大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


吉田照美 絵画展「不思議な不思議な夢」展での感涙@池袋東武

投稿日時:2009/10/31(土) 23:49rss

今日ほど「ブログを書き続けて良かった」と思った日はありません。



20年近く片思い...憧れのラジオパーソナリティ吉田 照美さん
個展でサインをいただいた時に、驚くべきことが起こったのです。

サインに名前を入れていただこうと差し出した私の名刺を見て
照美さんが「久米さん...って」と、いきなり話しかけてくれたのです。

なんと照美さんは、昨年、個展を紹介した私のブログ記事
読んでくださっていて、名前までおぼえてくださっていたのでした。

「久米さんは、どんな人なんだろう」と思っていたと一言。

こんなに嬉しいことがあるでしょうか!!!!

かつて副社長兼集金係だった時には、仕事で移動中に「やる気MANMAN」を
今も毎朝、柿の木坂から錦糸町までの自転車通勤中に「ソコダイジナトコ」を

この失われた20年間、ともすれば笑いを忘れがちな逆境下の私にとって、
吉田照美さんのラジオ番組は、あの「タモリ倶楽部」と並んで
わが人生に欠かせない「笑いつつ真剣になれる」特別なひとときなのです。



どうです!

このYouTubeでご紹介した
ごくごく一部の作品を見ただけでも、
照美さんの筆に驚かれることでしょう!!

その日は、東武百貨店の商品企画や販促キーマンのみなさんとの
定例月次Tシャツミーティングの日でもありましたが、
その場でも、ついつい興奮してサイン本を見せびらかしてしまいました。

終了後には、やはり照美さんファンである弟や社員をひき連れて
再度、画廊を訪ねてしまいました。

照美さんは既に席を外されていましたが、
一同、その絵の上手さ面白さに見入っていたのです。



照美ファンだから、やみくもに
絵を褒めているわけではありません。

わが書棚には、この30年に世界の美術館に通っては
買い集めた数百冊の美術展の図録が並んでいます。

それら巨匠の名作と比しても、照美さんの絵は独特です。



様々な画家の影響を受けつつ進化する途上にありながら、
既に照美さんならではの狂気とユーモアと叙情性を秘めているのです。

シュルレアリスムというより下町由来の空想科学ナイーブ派。

来年、再来年と、これからどんな絵を描かれていくのか
毎朝のラジオとのギャップと合わせて楽しませていただきます。

照美さん、本当にありがとうございました。


▼YouTube動画に添えた説明文



2009/11/4(水)まで東京池袋の東武百貨店6F 1番地の美術画廊で、
吉田照美 絵画展「不思議な不思議な夢」展が開催されています。



文化放送ソコダイジナトコをはじめラジオの帝王として君臨する
照美さんの筆による油絵の数々。昨年感動を読んだ個展の第2弾です。

ラジオ史に残る名番組「やる気MANMAN」時代から愛聴していた
私ですが、よもや、照美さんが、ここまでスゴい絵を描くとは
思ってもみませんでした。



好きが高じて、私は、フランス、オランダ、ベルギーの美術館まで
ダリ、マグリット、エルンスト、デルボーなどを見て歩きました。
かの大家を彷彿とさせるシュルレアリスム的画風なのです。

そして、モチーフは照美さんが敬愛する人、動物、静物との
何とも独特な組み合わせ。



それらが思わず微笑みたくなるユーモアをスパイスにして
独自の構図で描かれているのです。

かといってコピーではありません。

正面に飾られた瀧に打たれる招き猫のプロットは、
瀧の画家、横尾忠則さん、千住 博さんでも思いつかないでしょう。



また、今回は、バルサの飛行機がたくさん宙を舞っています。

照美さんの思わず泣きたくなる童話「バルサの翼」を
テーマにした連作です。

特にお父さんとの肩車や自転車2人乗りのシルエットを見て
胸が熱くなりました。

ラジオファンならずとも、楽しくて面白くて不思議な絵に心惹かれる人、
古き良き時代のなつかしい風景に出会いたい人は、
ぜひ足をお運びください。


 ▼池袋東武「―不思議な不思議な夢― 吉田照美 絵画展」
 http://www.tobu-dept.jp/ikebukuro/event/event.php?kaijyo_kbn=2&sj_no=3246

 ▼文化放送「吉田照美ソコダイジナトコ」
  http://www.joqr.co.jp/soko/

 ▼油絵と言葉の風刺本「賞味期限知らず」吉田 照美×アーサー・ビナード
  http://www.amazon.co.jp/dp/4093878137/

 ▼絵本「バルサの翼」吉田 照美
  http://www.amazon.co.jp/dp/4270002115/

 ▼吉田 照美さん公式サイト
  http://www.yoshidaterumi.com/

トラックバック一覧

  • » ■11月は社会起業を京都で学ぼう! from ■Social Good News 君は弱者と同じ世界に生きている
     『社会起業家に学べ!』(アスキー新書)の著者である不肖・今一生、11月に京都の山奥の廃校を再利用した社会起業スクールで講師を務めます...

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

◎久米 信行「縁尋奇妙」メルマガ
email

会社概要

1935年創業の老舗国産Tシャツメーカー。 半世紀以上にわたり、国産Tシャツ専門メーカーとしての誇りを持ち、裁断、縫製、検品、仕上げ、そしてプリントまで一貫して日本国内のグループ会社で生産する稀有なTシャツ・ギルドとして現在に至る。...

詳細へ

個人プロフィール

1963年東京下町生まれのTシャツメーカー三代目。慶應義塾大学経済学部卒業後、87年、イマジニア株式会社に入社。ファミコンゲームソフトのゲームデザイナー兼飛び込み営業を担当する。88年に日興證券株式会社に転職し、資金運用・相続診断システムの企画開発、ファイナンシャル・プランナー研修で活躍。94...

詳細へ

最近の記事

このブログの記事タイトル一覧(595)


バックナンバー

<<  2019年10月  >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

コメント一覧

最新トラックバック

  • レイバン サングラス from レイバン サングラス
    お薦め本『儲けとツキを呼ぶ「ゴミゼロ化」工場の秘密』~古芝保治著 - 久米繊維工業 代表取締役社長 久米信行
  • 日本発ものづくり提言プロジェクト シンポジウム(2011/10/22) from パワーブロガー★イベント交流録
    日本発ものづくり提言プロジェクト のシンポジウム 「ジャパンファッションの再生、 日本発ものづくりから考える 」に、参加しました。 オープニングには、会場に 坂本龍一の「音楽図鑑」の 曲が流れて、いい感じ♪ プレゼンをしている
  • 15年前のAPEC大阪会議の思い出は from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 代表取締役高嶋 博 社長の日記
    15年前の11月16日から19日まの4日間、APECが大阪で開かれましたが、海外の 首脳が参加する国際会議が大阪で開かれたことは今までになく、厳戒態勢の街は 道路も交通機関...
  • 本の紹介【「ものづくり日本の海外戦略」が発売されました】 from 公認会計士・税理士 村田守弘のブログ
    「ものづくり日本の海外戦略」が発売されました。8日(金曜)の日経朝刊第一面にこの本の広告が掲載されました。なお、当該広告には、もうひとつの拙著「弁護士のため租税法(第2版)も掲載されています。取り急ぎ、ご報告します。
  • 緊急速報!  栗東 「わすいせず」4日前... from ココジャネル焼酎研究所 所長 ココジャネ...
    速報!!!栗東 「わすいせず」720mlが出ています!!!四日前にもかかわらず、 66,000円!!!!!http://page7.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/g916945312006年、2008年、2009年、2010...