大きくする 標準 小さくする
次ページ

2010年04月06日(火)更新

渋響 2010@渋温泉:若き芸術家たちは古い和風旅館をかく語りき

まちとしょテラソ館長 花井裕一郎さんが出品している
映像/空間インスタレーション「渋響」に同行



古きよき渋温泉の和風旅館「臨仙閣」
その各部屋がアーティストの手で
美しく、退廃的で、おどろおどろしい空間に

このスライドショーで、その異空間を
味わってくださいませ。

【参加アーティスト】
 花井裕一郎(オブセリズム)、宮下ちとせ、東京食堂、
 MAJIO(絵描き)、村上菜也子(月あかりデザイン研究室)


 ▼渋響2010
  http://www.onsenchillout.com/shibukyo2/

2009年10月24日(土)更新

パイオニアNAS5:iPod用スピーカーなのにいい音「STUDIO HINOKI

これ、本当に欲しいんです。



先日、パイオニア目黒本社STUDIO HINOKIで
Pioneer初のiPodスピーカーシステムNAS5を
いちはやく試聴する好機がありました。

この商品を企画開発した一樂 淳史さんに頼んで
プレス発表にもぐりこませていただいたのです。

パイオニアNAS5を語る高橋健太郎さんと和田博巳さん

プロデューサーでミュージシャンの高橋健太郎さん
ステレオサウンドなどでおなじみのオーディオ評論家
和田博巳さんによるトークセッションで、

お二人のiPodを、NAS5に交互に挿しては、
お奨めの曲を楽しむという趣向なのですが....

いやあ、驚きました。

しょせんはiPod。出てくる音なんて...と
タカをくくっていたのですが大間違い。

わが家でもリビングではiPodが主役
AVアンプにつないで TANNOYの小さなモニターを
6本鳴らしているのです。

ところが...NAS5 一台の方がいいのではと
真剣に悩んでいるところ。

もう1つの大きな悩みは....

お二人の達人が、iPodに圧縮なしで録音していて
その音の違いを実感してしまったこと。

数年前のiTunesデビューの際に
かつての容量が小さなiPodに山積みのCD群を
詰め込んでしまえと考えたバカな私。

もちろん圧縮して音質改悪した
ロッシーデータご愛用なのです。

ただいまiTunesを見たら8,191曲
ぶっ続けで聴いても89日分がうごめいていて、

さて、これをどうする。

もう一度、CDを1枚1枚入れ直すか?!

地下室の書棚を埋め尽くすCD群を見て
ため息をついている私です。

さらに悩ましいのは、圧縮したデータでも
デジタル接続した上で、それなりに美しく改良する
すぐれた仕組みがNAS5に内蔵されていること。

わがiPhoneをNAS5にジャックインして
試しにキースジャレットのケルンコンサートを聴いてみたら、

うわあ、リバーブ豊かなピアノサウンドが
見事に再現されたのです。

このままでもいいか、
でもさっきの音を聴いてしまうと、ううう

誰かやってくれないかな。
800枚ほどCDをMacに取り込む苦行を。


 ▼パイオニアiPod用スピーカーシステム「NAS5」
  http://pioneer.jp/ipod_sys/

2009年08月26日(水)更新

麻倉怜士先生の自宅シアターで絵と音に酔いしれた夢の4時間

憧れの人の、憧れの場所を訪ねて、ご一緒に美に浸る贅沢。

HiViITmediaなどの連載でもおなじみのオーディオビジュアル評論家
麻倉 怜士先生の自宅シアターを訪ねるという夢のような体験をしました。

私がかつて客員研究員をしていたソフト化経済センターで
麻倉先生が勉強会の講師をされたことがあり、
その時の仲間内で訪ねることになったのです。



私は、中学生のころはFMレコパル、今はHiViを愛読する
隠れオーディオ雑誌愛読マニアゆえ、まさに気も狂わんばかり。

どんな絵と音で熱狂したかというと...

BBCプロムスのコンサートの
エアチェックお宝映像から始まった4時間

エネミーラインで最新の特撮画像と
サラウンド音にぞっとし

007ドクターノオ、2001年宇宙の旅、
サウンドオブミュージックも
ブルーレイで見ればフィルムの味わい

雨に歌えばのジーンケリーに始まり
プレスリー、サイモンとガーファンクル
そしてクイーン

さらには...

