大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


祖父母は21年ぶりの、そして最後のお遍路に

投稿日時:2007/11/16(金) 01:11rss

昨日、祖母とよが....おばあちゃんが急逝しました。

弟から危篤の第一報を聞いた時は、
玉の肌石鹸の三木社長様とのお約束で
初訪問をして、まさにお目にかかる寸前でした。

その後も、日経パソコン主催セミナーの講師、
デザインガーデンTシャツアワードの審査員、
墨田区と姉妹都市北京石景山区の交流会と
予定が続いています。

公職ゆえ、抜けるのもままなりません。

審査会が終わって電話をすると、
まだ小康状態との連絡を聞いて
ほっとしました。

しかし、交流会場のホテルについた直後に、
「今亡くなった」と連絡が届きました。

その旨、受付の墨田区役所の方にお伝えして
平謝りでその場を後にしました。


残念ながら、おばあちゃんのもとにかけつけると
既にお化粧が終わった後でした。

冷たい手。
息子と一緒にそっと触ります。

自宅を急いで一往復して、今戻った母は、
おばあちゃんから「死んだら着せて欲しい」と
頼まれていた死に装束を取り出しました。

それは、21年前に亡くなったおじいちゃんと一緒に
四国八十八ヶ所をお遍路して歩いた時の白装束でした。

八十八カ所の札所の御朱印が捺されています。

般若心経

その時、私は白装束の側に置かれていた
「四国遍路の手引」という経本を見つけました。

叔母たちに「この経本を形見にいただいて良いか」
尋ねました。

それには訳があります。

自分でもなぜかはわからないのですが、
数ヶ月前から、お昼に会社にいる時には、
仏壇の前に座るようになっていました。

今まで、そんな気持ちになったことは
ありませんでした。

おじいちゃんの遺影の前で
おばあちゃんがそらんじていた
般若心経や光明真言をあげるのが、
いつしか習慣になっていたのです。

この経本を見た瞬間に、
これでお経をあげたいと感じました。

さらに、巻末に亡き祖父の署名を見つけて
胸が締め付けられるような気分になりました。

おじいちゃんの署名

おそらく、おばあちゃんも
このお経をお棺に入れることが
できなかったのでしょう。

ますます、このお経は仏壇の前に置かねば、
読んであげなくてはという気持ちになったのです。


祖母とよは大正4年生まれでした。
92歳でしたから大往生かもしれません。

4年前の夏にベッドから落ちて骨折、入院してからは
寝たきりの暮らしになりました。

病院を転々としながら、日本の介護の厳しい現実を
目の当たりにしました。

要介護度5の認定を受けてからは、縁あって
学芸大学のしまナーシングホームのお世話になりました。

(今夜のお通夜にも来てくださいました。
 長い間大変お世話になりました。
 ありがとうございました。)

私も子供を連れて、時々お見舞いにでかけました。

時に幻覚が見えるなど、親子して怖いと思うことも
ありましたが、やがてそれにも慣れました。

むしろホームと病院の行き来を繰り返すなど
少しずつ弱ってゆく おばあちゃんの姿を見るのがつらいのでした。

院内感染の話などもあって、
幼い子供を連れていくことを叔母に止められ
しばらくはお見舞いの足が遠のいていました。


そんな矢先....

