大きくする 標準 小さくする
  • ブログトップ
  • ご紹介深謝「感動する会社は、なぜ、すべてがうまく回っているのか?」藤井正隆先生

«前の記事へ 次の記事へ»


ご紹介深謝「感動する会社は、なぜ、すべてがうまく回っているのか?」藤井正隆先生

投稿日時:2011/11/14(月) 14:41rss

こんなに光栄なことはありません!

今、書店で話題の名著、藤井 正隆(ふじいまさたか)さんの
感動する会社は、なぜ、すべてがうまく回っているのか?で、
私たち久米繊維工業もご紹介いただきました。



著書の藤井 正隆さんは、
「日本一視察取材社数が多いコンサルタント」を目指し、
全国を飛び回って優良企業の現場を見てきた実践派です。

そして「日本で一番大切にしたい会社」著者の法政大学大学院
坂本光司先生の研究室のの研究員として、同行取材、
独自の視点で、今回の素晴らしい本をお書きになっています。



藤井さんとは、坂本先生の大学院の講義で、
私がゲストスピーチをした時にご縁をいただいて、
今回、うれしいご取材とご紹介をいただきました。

さらに、藤井さんと不思議なご縁を感じますのは、
私が公私ともに尊敬するウインローダーの高嶋社長とお父さまと
日本の農家(株)を立ち上げて精力的に活動を始められたことです。



また、この本をお求めの方には、藤井さんのリクエストで
藤井さんと私の対談インタビュー音源がプレゼントされるのです。

マガジンハウスの会議室で、何やら盛り上がってお話したものです。

きっと、藤井さんとは、生涯のご縁となるでしょう。

明治大学の教え子たちにも、ぜひ、この本に掲載されているような
CSRを超える感動経営を続ける企業に、就職して欲しいものです!

多くの書店で、坂本先生の本などと並んで平積みになっていますし、
アマゾンで「なか身検索」もできますので、ぜひご一読ください!

久米 信行拝



▲昨日、TSUTAYA旗の台店でベストセラーに並んで平積み!


▼▼▼ 藤井 正隆さんのブログより ▼▼▼

この本は、実は、本ブログで、書かせていただいた企業を中心的に取り上げています。

料理とともの幸せをとどける ばんどう太郎

高いモチベーション社員で驚異の業務運営エーワン精密(ブログ掲載)

従業員満足を最優先する感動の美容室バグジー(ブログ掲載)

店舗も社内も「ありがとう」が溢れるお菓子のたこ満

実の子のように社員を育てるホンダカーズ中央神奈川(ブログ掲載)

売れても限定販売にこだわる黒木本店

顧客視点で常識にとらわれないスーパーオオゼキ(ブログ掲載)

Tシャツづくりで環境保全に挑む久米繊維工業(ブログ掲載

時代を先取りして次の柱をつくる循環型物流ウインローダー

過疎知に全国から吸収性が押し寄せる自動車教習所Mランド(ブログ掲載)

430人の過疎の町で120人の雇用創出石見銀山生活文化研究所(ブログ掲載)

ローカルに徹するシウマイの老舗横浜崎陽軒(ブログ掲載)

地域密着型のサービスに徹する高売りのでんかのヤマグチ(ブログ掲載1000近くアクセス)

秘伝の製法を開放する味の明太子のふくや

生産者と消費者を直接つなぐ有機農業40年の霜里農場

と、15企業の内、9企業がこのブログで紹介されたものです。もちろん、加筆しています。

本の内容は、「どんなに世の中が不況でも一部の企業はいつも絶好調!」中小企業庁の調査(平成11年イノベーション研究資料)にあるように、どんな不況期においても、構造不況と言われている業種であっても、1割の企業は他社もうらやむような好業績を上げている企業の特徴を詳しく解説しました。

30年近く企業支援活動を行い、実際に、大企業~中小企業、様々な業種・業態の企業を実際の目で見てきましたが、一時期、隆盛を極めてメディアに取り上げられる等で注目を集めた会社も、時代が移り変わる中で衰退していきました。一方、目立たなくても、長年お客様に支持され、従業員が活き活きと働き、社会や地域に貢献し、財務的にも素晴らしい成績を収めている優良会社があり、本ブログでも紹介しました。

