る「世界の子供たちの笑顔」を見るたびに、
心からそう思います。

田沼先生ポスター

今回の笑顔の主は「カラッシュ族」の子供たち。
パキスタンの北西辺境州ヒンドゥークシの山間に住んでいるそうです。

民族衣装も色鮮やかで、おそらくは100年前と変わらぬ衣装で
100年前と同じ笑顔を浮かべながら暮らしているのでしょう。

好きな写真

カラッシュ族の老若男女が誰しも浮かべている屈託のない笑顔。

わが眉間の縦じわと見比べると、思わず考えずにはいられません。

豊かさとは何か....。進歩とは何か....。

「人間万歳」が田沼先生のライフワークだそうですが、まさに
「万歳」と叫びたくなるような写真に人たちに会えました。

ギャラリー風景

今回は、光栄にも、フォトギャラリーキタムラの1周年記念を兼ねた
オープニングパーティにも合わせてお招きいただきました。

写真家の先生方やカメラメーカーのキーマンなどが集う盛大な会でした。
(カメラのキタムラ武川社長、木内さま、ご招待ありがとうございました。)

パーティ風景

そこでは、田沼先生に一ファンとしてお話をすることができました。
光栄にも握手までしていただきました。

私もよく存じ上げている名作の数々は、このやさしい右手が
シャッターを押すこと生まれたかと思うと感無量でした。

田沼先生スピーチ

現在、田沼先生は、社団法人日本写真家協会の会長として
日本の名作写真を保存するための募金運動を続けられています。

私もエディターをつとめる日本財団のCANPANブログを通じて、
何かお手伝いできるのではないかと考えました。

あの子供たちの笑顔を、ぜひ後世にも伝えたいと思うのです。

カラッシュ族のみなさんの笑顔に会いたい方は、
ぜひともゴールデンウイーク期間中に、
フォトギャラリーキタムラを訪ねてみてください。

新緑がまぶしい新宿御苑の散策もきっと素敵です。

写真と自然に感動して、心地よい疲れを感じた後は
すぐ近くに、ベトナム料理のミュンや、
野菜ジュースとカレーのぴーまんもあります!!

フォトギャラリーキタムラ


「秘境カラッシュ族の隠れ里」田沼武能写真展 
>>フォトギャラリーキタムラblogの紹介記事

 会  期:4月26日(木)から 5月9日(水)まで
 平  日:10:30から 18:30まで
 土日祭日:11:00から 17:00まで(最終日は15:00迄)
 場所:フォトギャラリーキタムラ
    東京都新宿区新宿1-2-6 Phone 03-3341-7577


久米 信行縁尋奇妙
http://kume.jp http://t-galaxy.com

2007年03月13日(火)更新

竹徳:佐藤 守会長の絵画と鈴木康彦社長のメール

先日、じょうとうIT経営大賞を受賞された
株式会社 竹徳の佐藤会長と鈴木社長をお訪ねして
貴重なお話の数々をお聴きすることができました。

同社は、明治38年に竹材商卸業として創業され、
現在は住宅建設から中東のプラント、国内の発電所まで手がける他、
高齢化社会を見越して社会福祉法人も運営されている
素晴らしい企業です。

 

IT経営大賞の懇親会で名刺交換をさせていただいた後、
鈴木社長から、これまでいただいたことの無いような
品格を感じるお礼メールを頂戴いたしました。

それから何度かのメール交流の後、
ご近所にあるオフィスをお訪ねする
好機に恵まれたのです。

鈴木社長の格調高いメールの一例を
ご許可をいただきご案内いたしますと....

▼鈴木社長のメール
――――――――――――――――――――――――――――――
久米繊維工業株式会社 
代表取締役  久米 信行 様

お世話になります。竹徳の鈴木です。

明日は「啓蟄」 まことに時の過ぎ行く早さに驚かされます。

「もう」なのか「まだ」なのか 
それぞれの充足感にて思いに違いはありましょう。

久米社長の次のご予定を考えれば、誠に恐縮ですが
小社にお運びいただくことがよろしいと考えます。

業態柄 社員の大半が現場に出ておりますのでご承知おきください。
駐車場は会社内にて確保出来ますので問題はございません。

お言葉に甘え、会長共々 お待ち申し上げます。

――――――――――――――――――――――――――――――

会社に着きますと、本社ビルは、1階をオフィスにして、
上の階層をマンションとして有効活用されていました。

ホームページには、木場にビルを新築中とあったので、
完成後、本社を移されるのですかと聞いてみましたら、
そちらも賃貸で有効活用されるとのこと。

手堅いご商売をされているのです。



本社上層階のマンションの1室に、
会長室、社長室がありました。

そこで、佐藤会長が出迎えてくださったのですが、
壁という壁に飾られていた絵画に目を奪われました。

お話の中で知ったのですが、
佐藤会長の絵は単なる趣味に留まらず、
平成17年には文部科学大臣賞まで
受賞されてしまったのでした。


第39回創展 文部科学大臣賞 佐藤 守「廻想夢望郷」

東京商工会議所墨田支部、東京東信用金庫(ひがしん)の
高橋 久雄会長とも、絵画仲間、音楽鑑賞仲間だそうで、
ご一緒に展覧会や音楽会に足を運んでは、
時に共に涙を流すこともあるそうです。