ネトレプコの椿姫、セリーヌディオンのシルクドソレイユを率いての熱唱、
なぜか松田聖子カウントダウンコンサートの夏の扉まで聴けば

ディーバの魔性に鳥肌が....

そして、とどめは.....

517fCA7yS4L._SL500_AA240_.jpg
[Blu-ray]「幻想」&「巨人」
小澤征爾・サイトウ・キネン・オーケストラ


われらが小澤征爾さん指揮の名演で、
もう言葉も出ません。

この名盤のライナーノーツを
実は麻倉先生が書かれているのです。

私も思わず、小澤さんのブルーレイを
購入してしまったのですが、
わが家のちっちゃな壁掛けスピーカーの
なんちゃってリビングシアターで
見るのが怖い...のです。

最後は、BBCプロムスコンサートの
エルガー「威風堂々」でとことんしびれました。

とにかく夢見心地であっという間の4時間。
ああ、一度、あの画像と音を味わってしまうと...

いつかはマイ電柱が欲しくなってしまうのです。

麻倉先生、貴重な体験
本当にありがとうございました。


 ▼IT media+D lifeStyle「麻倉怜士のデジタル閻魔帳」
  http://plusd.itmedia.co.jp/lifestyle/column/asakura.html

2009年07月07日(火)更新

藤間流 八世宗家 藤間勘十郎「藝夢」に酔う@国立能楽堂

目線、指先、足運び...全ての動きに釘付けになっていました。
さりげない所作の何もかもが美しいのです。

静と動。緩と急。

時の流れも、空間の広がりも
一挙手一投足で揺れ動いていきます。

fullbanner001.gif

1704年頃に藤間勘兵衛が創流した
日本舞踊五代流派の一つ 藤間流

その八世宗家である藤間勘十郎氏が
父君 観世流梅若 五十六世 梅若六郎玄祥氏や
藤間勘右衛門(尾上松緑)氏と競演する
貴重な舞台「藝夢」にご招待をいただきました。

宗家 藤間流の素晴らしいTシャツを
作らせていただいたご縁です。

20090702a02.jpg

恥ずかしながら、国立能楽堂に
足を運ぶのは初めてでした。

しかし、この歳まで、
この日まで見なくて良かった。

そう思えるほど
衝撃的な体験でした。

top_ph.jpg

まずは能舞台の清々しい美しさ。

幕がふわっと開いて
宗家が橋懸りを静かに歩くだけで
空気が世界が変わるのです。

そして、心揺さぶる音楽。

バッハ、ピンクフロイド、クラフトワーク
コルトレーン、ボブ・マーレー、そして高橋竹山...
これまで私は一通り音楽を聴いてきたつもりでした。

しかし、ここで聴いた衝撃的な音は
そのどれとも似ていません。

そして、絶妙な変拍子の掛け合いが
心をわしづかみにするのです。

この非日常の衝撃を強いて挙げるなら、
わが心のふるさと最乗寺御真殿での
ほら貝に始まるご祈祷でしょう。

kanjuro011.jpg

そんな魂をふるわす音楽の中で...

動=八世宗家 藤間勘十郎氏の日本舞踊
静=観世流梅若 五十六世 梅若六郎玄祥氏の能

が繰り広げられ....

