大きくする 標準 小さくする

2013年12月31日(火)更新

2013「歳末のごあいさつ」縁者のみなさまに感謝をこめて

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◎
【Tシャツ】日本精神>地酒・和菓子・スバル・NPO…そして「まこT」
【地元案内】ホテルニューツルタ 南相馬 スミファ ベトナム留学生 

【社会貢献】3.11 南相馬 気仙沼 FRJ日本 自分史フェス フウガすみだ 
【書籍出版】7月「33のエール」12月「ピンで生きなさい」
【雑誌連載】池波先生的日記「墨田とTシャツと私」ニュートップリーダー
【講演活動】30回4000名 FRJ日本 大塚商会 大阪 帯広 栃木 知財シンポ
【教育活動】明治 桜美林 IFI 事業構想 田園調布雙葉 慶應福澤文明塾
【審査員等】ヴォーグ社コンテスト 社会人基礎力 観光まちづくり
【放送出演】ラジオ TBS久米宏さん 文化放送 鎌田實さん村上信夫さん
【個人部活】電線クラブ 電灯クラブ 葉っぱクラブ 水面クラブ 深夜DJ
◎━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●


 今年1年、気がつけば、あっという間に過ぎ去りました。

 おかげさまで、今年も以下の通り、数多くの貴重なプロジェクトに、
 お声をかけていただき、精一杯務めることができました。 

 公私共々お世話になった縁者のみなさま
 本当にありがとうございました。

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◎
【Tシャツ】日本精神>地酒・和菓子・富士山・NPO…そして「まこT」
◎━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●

 日本でこそ作り得るTシャツを今年も数多く制作させていただきました。
 すみだ日本の技と酒めぐり開催のご縁で、日本中の蔵元や老舗名店の
 屋号の美しさを再認識しました。富士山世界遺産登録を祝した横山大観
 など富嶽三十六景Tや、世界が認めるクールジャパン車スバルTを初め
 日本が誇る美意識とのれんを守る方々との協業は、私たちの誇りです。
 ROOM TO READ、シェアウエア、3.11復興支援Tなど心優しきTや、
 東北コットンプロジェクトのTシャツも作らせていただきました。
 個人的に嬉しかったのは、文化放送「大竹まことゴールデンラジオ」
 特製まこTを制作、弊社のまこ=甲斐誠さんがラジオ出演したことです。

 ▼久米繊維工業NETショップ&Facebook
  http://www.t-galaxy.com/
  https://www.facebook.com/kume.jp

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◎
【地元案内】ホテルニューツルタ 南相馬 スミファ ベトナム留学生@墨田
◎━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●

 今年は東商墨田支部 副会長に就任しました。墨田区観光協会理事や
 墨田区文化振興財団、新日本フィルの評議員と合わせ、地元を元気に
 する活動に公私共々邁進しました。例えば墨田区「勝手に観光協会」の
 非公式な世話人として、私が愛し地元民しかしらない墨田区のあやしい
 路地裏やふしぎな名店に、多くのキーパーソンや区外の方々をご案内さ
 せていただきました。観光地域づくりプラットフォーム推進機構の理事
 仲間 井手 修身さんや、鶴田浩一郎さん率いるホテルニューツルタの
 みなさんと向島のまち歩きを楽しみました。そして、南相馬のみなさん、
 スミファ工場巡りのみなさん、ベトナムから来た留学生のみなさんと
 自転車ツアーをして楽しんでいただいたことも忘れられません。

 ▼墨田区観光協会
  http://visit-sumida.jp/
  
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◎
【社会貢献】3.11 南相馬 気仙沼 FRJ日本 自分史フェス フウガすみだ 
◎━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●

 311東日本大震災市民のつどい「Peace On Earth」で城南信金理事長
 吉原穀さんと再生可能エネルギー対談や、HAPPY DAY TOKYOの対談
 など日比谷公園にご縁のある一年でした。またネットワークオレンジの
 お招きで気仙沼を再訪して、地元社会起業家向けの講演もできました。
 自分史フェスティバルにも出演して感激、前東商墨田支部会長 高橋久雄
 さんの協力を得て「すみだを変えた100人の物語」も始動しました。
 ひがしん理事長 澁谷 哲一さんのご賛同で、南相馬ダイアローグを両国
 本部で開催。地元が誇るフットサルチーム「フウガすみだ」や、地元開
 催のファンドレイジング日本のスポンサーにもなっていただけました。

