大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


老いの哀しさとありがたさ。脳の脆さと福音。

投稿日時:2006/08/04(金) 00:11rss

昨夜、寝たきり状態になってから、ここ何年か
ナーシングホームで暮らしている祖母に会いに行きました。

忙しさにかまけて2ヶ月ほど会いに行ってなかったのですが、
先日お見舞いに行った叔母さんのメールに感じるところがあり、
とにかく会いにいかなくてはと思ったのです。

久しぶりに会ったおばあちゃんは、
またちょっと小さくなったように見えました。

そして開口一番、

「今日は目に見えない犬が、体に乗っかってきて
 一日苦しかったよ」

と訴えました。

それが幻影なのか、現実なのかは、
おばあちゃんにしかわかりません。

何年か前に、はじめてこうした話を聞いたときは、
ちょっとこわかったり、哀れに感じたりしましたが、
今は、普通におばあちゃんの話に乗ることが
できるようになりました。

手や体に触れながら、しばらく話を聞いていると
落ち着いてきたのか、普通の会話ができるようになりました。

でも、今回は、ごく近しい親族の名前を言った時、
思い当たらなかったことがあったので、
さすがに、ちょっと驚きました。

しかし会話をしているうちに、
ちゃんと頭の中でつながったようです。


それどころか、まるで絵が浮かぶような
お話を今回はしてくれました。

祖父がなくなってから結婚するまで、私は
おばあちゃんと一緒に暮らしていましたが、
初めて聞いた話です。

それは、おばあちゃんが大切にしていた
三味線についての話が及んだときに
目が生き生きと輝いたのです。

「あれは、おじいちゃんが買ってくれた
 良い三味線なんだよ。

 お前が買いにいくとまた安いものを
 買ってしまうからと

 定期積金が満期になった時に下ろして
 上等な三味線を買ってくれたのよ。」

まるで、つい昨日のことのように
楽しそうに話すのでした。

祖父の笑顔まで目に浮かんで、
胸がしめつけられました。


今朝、祖母の様子を父に話しました。

その時、父は、つぶやきました。

「人は老いたら、忘れるものは忘れるように
 うまくできているのかもしれないな」

そうか、たしかに何もかも覚えていたら
つらいことばかり思い出して大変でしょう。


今日の帰り道、そんなことを思い返しながら、
いつも愛読している五木寛之さんの連載コラムを開くと、
飛び込んできた文字に、たちまち心を奪われました。

それは、週刊現代の「新・風に吹かれて」という連載で
今回は「余命をエンジョイする」というお話でした。

その中には、こんな一説があります。

「 老いるということは、たしかに無残なことではある。
 心身ともにおとろえて、見てくれも劣化する一方だ。
 病気や、苦痛もふえてくる。老化、高齢化をおそれる
 人たちが多いのも無理からぬことだろう。

  しかし、しかしである。ここで若い世代にぜひとも
 知っておいてほしいことは、老いて楽になることもま
 た決して少くないということだ。いや、もっとわかり
 やすくいえば、老いを重ねるたびに楽になり、生きる
 ことがおもしろくなってくることもある、という事実
 である。」

アンチエイジングよりも、おもしろい年のとりかたを
しようという提言です。

五木さんのコラムに、昨日からの祖母や父の言葉が、
自然に重なっていきました。

若い人の目から見れば大変な「老いる」という現実の
自然な乗り切り方も、ちゃんと神様や仏様は
考えてくださっているのでしょうか。

脳はほどよくスローダウンしたり一部機能停止をしながら、
また時には気持ちのよくなる物質など分泌しながら
最後に止まるその瞬間まで、楽に楽しく動いてくれる。


不思議な名作「アルジャーノンに花束を」をふと思い出しました。

ある日を境に頭が良くなったアルジャーノンと
また頭が悪く戻ってしまったアルジャーノンの
いったいどちらが幸せかなんて命題は、
頭の良い読者の勝手な空想に過ぎないのかもしれません。

ぼけたらぼけたで本人は幸せ。

これが、頭でっかちな私への福音なのです。


久米 信行

トラックバック一覧

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

◎久米 信行「縁尋奇妙」メルマガ
email

会社概要

1935年創業の老舗国産Tシャツメーカー。 半世紀以上にわたり、国産Tシャツ専門メーカーとしての誇りを持ち、裁断、縫製、検品、仕上げ、そしてプリントまで一貫して日本国内のグループ会社で生産する稀有なTシャツ・ギルドとして現在に至る。...

詳細へ

個人プロフィール

1963年東京下町生まれのTシャツメーカー三代目。慶應義塾大学経済学部卒業後、87年、イマジニア株式会社に入社。ファミコンゲームソフトのゲームデザイナー兼飛び込み営業を担当する。88年に日興證券株式会社に転職し、資金運用・相続診断システムの企画開発、ファイナンシャル・プランナー研修で活躍。94...

詳細へ

最近の記事

このブログの記事タイトル一覧(595)


バックナンバー

<<  2019年12月  >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

コメント一覧

最新トラックバック

  • レイバン サングラス from レイバン サングラス
    お薦め本『儲けとツキを呼ぶ「ゴミゼロ化」工場の秘密』~古芝保治著 - 久米繊維工業 代表取締役社長 久米信行
  • 日本発ものづくり提言プロジェクト シンポジウム(2011/10/22) from パワーブロガー★イベント交流録
    日本発ものづくり提言プロジェクト のシンポジウム 「ジャパンファッションの再生、 日本発ものづくりから考える 」に、参加しました。 オープニングには、会場に 坂本龍一の「音楽図鑑」の 曲が流れて、いい感じ♪ プレゼンをしている
  • 15年前のAPEC大阪会議の思い出は from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 代表取締役高嶋 博 社長の日記
    15年前の11月16日から19日まの4日間、APECが大阪で開かれましたが、海外の 首脳が参加する国際会議が大阪で開かれたことは今までになく、厳戒態勢の街は 道路も交通機関...
  • 本の紹介【「ものづくり日本の海外戦略」が発売されました】 from 公認会計士・税理士 村田守弘のブログ
    「ものづくり日本の海外戦略」が発売されました。8日(金曜)の日経朝刊第一面にこの本の広告が掲載されました。なお、当該広告には、もうひとつの拙著「弁護士のため租税法(第2版)も掲載されています。取り急ぎ、ご報告します。
  • 緊急速報!  栗東 「わすいせず」4日前... from ココジャネル焼酎研究所 所長 ココジャネ...
    速報!!!栗東 「わすいせず」720mlが出ています!!!四日前にもかかわらず、 66,000円!!!!!http://page7.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/g916945312006年、2008年、2009年、2010...