目が合えば金縛りにかかったように
動けなくなってしまうのです。

休憩時間が無かったら
私は倒れていたかもしれません。

sokeFUJIMA%E3%83%AC%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%B9.jpg

ロビーに出ると、
また泣きたくなるような光景が
待ちかまえていました。

藤間勘十郎氏のお母様、3世藤間勘祖氏が
美を追求したsoke FUJIMATシャツが
久米繊維のご紹介と一緒に
並べられていたのです。

宗家藤間流Tシャツ

究められた日本の伝統藝術:藤間流

その美意識と精神性を体現したTシャツの
製作に関わることができたことを
心から誇りに思います。

もちろん、その場で一枚購入して
週末のとやま起業未来塾での講演でも
着させていただいたのでした。

宗家藤間流Tシャツ

宗家のブログも拝読して
また藤間流の美にひたる日を
楽しみにしています。


 ▼宗家藤間流
 http://www.soke-fujima.com/


◇「藝夢」にひたった若手社員のブログもご笑覧ください

 ▼日本舞踊を堪能して、正直分からないけどドキドキ@国立能楽堂
 http://enpitsu.gifulog.com/e85373.html

 ▼宗家藤間流日本伝統芸能のすばらしさを体験!@国立能楽堂
 http://makomako.miyachan.cc/e94372.html

2009年03月10日(火)更新

0.8秒と衝撃@MoNaレコーズ×ダニエル・ハーディング@新日本フィル

思わず応援したくなった若いアーティスト1組と1人。

ジャンルがあまりに違うので、おそらく接点がなさそうですが、
双方共、これから飛躍...という前に間近で触れられて幸せです。

m_6410218d7b094ca8ac56a7a5168cbea6.jpg

まずは、わが師 橘川幸夫さんお気に入りの「0.8秒と衝撃。」
myspaceで聴くと、元気だけどちょっと懐かしい感じが嬉しくて
シモキタにまでLIVEに出かけてみました。

アンプラグドだから、雰囲気が違ってまたいい感じ。
荒削りだけれど、このまま突き進んで欲しい。

居酒屋で2人を囲んで飲んで、そのまっすぐな気持ちに触れた後
帰り道で、橘川さんと「どうやって若い人たちを応援しようかねー」と
まさに大人の楽しみモードで話し合ったのです。

photo_d-harding03.jpg

もう一人は、若き指揮者 ダニエル・ハーディング

大好きなドビュッシー「牧神の午後への前奏曲」
そして、ベルリオーズ「幻想交響曲」

ふだんは一緒にベータ波を出す母親まで
熱烈興奮する特別な演奏でした。

体は小さいのに、いざ指揮をすると大きく見えるのです。
繊細な10本の指先で、音楽に直接触って自在に操っているようでした。

演奏後のサイン会で握手した、そのやさしい手のどこに
あの魔法の秘密が隠されているのか....

この動乱の2009年に
縁あって触れた若き2人が、

10年後20年後、
それぞれどんな音楽を生み出しているのか

わがささやかな人生の
大きな楽しみが増えました。


 ▼myspace「0.8秒と衝撃。」
  http://profile.myspace.com/index.cfm?fuseaction=user.viewProfile&friendID=1004296322

 ▼ダニエル・ハーディング@新日本フィル
  http://www.njp.or.jp/njp/programinfo/2008-09/2009_0306_07t.html


久米 信行 網縁作務処
国産オリジナルTシャツ@久米繊維
グリーン電力×オーガニックコットン×アート@T-galaxy.com
ブログ起業論講師@明治大学商学部  

2008年06月23日(月)更新

舘野 泉さんのアンコール「シュールホフ:組曲第三番(左手のための)」よりアリア

先日の新日本フィル定期公演で、舘野 泉さん演奏の
ラヴェル「左手のためのピアノ協奏曲」に聴き入りました。

館野さんは、文字通り左手だけで見事に弾ききったのです。

photo_arming_new2.gif photo-tateno.jpg

「2002年の1月に脳溢血で右半身不随の身になってから、
 既に5年の歳月が流れ去ろうとしている。

 最初の2年間は、音楽に見捨てられたと思い、
 人生に何の希望も持てずに過ごした。

 だが、苦しかったその年月こそ、実は自分にとって
 掛け替えのない貴重な日々をもたらしてくれたのだ。

 左手で再びピアノに触れた時、音楽をするのに
 「両手だ、左手だ」という区別が
 まったく不要なものであることを実感した。

 左手だけでピアノの88鍵全域をカヴァーするのは確かに難しい。
 両手で弾くよりも遥かに困難なことは疑う余地がない。

 だが、決して不可能なことではないし、
 それに詰まるところ音楽とは技術の難易ではない。

 演奏によって何を伝えるか、
 何を表現するかが最も大事なことである。

 このことが分かるのに、
 最初の苦しい歳月が欠かせないものだった。

 「飢えは最上の料理人」と言うが、
 音楽に対する飢えにさいなまれたその時期こそ、
 こんにちの私の支えとなってくれていると思う。」


          (舘野 泉氏 公式webサイトより)