 ▼フウガすみだ
  http://www.fuga-futsal.com/

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◎
【書籍出版】7月「33のエール」12月「ピンで生きなさい」
◎━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●

 今年も、おかげさまで二冊の自著を上梓することができました。
 一冊目は「言いわけばかりで動けない君に贈る33のエール」です。
 いつも明大ブログ起業論を聴講してくださっている日本実業出版社の
 若き編集者 前川健輔さんが、起業家のための本を書こうと発案して
 くださいました。起業家志望の方々の背中を押す本として書きました。
 もう一冊は「ピンで生きなさい」です。同じく、明大ブログ起業論を
 聴講してくださり、私以上に私を良く知る、心優しき敏腕女性編集者
 小梶さとみさんの発案です。まさか、私が敬愛する先生方が執筆する
 ポプラ新書の創刊時に、加えていただけるとは思いませんでした。

 ▼久米信行「amazon著者ページ」
  http://amzn.to/ohUO9Z

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◎
【雑誌連載】池波先生的日記「墨田とTシャツと私」ニュートップリーダー
◎━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●

 一時期は、月間12本も連載を抱えていた私ですが、本業や勉強にさし
 さわるので控えておりました。しかし、今年は、尊敬する日本実業出版
 社の酒井俊宏部長から、思いがけない嬉しいオファーをいただきました。
 私も愛読する「池波正太郎 銀座日記」のような日記コラムを、オーナ
 ー経営者のための月刊誌「ニュートップリーダー」に連載して欲しいと
 おっしゃるのです。前から経営者による日記コラムを手がけたかったと
 のことで、題名は「墨田とTシャツと私」。実は、始めてみてわかった
 のですが、月に4日だけ絞り込むのがとても難しいそして楽しいのです。
 ぜひ、ニュートップリーダーのバックナンバーをご高覧くださいませ。

 ▼月刊ニュートップリーダー
  http://www.newtopleader.com/

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◎
【講演活動】30回4000名 FRJ日本 大塚商会 大阪 帯広 栃木 知財シンポ
◎━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●

 今年もありがたいことに、全国の様々な団体から多彩なテーマで講演
 依頼をいただきました。参加者10名ほどの小勉強会から500名の講演会
 まで合わせると、年30回、のべ4,000名の皆様にご聴講いただけました。
 日本全国から社会起業家が集うファンドレイジング日本、中堅中小企業
 経営者が集まる大塚商会のイベントでのソーシャルメディアの活用法、
 大阪、帯広、綾瀬などでの、墨田を例にとった観光地域づくりの研修、
 大阪カネカ、栃木市役所での「すぐやる」社員研修、法政大学 坂本光司
 先生、HRM協会、クエストリーでの「ソーシャル経営」講演など、
 どんなテーマでも聴いた方のお役に立てるように精進してまいります。
 
 ▼ファンドレイジング日本2014(来年も講演します)
  http://jfra.jp/frj/ 

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◎
【教育活動】明治 桜美林 IFI 事業構想 田園調布雙葉 慶應福澤文明塾
◎━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●

 明治大学商学部では、引き続き、当初100名が完走者が10名になる
 ベンチャービジネス論、起業プランニング論を1年間続けております。
 ニュートップリーダー、毎日新聞と連動した講義を、来年は新しく
 バージョンアップすべく構想中です。また、田園調布雙葉、桜美林大学
 IFIビジネススクール、事業構想大学院でも、恒例の講義をいたしました。
 今年、何と言っても嬉しかったのは、母校 慶應義塾の150周年記念
 事業「福澤諭吉記念文明塾」の講師を拝命したことです。しかも演題は
 「私のプリンシプル」という直球ど真ん中。今一度、これまで私が
 師匠から学んだことを思い返して、後輩たちに熱く伝えました。