先週、日本財団CANPANブログ大賞で
グランプリ受賞「介護ひまなし日記」の
永和 里佳子さんにお会いしました。

審査委員会の時にも、感動的なブログ記事を拝読しながら、
思っておりました。

あの厳しく忙しい介護の現場にいながら
どうしてこんなに優しい気持ちでいられるのだろう。

そして、永和 里佳子さんのお話を伺って
本当に驚きました。そして泣けてきました。

うまく言葉では言い表せませんが、
永和さんが...聖なる慈母に見えたのです。

102歳の認知症のおばあちゃんの話を聞いた時、
私のおばあちゃんのことが思い出されました。

今思うと、おばあちゃんは
永和さんを通じて何かを伝えたかったのでは
とさえ思うのです。


永和さんからは、謙虚にして優しい
メールやコメントまでいただきました。

それはブログ大賞のお礼メールでした。
いつもならすぐお返しするところですが、
なぜか数日返信をしないでおりました。

そして、今日、ご返信をした時に、
どうしても祖母のことを話したくなりました。

それは、不思議でありがたいご縁を
感じていたからです。


永和さんが働く認知症高齢者専用グループホーム
ともの家は愛媛の松山にあるそうです。

祖母が手首につけていたピンク色の念珠は、
私が昨年、愛媛大学で講師を勤めた際に、
松山にある51番札所石手寺で買い求めたものでした。

その可愛らしい色の石でできた念珠を
おばあちゃんにお土産で渡した時、
とても嬉しそうだったことを思い出します。

そして今、おじいちゃんとおばあちゃんの形見となった
四国遍路の手引の奥付を見て驚きました。

これは松山市にある伊予鉄道謹製だったからです。


きっと、おばあちゃんの魂は、
しばし東京の下町や生まれ故郷の御殿場を
漂い楽しんだ後で、

おじいちゃんの魂とどこかで合流しながら
四国へと、もう一度お遍路の旅へと
向かうのでしょう。

ひょっとしたら、来年のゴールデンウイークあたりに
砂浜美術館で落ち合えるかもしれません。

そう、ひ孫たちと一緒にあるいた
あの砂浜で....。

合掌。

トラックバック一覧

コメント


心よりお悔やみ申しあげます

授賞式で初めてお会いした時の印象。
柔和で、とてもお優しくて、心の温かい方だと。
私たちの小さな活動に共感して下さり、
エールをいただきました。感謝し、感激しました。
ブログ内に良く描きすぎていただいていますが、
私のほうこそ、手を差し伸べてくださる久米さんが神様のようにまぶしくて、ありがたかったのです。
その影に、このような悲しみがあったなどと
ちっとも存じませんでした…
どうかお祖母の魂が安らかに召されますように。
きっとこの四国の地にいらっしゃると信じて
毎日前を通る石手寺に手を合わさせていただきます。

Posted by rikako at 2007/11/16 12:59:00 PASS:

ご冥福をお祈りいたします

このたびは誠にご愁傷様でした。
久米さまのご祖母様に対する深い愛情を感じる今回のBlogの内容でした。
きっと久米さまと同じようにお優しい方であったと察しいたします。
御祖母様のご冥福を心よりお祈りいたします。

Posted by 高島敬子 at 2007/11/16 15:49:00 PASS:

合掌

ご近所に居ながら残念です、ご冥福をお祈りしております。
嘘のような話ですが、
昨日(このお知らせをきく前)、
愛媛銀行の方々とお会いしてまさにお遍路文化を守り育てるためにできることは、というお話を聞いていたところです。さらに、私の後輩が愛媛の女子大で日本語の先生をしており、久しぶりに連絡を取ってみたばかりでした。。。
近くより、心からお祈りしております。
当方の母も夏に倒れ、要介護5の低位安定状態にも関わらず、来週から在宅介護・看護の予定で、読んでいてとても他人ごととは思えませんでした。
コメントが長くなりすみません、またどこかでしみじみお話できることを願っております。

Posted by 稲葉慶一郎 at 2007/11/17 00:56:00 PASS:
名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

◎久米 信行「縁尋奇妙」メルマガ
email

会社概要

1935年創業の老舗国産Tシャツメーカー。 半世紀以上にわたり、国産Tシャツ専門メーカーとしての誇りを持ち、裁断、縫製、検品、仕上げ、そしてプリントまで一貫して日本国内のグループ会社で生産する稀有なTシャツ・ギルドとして現在に至る。...

詳細へ

個人プロフィール

1963年東京下町生まれのTシャツメーカー三代目。慶應義塾大学経済学部卒業後、87年、イマジニア株式会社に入社。ファミコンゲームソフトのゲームデザイナー兼飛び込み営業を担当する。88年に日興證券株式会社に転職し、資金運用・相続診断システムの企画開発、ファイナンシャル・プランナー研修で活躍。94...

詳細へ

最近の記事

このブログの記事タイトル一覧(595)


バックナンバー

<<  2019年7月  >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

コメント一覧

最新トラックバック

  • レイバン サングラス from レイバン サングラス
    お薦め本『儲けとツキを呼ぶ「ゴミゼロ化」工場の秘密』~古芝保治著 - 久米繊維工業 代表取締役社長 久米信行
  • 日本発ものづくり提言プロジェクト シンポジウム(2011/10/22) from パワーブロガー★イベント交流録
    日本発ものづくり提言プロジェクト のシンポジウム 「ジャパンファッションの再生、 日本発ものづくりから考える 」に、参加しました。 オープニングには、会場に 坂本龍一の「音楽図鑑」の 曲が流れて、いい感じ♪ プレゼンをしている
  • 15年前のAPEC大阪会議の思い出は from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 代表取締役高嶋 博 社長の日記
    15年前の11月16日から19日まの4日間、APECが大阪で開かれましたが、海外の 首脳が参加する国際会議が大阪で開かれたことは今までになく、厳戒態勢の街は 道路も交通機関...
  • 本の紹介【「ものづくり日本の海外戦略」が発売されました】 from 公認会計士・税理士 村田守弘のブログ
    「ものづくり日本の海外戦略」が発売されました。8日(金曜)の日経朝刊第一面にこの本の広告が掲載されました。なお、当該広告には、もうひとつの拙著「弁護士のため租税法(第2版)も掲載されています。取り急ぎ、ご報告します。
  • 緊急速報!  栗東 「わすいせず」4日前... from ココジャネル焼酎研究所 所長 ココジャネ...
    速報!!!栗東 「わすいせず」720mlが出ています!!!四日前にもかかわらず、 66,000円!!!!!http://page7.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/g916945312006年、2008年、2009年、2010...