そうした企業に共通しているのは、経営理念を土台において高い志を持ち、従業員の幸せ、取引先やお客様の満足、社会・地域への貢献といったことを企業の目的とし、売上や利益は、そうした目的を、どの位達成できたかの結果現象であると位置づけていることです。決して、売上利益を目的として、経営理念、従業員満足、顧客満足、社会地域貢献を手段としていないことです。

なぜ、こうした企業が、永続発展するのか?について、理論も付け加えて解説しています。   是非、お読みいただいて、ご感想を下さい。
必ず、ご返信致します。m.fujii@immersion.co.jp

◎推薦のことば
本書は、同志である藤井正隆氏が、これまでの多くの企業支援活動や「いい会社」の現場研究を踏まえ、「人」が強く求めている経営のあるべき姿を具体的に提示した渾身の書です。
本書を一読すれば、社員をはじめとした「人」を大切にする会社が、なぜ、ぶれずに成長発展しているのが一目瞭然です。
『日本でいちばん大切にしたい会社』著者
法政大学院政策創造研究科教授 坂本 光司


>>>藤井さんのブログ
   http://blogs.itmedia.co.jp/brand_ing/

   藤井さんのtwitter
   https://twitter.com/#!/masatakafujii

   藤井さんのfacebook
   https://www.facebook.com/masatakafujii


 
感動する会社は、なぜ、すべてがうまく回っているのか?
感動する会社は、なぜ、すべてがうまく回っているのか? 藤井 正隆 

マガジンハウス 2011-09-08
売り上げランキング : 57207


Amazonで詳しく見る
 by G-Tools

トラックバック一覧

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

◎久米 信行「縁尋奇妙」メルマガ
email

会社概要

1935年創業の老舗国産Tシャツメーカー。 半世紀以上にわたり、国産Tシャツ専門メーカーとしての誇りを持ち、裁断、縫製、検品、仕上げ、そしてプリントまで一貫して日本国内のグループ会社で生産する稀有なTシャツ・ギルドとして現在に至る。...

詳細へ

個人プロフィール

1963年東京下町生まれのTシャツメーカー三代目。慶應義塾大学経済学部卒業後、87年、イマジニア株式会社に入社。ファミコンゲームソフトのゲームデザイナー兼飛び込み営業を担当する。88年に日興證券株式会社に転職し、資金運用・相続診断システムの企画開発、ファイナンシャル・プランナー研修で活躍。94...

詳細へ

最近の記事

このブログの記事タイトル一覧(595)


バックナンバー

<<  2019年12月  >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

コメント一覧

最新トラックバック

  • レイバン サングラス from レイバン サングラス
    お薦め本『儲けとツキを呼ぶ「ゴミゼロ化」工場の秘密』~古芝保治著 - 久米繊維工業 代表取締役社長 久米信行
  • 日本発ものづくり提言プロジェクト シンポジウム(2011/10/22) from パワーブロガー★イベント交流録
    日本発ものづくり提言プロジェクト のシンポジウム 「ジャパンファッションの再生、 日本発ものづくりから考える 」に、参加しました。 オープニングには、会場に 坂本龍一の「音楽図鑑」の 曲が流れて、いい感じ♪ プレゼンをしている
  • 15年前のAPEC大阪会議の思い出は from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 代表取締役高嶋 博 社長の日記
    15年前の11月16日から19日まの4日間、APECが大阪で開かれましたが、海外の 首脳が参加する国際会議が大阪で開かれたことは今までになく、厳戒態勢の街は 道路も交通機関...
  • 本の紹介【「ものづくり日本の海外戦略」が発売されました】 from 公認会計士・税理士 村田守弘のブログ
    「ものづくり日本の海外戦略」が発売されました。8日(金曜)の日経朝刊第一面にこの本の広告が掲載されました。なお、当該広告には、もうひとつの拙著「弁護士のため租税法(第2版)も掲載されています。取り急ぎ、ご報告します。
  • 緊急速報!  栗東 「わすいせず」4日前... from ココジャネル焼酎研究所 所長 ココジャネ...
    速報!!!栗東 「わすいせず」720mlが出ています!!!四日前にもかかわらず、 66,000円!!!!!http://page7.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/g916945312006年、2008年、2009年、2010...