 ▼福沢諭吉記念文明塾
  http://www.fbj.keio.ac.jp/

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◎
【審査員等】ヴォーグ社コンテスト 社会人基礎力 観光まちづくり
◎━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●

 毎年、様々なジャンルの審査員を務めるのですが、今年も不思議なご縁
 で審査させていただきました。日本ヴォーグ社のアートプリントTシャツ
 コンテストでは、新しいTシャツ上の表現を見せていただきました。
 大学対抗の社会人基礎力グランプリでは、これまでの大学教育の限界
 を超えて、産学連携、地域連携に取り組む学生たちに感激しました。
 どこかの大学でゼミを持たせてくれたら、学生たちと挑戦したいです。
 そして、日本観光振興協会×日本財団の観光まちづくりの取組みでは
 新しい私の故郷が生まれそうです。審査するより自分がやりたいです!
 
 ▼社会人基礎力グランプリ
  http://www.takushoku-u.ac.jp/career/kisoryoku-grandprix.html

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◎
【放送出演】ラジオ TBS久米宏さん 文化放送 鎌田實さん村上信夫さん
◎━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●

 中小企業三代目に生まれ、何とか日本国内でTシャツを作り続けてき
 ましたが、思いがけず同姓の久米 宏さんに「久米繊維謹製色丸首」を
 着ていただけた上、さらにラジオに呼んでいただいて感激しました。
 先日も、ラジオに投稿したら読まれて、ちょっと嬉しかったのです。
 そして、歴ドルの小日向えりさんのご紹介で、元NHKアナウンサーの
 村上 信夫さんとのご縁をいただき、鎌田實先生との共演番組「日曜は
 がんばらない」に出演させていただくことができました。放送は、来年
 1月12日ですので、ぜひお聞きいただけたら幸いです。

 ▼文化放送「日曜はがんばらない」
  http://www.joqr.co.jp/kamata/

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◎
【個人部活】電線クラブ 電灯クラブ 葉っぱクラブ 水面クラブ 深夜DJ
◎━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●

 楽しそうに生きていると言われがちな私ですが、実のところ肩はいつも
 鉄板のように凝って切ないのです。そんな私がストレス死しないのも、
 日常のちょっとしたモノやコトの美しさを見つける喜びを知ったから。
 路上観察学会、みうらじゅんさん、電線クラブの河野史明さんたちの
 おかげなのです。ほぼ個人的部活ですが、電灯クラブ、葉っぱクラブ
 今年作った、水面クラブにも、よろしければぜひご参加ください。

 #電線クラブ  https://www.facebook.com/densendlub
 #電灯クラブ  https://www.facebook.com/dentouclub
 #葉っぱクラブ https://www.facebook.com/happaclub
 #水面クラブ  https://www.facebook.com/minamoart


 ということで、今年も 楽しいことも辛いこともありましたが
 なんとかかんとか乗り切って歳末を迎えることができました。

 こうして紅白歌合戦で、あまちゃんや、きゃりーぱみゅぱみゅを
 楽しみながら、年末のごあいさつを書ける幸せをかみしめております。

 本当に一年間お世話になりました。
 来年もどうぞよろしくお願いいたします。

 どうぞ良いお年をお迎えくださいませ。



日本でこそ作りえるものを世界に。未来の子供たちに。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
久 米 信 行 nobu.kume@nifty.com Profile>>http://bit.ly/kE1W3y
        twitter>@nobukume facebook+YouTube>nobukume
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□□■□□■ 久米繊維工業(株) 取締役会長 http://T-galaxy.com http://kume.jp/
■□□□□□■  創業1935年 日本最初の国産Tシャツメーカー 
■■□□□■■  ISO14001/グリーン電力証書/オーガニックコットン
■■□□□■■  [色丸首] [楽] [北斎] [蔵印] [老舗屋号] [3.11復興支援]     
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〒130-0012 東京都墨田区太平3-9-6 T:03-3625-4188 F:03-3625-2695
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
著書一覧 【amazon 著者ページ 】 http://amzn.to/ohUO9Z
連載コラム【日経パソコン [焦点] 】 http://goo.gl/7XzLm
メルマガ 【めろんぱん縁尋奇妙】 http://goo.gl/iQFwJ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
社長ブログ【経営者会報@社長日記】http://kume.keikai.topblog.jp/
公益ブログ【明大商学部起業論講師】http://blog.canpan.info/meiji_venture/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
社)墨田区観光協会 特)CANPANセンター 社)社会貢献支援財団 理事 
東京商工会議所:観光委員 知的財産戦略委員 IT推進委員 墨田支部IT分科会長
新日本フィルハーモニー交響楽団 墨田区文化振興財団 評議員