31QGJSSTB1L._SL500_AA192_.jpg
その左手のために-左手のためのピアノ作品集3

アンコールで館野さんが弾いた曲は
「祈り」そのものに聴こえました。

エルヴィン・シュールホフのアリア。

初めて聴く曲です。

静かに私の深奥に沁み入り、心が洗われました。
そして、何かが確かに共鳴するのです。

かつて、同じすみだトリフォニーホールで聴いた、
ロストロポーヴィッチ氏のアンコール
バッハの無伴奏を思い出さずにはいられませんでした。

演奏終了後、すぐにアンコール曲を確かめて、
その曲が含まれているCDを買い求めました。

このCDには、舘野さんの左手のために捧げられた
3人の日本人作曲家の曲が収められ、
その最後にアリアが添えられていました。

 林 光:《花の図鑑・前奏曲集》 ピアノ(左手)のために(舘野 泉に)

 末吉 保雄:《土の歌・風の声》(舘野 泉の左手のために)

 谷川 賢作:《スケッチ・オブ・ジャズ》

CDのライナーノーツによれば....

1894年プラハ生まれの作曲家シュールホフは
第二次大戦下、ナチス・ドイツの強制収容所で亡くなりました。
この曲は、戦争で右腕を負傷したピアニスト、
オタカール・ホルマンのために作曲されたのです。

「邦人作品だけのCDに、でもアンコールのように、
 シュールホフのアリアを弾いてみた。

 岸田今日子さんと七年前から続けている
 「音楽と物語」のシリーズで演奏してきた曲である。

 この曲に合わせて岸田さんが朗読したのは、
 谷川俊太郎の詩「クレーの天使」であった。

 それが忘れられない。」


          (舘野 泉氏 公式webサイトより)


PSCR-6036.jpg

クレーの天使」は、私の愛読書でもありますが、
 そこにこんな一節があります。

 「何が天使の贈り物か
  それを見分けることができるだろうか」


舘野さんは、たしかに
天使の贈り物を見分けたのでしょう。

そして、アンコールを聴いた私たちも
その分け前を少しだけいただいたのです。


 ▼舘野 泉氏公式サイト 
  http://www.izumi-tateno.com/

 ▼館野 泉「その左手のために-左手のためのピアノ作品集3 」
  http://www.amazon.co.jp/dp/B000JGCNWS/


久米 信行 網縁作務処
国産オリジナルTシャツ@久米繊維
グリーン電力×オーガニックコットン×アート@T-galaxy.com
ブログ起業論講師@明治大学商学部

2008年04月16日(水)更新

桑原滝弥 LIVE TOUR 2008 『舌切りグルメの在りえぬ咆哮』で腹よじれ

takky.thumbnail.jpg

こんなに笑ったのは久しぶりでした。
涙が出ました。腹がよじれて痛くなりました。

お隣では、いつも渋いはずの、詩の雑誌ミッドナイトプレス代表
岡田幸文さんも爆笑しています。

目の前では、はじめて桑原さんのライブを見る
デザインガーデン山口 耕司さんが笑い転げ、

わが社の桑原ファン甲斐くん村上くん
すでに別世界へと旅立ちました。

takiya.jpg

大好きなモンティパイソン、筒井康隆、スネークマンショー...
それらにも似た毒とねじれた理性とエログロナンセンスを
彷彿とさせながらも、そのどれとも似ていない。

なにせ詩なのです。

詩人が一人で語って演じるだけなのです。

すごいなあ。


flier_shijinrui.jpg

私たちのプレスルームでのライブも含めて
桑原さんのシャウトあるいはつぶやきを聞くのは
今回で3回目なのですが、

こんどの新作は凄い。凄すぎる。

と言っても、笑い転げているのは
小学生レベルのナンセンスなフレーズなのですが

それでもいい。もう、どうでもいい。
いや、だからうれしく心地よい。

yokohama-min.jpg

それから、素敵な奥さま
講談師 神田京子さんとも再会できて
うれしかったのです。

ダンナサマのライブをうっとりと見つめて
だれよりもケラケラ笑う姿が
なんとも愛らしく微笑ましく...

でも、あとでそのことを桑原さんに言ったら、
お茶の間に引き戻されるみたいでつらいんだと...

難しいですね、愛と芸との両立は....。

image.gif


というわけで、大阪の縁者のみなさん
明日は大阪でライブがあります。

私と同じような脳みその持ち主なら
きっと笑い転げるはず。

ぜひ!!