ブログにも関心を寄せる先輩経営者お二人のお話は、
経営のみならず、社会福祉から芸術にまで広がり、
あっという間の二時間が過ぎました。

そして、翌日、いただいた鈴木社長のメールに
またも感銘を受けました。

当日、私は、拙宅を建てた時に、
お世話になった職人のみなさんにお配りした
「光、木、風、土」の文字と写真が
プリントされたTシャツを着ておりました。

それに気づいてのメールだったのです。

▼鈴木社長のメール
――――――――――――――――――――――――――――――

久米繊維工業株式会社 
代表取締役  久米 信行 様

 お世話になっております。
おはようございます。竹徳の鈴木でございます。

昨日はご多忙にも係わりませずお運びいただき、
小社 会長佐藤を交えての歓談、誠に有難うございました。

過去への想い、自分の世界に囚われがちな会長世代に
薫風のような爽やかさを運んでくださったとの思いです。

お話に興味は尽きませんが、Tシャツの光・風・土・木でしたか? 
環境と人の健全な生活に欠くべからざるキーワードであるとと思います。

光: 桂離宮に代表される日本の風土や四季の変化に
   順応できるようなしつらえ
風: 日本には変化に富んだ風があふれています。
   風をあやつり、風をいなす 
水: ほとんど文明が川を中心に栄えてきました。
   水とくらし、大切につかい、想う
緑: 人は「緑」に対して強い欲求を持っています。
   ビオトープ(生命の生息する場所)緑をはぐくむ。
土: 土中の温度は地表の変化に左右されず一定に保たれています。
   土でおおい、土でたもつ。

昨日お話しました 茂原の老人福祉施設計画のキーワードです。
偶然ですが、私のライフワーク「小説家:立原正秋」の詩集に
「光と風」があります。

箱(器)も大事ですが何より大切なのは真心であり、
施設長始めとして職員が「魂」を入れています。

広く浅く 私の趣味も多岐に亘っておりますが、

近々中に 篆刻にて 「久米信行」と刻しお贈りします。
昨日には間に合いませんでした(出来たものが気に入らず再チャレンジ)
末永いお付き合いをお願い申し上げ、まずは昨日の御礼まで。

◇◆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  東京都墨田区立川三丁目18-11
  株式会社  竹  徳 (TAKETOKU&CO;LTD)
  代表取締役社長   鈴木 康彦

  誠実 簡素 健全 自由
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・◇◆

 佐藤会長、鈴木社長、どうもありがとうございました。

 
  ▼株式会社 竹徳
   http://www.geocities.jp/taketoku3/

  ▼第39回 創展 文部科学大臣賞 佐藤 守氏
   http://www.so-ten.com/17_soten_jusho_01.html


久米 信行縁尋奇妙
http://kume.jp http://t-galaxy.com
========================================================
【久米繊維PRESS ROOMブログ】
 パートナー一覧(アイウエオ順/敬称略)
■──────────────────────────□
 経営者会報ブログTOP http://gate.keikai.topblog.jp/
 経営者会報編集部ブログ http://editors.keikai.topblog.jp/
□──────────────────────────■
«前へ 次へ»

◎久米 信行「縁尋奇妙」メルマガ
email

会社概要

1935年創業の老舗国産Tシャツメーカー。 半世紀以上にわたり、国産Tシャツ専門メーカーとしての誇りを持ち、裁断、縫製、検品、仕上げ、そしてプリントまで一貫して日本国内のグループ会社で生産する稀有なTシャツ・ギルドとして現在に至る。...

詳細へ

個人プロフィール

1963年東京下町生まれのTシャツメーカー三代目。慶應義塾大学経済学部卒業後、87年、イマジニア株式会社に入社。ファミコンゲームソフトのゲームデザイナー兼飛び込み営業を担当する。88年に日興證券株式会社に転職し、資金運用・相続診断システムの企画開発、ファイナンシャル・プランナー研修で活躍。94...

詳細へ

バックナンバー

<<  2019年12月  >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

コメント一覧

最新トラックバック

  • レイバン サングラス from レイバン サングラス
    お薦め本『儲けとツキを呼ぶ「ゴミゼロ化」工場の秘密』~古芝保治著 - 久米繊維工業 代表取締役社長 久米信行
  • 日本発ものづくり提言プロジェクト シンポジウム(2011/10/22) from パワーブロガー★イベント交流録
    日本発ものづくり提言プロジェクト のシンポジウム 「ジャパンファッションの再生、 日本発ものづくりから考える 」に、参加しました。 オープニングには、会場に 坂本龍一の「音楽図鑑」の 曲が流れて、いい感じ♪ プレゼンをしている
  • 15年前のAPEC大阪会議の思い出は from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 代表取締役高嶋 博 社長の日記
    15年前の11月16日から19日まの4日間、APECが大阪で開かれましたが、海外の 首脳が参加する国際会議が大阪で開かれたことは今までになく、厳戒態勢の街は 道路も交通機関...
  • 本の紹介【「ものづくり日本の海外戦略」が発売されました】 from 公認会計士・税理士 村田守弘のブログ
    「ものづくり日本の海外戦略」が発売されました。8日(金曜)の日経朝刊第一面にこの本の広告が掲載されました。なお、当該広告には、もうひとつの拙著「弁護士のため租税法(第2版)も掲載されています。取り急ぎ、ご報告します。
  • 緊急速報!  栗東 「わすいせず」4日前... from ココジャネル焼酎研究所 所長 ココジャネ...
    速報!!!栗東 「わすいせず」720mlが出ています!!!四日前にもかかわらず、 66,000円!!!!!http://page7.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/g916945312006年、2008年、2009年、2010...