2013年12月15日(日)更新

「ピンで生きなさい」出版記念限定生産Tシャツ~ジャケットを脱ぐと、黄金率「∞=1×∞」が現れる

201312151026_1-500x0.jpg

来る12月16日19時30分から、ポプラ社で開催される
「ピンで生きなさい」出版記念トークライブ

年末にも関わりませず、おかげさまで当初定員の50名を超えて、
約100名の方のお申し込みをいただいております。感激です。
直前まで、Facebookでお申し込みを受け付けておりますので、
当日、予定が空いた方もお気軽にお申し込みくださいませ。

講演会で私が着るため、そしてお世話になった方に着ていただくため、
特別なTシャツを、少しだけ=40枚ほど作りました。

そこには「ピンで生きるための黄金律」を記しました。

「 ∞ = 1 × ∞ 」 (ピンの道は無限に通ず)

ジャケットなどを着ている時は「1」だけが表示されていますが、
Tシャツだけになると「 ∞ = 1 × ∞ 」が現れます。

黒いTシャツは「無=宇宙」を、銀色の文字は、
大宇宙の中で自らの光りで輝く「恒星=ピンで生きる自分」を意味します。

このTシャツは、新著でお世話になった方はもちろん、
ご自身のブログ、メルマガ、twitter、Facebookや、Amazonのレビューなどで、
私たち著者・編集者チームが涙する記事を書いてくださった方に差し上げたいと思います

ただ、すべてを把握していないため不義理をしていると存じます。ごめんなさい。
記事を書いてくださった方は、おそれいりますが以下の方法でお知らせ下さい)

 eメール > reserve1@poplar.co.jp 題名【ピンで生きなさい紹介記事】
 Facebook投稿 > https://www.facebook.com/events/237133419781050/
 twitter > ハッシュタグ #ピンで生きなさい


また、イベント会場限定で若干枚を販売いたします。
メンズ・レディス 各フリーサイズで、税込 2,000円です。

それでは当日、お会い出来ますことを楽しみにしております。

201312061147_1-200x0.jpg

▼『ピンで生きなさい~会社の名刺に頼らない生きかた』
 amazon http://tinyurl.com/pindeikinasai
 紀伊国屋 http://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784591137376

▼ピンで生きなさい出版記念トークライブ&講演会
 http://www.poplar.co.jp/info/event/008450.html

2013年12月06日(金)更新

12/6 新著「ピンで生きなさい」発売*12/16講演会*限定ピンTシャツ

◎━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
 1 9月創刊 ポプラ新書の豪華ラインナップ「016」に入れた光栄
 2 明日が見えない&企業より個人ブランド時代だから「ピンで生きる」
 3 12/16 19:30~出版記念セミナー@ポプラ社(新著持参で入場無料)
 4 12/11 16:20~出版記念特別公開講義@明治大学リバティタワー
 5 限定ピンTシャツ制作。嬉しいネットコミに謹呈×講演会限定販売
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◎


201312061147_1-200x0.jpgおかげさまで、2013年12月6日ポプラ新書より新著
『ピンで生きなさい~会社の名刺に頼らない生きかた』
が発売になります。

「あなたは、会社の名刺を渡さずに、
 自分をアピールすることができるだろうか?
 追い出し部屋、リストラ・・・・・・
 会社にビクビクしながら働いてはいないか?
 会社の名刺がなくても、独りで働いていく力と
 覚悟を持っているか?
 ビジネスの第一線で活躍しながら、
 数多くのベストセラーを執筆したり、
 大学で教べんをとっている著者が具体的に指南する
 『会社という看板に頼らず、ピンで生きる方法』とは?」