 ◇大阪公演 4月17日(木)

  会場・Common Cafe 大阪市北区中崎西1-1-6 吉村ビルB1F
  地下鉄谷町線「新中崎町」駅4番出口より徒歩1分
  TEL:0663711800
  orepeko@nyc.odn.ne.jp
  http://www.talkin-about.com/cafe/


 ▼詩人類
  http://kandakyoko.com/

久米 信行 網縁作務処
国産オリジナルTシャツ@久米繊維
オーガニックコットン&アートTシャツ@T-galaxy.com
ブログ起業論講師@明治大学商学部

2007年05月16日(水)更新

誕生日2:ロストロポーヴィチ最後のドンキホーテ

44歳「最初の1日」が終わろうとしていた時、
偶然点けたNHK-BSハイビジョンに釘付けになりました。

去る4/27に逝去された世界的なチェリストで指揮者
ムスティスラフ・ロストロポーヴィチさん
小沢征爾さんと一緒に出演していたからです。

41lGgY+8MDL._AA240_.jpg
The Glory of Rostropovich: 80th Birthday Tribute

1997年に新日本フィルが地元墨田区を本拠にして以来、
遅れてきたクラシックファンの1人として、
私は定期会員の末席に座っております。

小沢征爾さんと親しく、新日本フィルで
フレンド オブ セイジの肩書きを持つ
ロストロポーヴィチさん。

ありがたいことに、その演奏や指揮に
何度も直に触れる好機がありました。

中でも、あるコンサートのアンコールで奏でられた
バッパ無伴奏ソナタ5番のサラバンドが忘れられません。

今も、そのCDを聴きながら、
祈りを捧げいているところです。

41ZVHNFYM6L._AA240_.jpg
R.シュトラウス:ドン・キホーテ

この番組では、ロストロポーヴィチさんが、75歳の時に
小沢征爾さん指揮で、サイトウキネンオーケストラをバックに
演奏した「最後のドン・キホーテ」に光をあてています。

リハーサル風景で、
曲想を伝えようとする言葉の
ひとつひとつが胸に染み入ります。

夢みるドン・キホーテは、まさに
ロストロポーヴィチさんご自身でもあったのです。

ドン・キホーテが立ち向かう
4枚の風車の羽を音で表現するように伝えた後、
たしかに風車がしっかり眼に浮かんだのでした。

そして、映像詩を交えた本番の演奏。

リハーサルで語られた言葉が
音と映像で紡がれていきます。

圧巻は何と言ってもラストでした。

暮れなずむ夕日と共に
ドン・キホーテが人生にわかれを告げ
最後の大きな呼吸をするのです。

そのフレーズで、
まさにドン・キホーテは
息を引き取ったのです。

その時のチェリストの表情。

ドン・キホーテと、
いやもっと大きな存在と
1つになっていたのです。

もう一度、聴きたかった!!

心からご冥福をお祈りいたします。


 ▼ムスティスラフ・ロストロポーヴィチ
  http://www.njp.or.jp/njp/profile/profile_rostropovich.html

 ▼ロストロポーヴィチ 75歳 最後のドン・キホーテ

久米 信行縁尋奇妙
http://kume.jp http://t-galaxy.com
─────────────────────────────
久米繊維PRESS ROOMブログ
─────────────────────────────
経営者会報ブログTOP http://gate.keikai.topblog.jp/
経営者会報編集部ブログ http://editors.keikai.topblog.jp/

2007年04月05日(木)更新

ニノキン祭り「男:二宮金次郎伝」by会計士×講談師×詩人

4月10日夜19時から、新宿ゴールデン街劇場で、
二宮金次郎の魅力に迫る異色のイベントが開催されます。

2007-4-10b.jpg


 だれもが
 勤勉の人としか思っていない
 金次郎。

 運動場の片隅で
 小学生に落書きされる
 金次郎。

 今宵は、会計士、講談師、詩人が、
 その本当の姿を
 伝えることにしよう。


尊敬する二宮徳翁について、
大好きな詩人の桑原滝弥さん
そして講談師の神田京子さんご夫妻が
言霊を送るとなれば、
はせ参じないわけには参りません。

あえてウィキペディアなどで
二宮金次郎の予備知識は持たずに、

いまこの時期に新宿ゴールデン街で、
ニノキンを考えてみるとしましょう。

──────────────────────────────
 2007年4月10日(火)
 Special Performance in Tokyo
──────────────────────────────
 会計士×講談師×詩人
 「ニノキン祭り~男:二宮金次郎伝~」