▼『ピンで生きなさい~会社の名刺に頼らない生きかた』
 amazon http://tinyurl.com/pindeikinasai
 紀伊国屋 http://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784591137376

出版を感謝いたしまして、12月16日19時半よりポプラ社ホールにて
読者入場無料の出版記念トークライブ&講演会を開催いたします。
要予約でお手数をおかけいたしますが、ぜひご参加ください。

▼ピンで生きなさい出版記念トークライブ&講演会
 http://www.poplar.co.jp/info/event/008450.html


●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◎
 9月創刊 ポプラ新書の豪華ラインナップ「016」に入れた光栄
◎━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●


201312061147_2-300x0.jpg

 今年9月に、ポプラ新書は創刊したばかりです。

 そのスタートダッシュ時の執筆陣に入れていただけるとは、
 なんと光栄なことでしょう。

 何しろ、これまでポプラ新書に登場された先生方は、

  鎌田 實さん、柴門 ふみさん、やなせ たかしさん、山折 哲雄さん
  田原 総一郎さん、原田 泳幸さん、白河 桃子さん、藤原 和博さん


 …はじめ、各界で活躍されている素晴らしい執筆陣なのです。

 私がいただいた連番は016。そう先日、天国に旅立たれた
 野球の神様 川上哲治さんの永久欠番です。

 この番号を背負うとなれば、星 飛雄馬なみに
 活躍して伝説を創らねばなりません。

▼ポプラ新書
 http://www.poplar.co.jp/shinsho/


●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◎
 明日が見えない&企業より個人ブランド時代だから「ピンで生きる」
◎━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●


「ピンで生きなさい」というテーマは

 私よりも私を良く知ってくださる仲良しの編集者
 小梶さとみさんからいただきました。

 これまで「ピンで生きている」意識など持たずに、
 むしろご縁の中で生かされていると思ってきた私ですが、
 それこそが「ピンで生きる」極意と背中を押されました。

 ポプラ社執行役員 碇 耕一さんにも励まされて
 三人四脚で作り上げた本です。

 「もし会社が嫌なら辞めればいい。
  だが、そもそもあなたはピンで生きていく能力を
  備えているのだろうか。

  ピンで生きられる人は、会社でも能力を発揮できているはず。
  ピンで生きていくためには、日頃から、
  ピンでも生きていくための心構えや準備、
  ピンで生き抜いていくための鍛錬が必要になる。
  やがて来るその日のために、今から心がけておきたいことを
  この一冊にまとめようと思う。」



▼『ピンで生きなさい~会社の名刺に頼らない生きかた』
 amazon http://tinyurl.com/pindeikinasai
 紀伊国屋 http://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784591137376


●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◎
 12/16 19:30~出版記念トークライブ@ポプラ社(新著持参で入場無料)
◎━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●


201312061147_3-300x0.jpg

 ポプラ社本社(新宿区大京町22-1)で打ち合わせをした時に、
 1階に素晴らしいホールがあることを発見いたしました。

 そこで、年末の慌ただしいところ恐縮ですが、
 読者の皆様への感謝を込めて『ピンで生きなさい』の記念講演会を、
 来る12月16日(月)19時30分~開催させていただきます。

 当日は、拙著をお持ちいただければ、入場無料です。
 (もちろん会場でお求めいただくこともできます)

 出版記念パーティが嫌いな私のことですから、
 ゲストスピーチも乾杯もありません。

 ポプラ社執行役員 碇 耕一さん、ピン編集者 小梶さとみさんと
 出版業界、ポプラ新書のウラ話から、この本ができるまでの
 本音トークなど和気あいあいのトークライブ
と、
 私の講演の二本立て。

 私の講演は、今回、初公開の内容です。

 先日、慶応義塾150周年事業「福澤諭吉記念文明塾」で初めて講演した
 大好評ながら時間切れだった講演内容「私のプリンシプル(信条)」を、
 「ピンで生きなさい」仕様にバージョンアップしてお話いたします。
 もちろん、本に書けなかった師匠と私の本当の話も満載です。

 その後、ご希望の方には、私でもよければ
 お持ちの本に、サインをさせていただきます。

 お手数ですが、会場の定員があるので、
 以下のページから、事前にネット予約をお願いします。

 定員50名は既に満員となりましたので、
 急きょ席を増やして100名に増員していただきました。


 先着順ですので、どうぞお申し込みはお早めに。


▼ピンで生きなさい出版記念トークライブ&講演会
 http://www.poplar.co.jp/info/event/008450.html


●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◎
 12/11 16:20~出版記念特別公開講義@明治大学リバティタワー
◎━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●


 明大ブログ起業論の教え子やOB、他大学の学生はもちろん、
 16日のイベントに参加できない縁者のみなさまのために

 次回12月11日の明治大学ブログ起業論は
 (16:20~17:50 @駿河台リバティタワー1076教室)

 16日の「ピンで生きなさい」講演会でお話する内容の
 特別公開講座(公開リハーサル?)にいたします。


 もちろん無料で、事前予約不要です。
 事前に本を読んできていただければ幸いです。

 16日予定の碇さん、小梶さんのトークライブはありませんが
 その分、30分ほど質疑応答コーナーを創りますので、
 聴きたいことを準備しておいてくださいね。


▼12/11 16:20~出版記念特別公開講義@明治大学リバティタワー
http://blog.canpan.info/meiji_venture/archive/261?1386294705


●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◎
 限定ピンTシャツ制作。嬉しいネットコミに謹呈×講演会限定販売
◎━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●


 みなさんお忘れかもしれませんが、私は、誰よりもTシャツを愛する
 最初で最後の国産Tシャツメーカー「久米繊維工業」の三代目。

 Tシャツ道楽者として、一番の愉しみは….

 気心通じ合った仲間だけに着てもらう
 数量限定、期間限定の、とっておきのTシャツを
 自分でデザインで創ること。


 もちろん今回も、

 前回ご好評をいただいた「33Tシャツ」に続いて
 http://blog.canpan.info/book-njg/archive/45

 「1(ピン)Tシャツ」のデザインを考えております。

 デザインは、製品が出来上がってからのお楽しみ。
 メンズ・レディスのフリーサイズで創りますね。

 商売ではなくて、自腹の道楽なので
 おそらく50枚も創らないと思いますが….

 この特別な1Tシャツは

 碇さん、小梶さん、大久保さん(ポプラ社広報責任者)
 そして私の4人が感激(泣く、笑う、怒る?)ネットコミを

 ご自身のブログ、twitter、Facebook、Amazonレビューなどに
 書き込んでくださった方で、講演会に来てくださった方に
 プレゼントしたいと思います。


 もちろん遠くの方でも、大感激させてくださったら
 感謝をこめて、お送りさせていただきます。

 ご紹介記事を書いてくださった方は、記事リンクつきで

 1)Facebookイベントページにご投稿いただくか
  http://www.poplar.co.jp/info/event/008450.html

 2)専用メルアドにお知らせくださいませ
  reserve1@poplar.co.jp


 あとは、余ったらイベント会場で
 ちょっとだけ販売するかもしれません。

 それでは、イベント会場やネットでお会いいたしましょう!!


▼『ピンで生きなさい~会社の名刺に頼らない生きかた』
 amazon http://tinyurl.com/pindeikinasai
 紀伊国屋 http://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784591137376

▼ピンで生きなさい出版記念トークライブ&講演会
 http://www.poplar.co.jp/info/event/008450.html


<<<ご参考>>>

○もくじ

まえがき ・・・・・・3


第1章 ピンで生きるとは ・・・・・・13

1 ピンで生きる人は、会社でも能力を発揮する ・・・・・・14
2 ピンで生きる人は、会社を愛し己を大切にする ・・・・・・18
3 ピンで生きる人は、看板に頼らず、自らが看板となる ・・・・・・26
4 ピンで生きる人は、社内で群れず、仕事を通じて師匠を探す ・・・・・・32
5 ピンで生きる人は、肩書きで人とつきあわない ・・・・・・40
6 ピンで生きる人は、リストラは自分事だと覚悟している ・・・・・・46
7 ピンで生きる人は、チームの力を最大限に引き出す ・・・・・・52
8 ピンで生きる人は、誰に対しても威張らず腰が低い ・・・・・・60