   出演:田中靖浩 神田京子 桑原滝弥
──────────────────────────────


18:30開場 19:00開演
新宿ゴールデン街劇場
℡/03-5272-3537
入場料4000円

アクセス
JR新宿東口より徒歩10分
西武新宿駅より徒歩8分
地下鉄都営新宿線・丸の内線
新宿三丁目駅より徒歩5分

※会計士・講談師・詩人、異なるジャンルの
三者が異なるアプローチで、
意外と知っている様で知られていない
“二宮金次郎”の真実の姿に迫る

お申し込み・お問い合わせ
田中靖浩事務所
http://www.yasuhiro-tanaka.com/

─────────────────────────────────

 ▼桑原滝弥 公式サイト
  http://www.k4.dion.ne.jp/~p.s.e/takiya-kuwahara.htm

 ▼神田京子 公式ブログ
  http://blog.kandakyoko.com/



久米 信行縁尋奇妙
http://kume.jp http://t-galaxy.com
□─────────────────────────────■
久米繊維PRESS ROOMブログ
 日経広告研究所『広研レポート』にネット編集長が登場
■─────────────────────────────□
 経営者会報ブログTOP http://gate.keikai.topblog.jp/
 経営者会報編集部ブログ http://editors.keikai.topblog.jp/

2006年08月21日(月)更新

新日本フィル「みちよしの夏休み」で恋の歌に聴き惚れ、指揮者作Tシャツに見とれ

今年2回目を迎えるユニークな夏のクラシックコンサート
井上道義さん指揮、新日本フィルハーモニー交響楽団演奏の
みちよしの夏休み」に三世代で出かけて満喫いたしました。

何が素敵かって...オーケストラも観客も笑顔が絶えないこと。

何しろ、楽団員のみなさんがいつもと別人に見えるのです。
昨年同様に、指揮者自身がデザインした面白不可思議なTシャツ
身にまとい、うれしはずかしの入場です。

cu20060811a.jpg

何より、超一流エンターティナーとしての井上道義さんの
誰よりも情熱的で...時にコミカルな指揮=ボディートークと、
トツトツとしながら...ウィットと愛情に富んだトークがすごい!

そして、ここでしか聴けないクロスオーバーな選曲!

指揮台に上るやいなや、突然、腕を振り上げて
大音響で始まった「ロック魂」あふれる「スラブ舞曲」で
いきなり会場は「みちなる夏休み」に引き込まれます。

誰もが鼓動バクバクの中「牧神の午後への前奏曲」で、
一気にクールダウン。幻想的なシエスタへと誘われるのです。

指揮者は、この曲が思春期の青年の淡い想いを表現したことを
静かに語った後、オーケストラの多くのメンバーと共に
なぜか退場してしまいます。

続いて、聴き慣れたはずのヴィヴァルディ四季の「夏」。

当時の流儀に習い、Tシャツ姿のコンサートマスター崔さんに
指揮を任せ、一同起立でアクション豊かに演奏です。

これが熱かった!バロック音楽が、まるで情熱的な
ジプシーの音楽にさえ聴こえたのです。

その後、楽しいシュトラウスのポルカが2曲続いた後、
いよいよ私が最も楽しみにしていた「切ない歌」2曲です。

懐かしの名画「避暑地の出来事」の主題曲、
マックス・スタイナー「夏の日の恋」。
映画少年でパーシーフェイスオーケストラの演奏を愛する
父の感動が隣の席からひしひしと伝わってきます。

cu20060811c.jpg

そして、私が大好きな成田為三作の唱歌「浜辺の歌」が
実は悲恋の歌だということを指揮者から聞かされました。

つい何日か前の新聞(読売新聞 2006/8/16)にも出ていたそうです。

井上さんの計らいでホワイエ(ロビー)に飾られた新聞記事には、
こんな切ないエピソードが紹介されていました。

「浜辺の歌」は、東京音楽学校時代に、
成田さんから同窓の女性「正子さん」に贈られた
手書きの楽譜=「恋歌」だったそうなのです。

ところが、胸中の女性は既に同学の教授と婚約を交わしていて、
その想いがかなうことはありませんでした。

その後、友人の勧めで発表され、誰にも愛される名曲となりましたが、
80歳を超えた正子さんが息子に打ち明けるまで、
この曲に秘められた想いを知る人はいなかったのです。