第2章 ピンで生きる人の心構え ・・・・・・67

9 ピンで生きる人は、何をやっても喰っていけることを知る ・・・・・・68
10 ピンで生きる人は、レールから外れてもわが道に光ありと信じる ・・・・・・76
11 ピンで生きる人は、学歴にも学閥にも頼らない ・・・・・・82
12 ピンで生きる人は、脳のパラボラ力を磨く ・・・・・・88
13 ピンで生きる人は、心のズーム力を自在に使う ・・・・・・96
14 ピンで生きる人は、人生の合鍵をたくさん持つ ・・・・・・104
15 ピンで生きる人は、ゆらぎの中でいい塩梅で生きる ・・・・・・112
16 ピンで生きる人は、三振を恐れず打席に立ち続ける ・・・・・・118
17 ピンで生きる人は、身を助ける芸を持つ ・・・・・・124

第3章 ピンで生きる人のたしなみ ・・・・・・133

18 ピンで生きる人は、ご縁を大切にして、ネットワークを広げる ・・・・・・134
19 ピンで生きる人は、自分とは正反対の人ともつきあう ・・・・・・140
20 ピンで生きる人は、縁と恩をないがしろにしない ・・・・・・148
21 ピンで生きる人は、価値観の違う人との化学反応を楽しむ ・・・・・・156
22 ピンで生きる人は、まずは「ひと様のために」を優先する ・・・・・・164
23 ピンで生きる人は、ご縁を自分のためではなく、人のために使う ・・・・・・172
24 ピンで生きる人は、本業以外の人とも有機的につながる ・・・・・・180
25 ピンで生きる人は、なんでも面白がり、「道楽者」を目指す ・・・・・・186

第4章 ピンで生きることが辛くなったとき ・・・・・・195

26 ピンで生きる人は、孤独と孤立の違いを知っている ・・・・・・196
27 ピンで生きる人は、健全なる体を保つためにリラックスする ・・・・・・204
28 ピンで生きる人は、狂信力と継続力で幸運を引寄せる ・・・・・・212
29 ピンで生きる人は、変化や逆境を味方にする ・・・・・・218
30 ピンで生きる人は、「打たれてなんぼ」、多少の失敗は関係ない ・・・・・・224
31 ピンで生きる人は、「すべてはダメ元」から始める ・・・・・・232


■まえがき

「ピンで生きる人」と聞くと、どんなイメージが浮かぶだろうか?

ピン芸人、個人事業主、弁護士、会計士、開業医、料理人、アーティスト…そんな特別な専門家を思い浮かべる人が多いかもしれない。

しかし、この本で勧める「ピンで生きる人」とは、そんな特殊技能を持った個人に限らない。必ずしも、個人で独立して生きている人でなくても良いのだ。もちろん、独立や起業を積極的に勧める本でもない。

むしろ、組織に属している「普通の人たち」にこそ読んで欲しい。
たとえ。保守的な職場に勤めていても「ピンで生きる」ことはできるからだ。
新規事業とは無縁の管理部門にいても「ピンで生きる」ことはできるはずだ。

「ピンで生きる」とは、心が自由で、とらわれのない生き方である。
「ピンで生きる」とは、人目を気にせずに、わが道を行く生き方である。
「ピンで生きる」とは、派閥に属さずとも、皆から尊重される生き方である。
「ピンで生きる」とは、どんな環境でも順応して、楽しめる生き方である。
「ピンで生きる」とは、逆境をバネに、縁×運×勘を高める生き方である。
「ピンで生きる」とは、仕事の充実も、個人の幸せも追究する生き方である。
「ピンで生きる」とは、内外の人に認められ、仕事を任される生き方である。
「ピンで生きる」とは、心に映るものは、何でも面白く見える生き方である。
「ピンで生きる」とは、年を重ねるほどに、人生が充実する生き方である。