そして、正子さんのご子息が声楽家として、
8月15日に心を込めて「浜辺の歌」を歌うという話でした。

こんな話を聞けば、あの甘くやるせないメロディーが
さらに切なくいとおしく心に響きます。

この曲が、演奏会で、ラジオで流れるたびに、
成田さんは、正子さんは、どんな想いで聴いたのでしょうか。

cu20060811d.jpg

コンサート会場では、新日本フィルの國枝さんに、
その場に居合わせた井上道義さんのご夫人をご紹介いただきました。

昨年のオールアバウトの記事をお読みいただいたそうで、
一瞬ドキッとしましたが、喜んでくださったとお聴きして
ほっと胸をなでおろしました。

今年の記事や、このブログもマエストロご夫妻の
お気に召すと良いのですが....


そうそう、アンコールでは、
蚊と格闘するパントマイム!

あのパフォーマンスができる指揮者は
世界でもただひとりでしょう!(父 久米 信市の言葉)


 ▼新日本フィル公演「みちよしの夏休み」
  http://www.njp.or.jp/njp/programinfo/2005-06/20060820sp.html

 ▼井上道義さん「夏休みTシャツ制作秘話2006」
  http://allabout.co.jp/mensstyle/tshirt/closeup/CU20060811A/

 ▼井上道義さん「盆休みTシャツ制作秘話2005」
  http://allabout.co.jp/mensstyle/tshirt/closeup/CU20050807A/


久米 信行縁尋奇妙
http://kume.jp http://t-galaxy.com

■──────────────────────────□
 経営者会報ブログTOP http://gate.keikai.topblog.jp/
 経営者会報編集部ブログ http://editors.keikai.topblog.jp/
□──────────────────────────■
次へ»

20141009bnr.jpg

◎久米 信行「縁尋奇妙」メルマガ
email

会社概要

1935年創業の老舗国産Tシャツメーカー。 半世紀以上にわたり、国産Tシャツ専門メーカーとしての誇りを持ち、裁断、縫製、検品、仕上げ、そしてプリントまで一貫して日本国内のグループ会社で生産する稀有なTシャツ・ギルドとして現在に至る。...

詳細へ

個人プロフィール

イマジニアで株式ゲーム、日興証券で相続診断システムを開発後、家業の三代目となる。T-GALAXY.comで日経インターネットアワード.IT経営百選受賞。現在第二創業期に邁進し、日本でこそ創りえる久米繊維謹製Tシャツを世に問う。AllAbout Tシャツガイド。明治大学商学部講師。東京商工会議所I...

詳細へ

バックナンバー

<<  2017年5月  >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

コメント一覧

最新トラックバック

  • レイバン サングラス from レイバン サングラス
    お薦め本『儲けとツキを呼ぶ「ゴミゼロ化」工場の秘密』~古芝保治著 - 久米繊維工業 代表取締役社長 久米信行
  • 日本発ものづくり提言プロジェクト シンポジウム(2011/10/22) from パワーブロガー★イベント交流録
    日本発ものづくり提言プロジェクト のシンポジウム 「ジャパンファッションの再生、 日本発ものづくりから考える 」に、参加しました。 オープニングには、会場に 坂本龍一の「音楽図鑑」の 曲が流れて、いい感じ♪ プレゼンをしている
  • 15年前のAPEC大阪会議の思い出は from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 代表取締役高嶋 博 社長の日記
    15年前の11月16日から19日まの4日間、APECが大阪で開かれましたが、海外の 首脳が参加する国際会議が大阪で開かれたことは今までになく、厳戒態勢の街は 道路も交通機関...
  • 本の紹介【「ものづくり日本の海外戦略」が発売されました】 from 公認会計士・税理士 村田守弘のブログ
    「ものづくり日本の海外戦略」が発売されました。8日(金曜)の日経朝刊第一面にこの本の広告が掲載されました。なお、当該広告には、もうひとつの拙著「弁護士のため租税法(第2版)も掲載されています。取り急ぎ、ご報告します。
  • 緊急速報!  栗東 「わすいせず」4日前... from ココジャネル焼酎研究所 所長 ココジャネ...
    速報!!!栗東 「わすいせず」720mlが出ています!!!四日前にもかかわらず、 66,000円!!!!!http://page7.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/g916945312006年、2008年、2009年、2010...