他にも、この本の中で「ピンで生きる」生き方について詳しく紹介している。読み進めば、「ピン=つらい」「ピン=ひとりぼっち」というマイナスイメージを払拭してもらえるだろう。ピンで生きれば、人生の楽しみが膨らむ。眠っていた才能が開花して、人生が思わぬ展開を見せる。ネットワークが広がって、新しい仲間や生涯の親友も増える。本来の自分に出会う生き方が送れる。
ありがたいことに、誰でも、毎日の心がけ次第で、「ピンで生きる」力を少しずつ磨き上げることができる。自分の進む道を、自分の力で変えられる。

ものぐさで怠け者。人類と人生の終わりしか考えられないような、夢の無い子供だった私でさえできたのだ。親から決められた道を歩むと、ぼんやり人生を考えていた私でも、気がつけば「ピンで生きる」道を歩むことができた。

だから、誰もが「ピンで生きる」力を秘めていると確信している。

残念ながら、日本の会社も役所も、20世紀を引きずる今までのやり方では、新しい時代の変化についてはいけないだろう。好むと好まざるとに関わらず、組織も個人も変革を迫られることになる。

これは、個人にとっても、日本にとっても、大きなチャンスである。

どうせ社会が変わるなら、大波に巻き込まれる前に、自ら動いた方が良い。そう考える人が増えるからだ。これまで「ピンで生きること」を封印してきた人が、自らの殻を破って変身を遂げる日は近い。生き生きと楽しそうに人生をシフトした人を見れば、周りの人も影響されて、ピンで生きようとするはずだ。

本来は誰もが持っている「ピンで生きる力」を取り戻す人が、全体の1割、さらには2割現れたとしたら、組織も日本も大きく変わる。ただ、景気が良くなり経済が回復するだけではない。多士済々の個性的な人、元気で行動的な人が増えて、社会全体が明るく楽しくなる。誰もが止めたいのに止められなかった、古い弊害や官僚組織も改められて、新しい時代が始まる。ますます日本の魅力が高まって、世界からの注目が集まる。きっと誰もが楽しくなる。

さあ「ピンで生きる人生」へと一歩踏み出そう。仲間と一緒に舵を切ろう。

20141009bnr.jpg

◎久米 信行「縁尋奇妙」メルマガ
email

会社概要

1935年創業の老舗国産Tシャツメーカー。 半世紀以上にわたり、国産Tシャツ専門メーカーとしての誇りを持ち、裁断、縫製、検品、仕上げ、そしてプリントまで一貫して日本国内のグループ会社で生産する稀有なTシャツ・ギルドとして現在に至る。...

詳細へ

個人プロフィール

イマジニアで株式ゲーム、日興証券で相続診断システムを開発後、家業の三代目となる。T-GALAXY.comで日経インターネットアワード.IT経営百選受賞。現在第二創業期に邁進し、日本でこそ創りえる久米繊維謹製Tシャツを世に問う。AllAbout Tシャツガイド。明治大学商学部講師。東京商工会議所I...

詳細へ

バックナンバー

<<  2013年12月  >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

コメント一覧

最新トラックバック

  • レイバン サングラス from レイバン サングラス
    お薦め本『儲けとツキを呼ぶ「ゴミゼロ化」工場の秘密』~古芝保治著 - 久米繊維工業 代表取締役社長 久米信行
  • 日本発ものづくり提言プロジェクト シンポジウム(2011/10/22) from パワーブロガー★イベント交流録
    日本発ものづくり提言プロジェクト のシンポジウム 「ジャパンファッションの再生、 日本発ものづくりから考える 」に、参加しました。 オープニングには、会場に 坂本龍一の「音楽図鑑」の 曲が流れて、いい感じ♪ プレゼンをしている
  • 15年前のAPEC大阪会議の思い出は from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 代表取締役高嶋 博 社長の日記
    15年前の11月16日から19日まの4日間、APECが大阪で開かれましたが、海外の 首脳が参加する国際会議が大阪で開かれたことは今までになく、厳戒態勢の街は 道路も交通機関...
  • 本の紹介【「ものづくり日本の海外戦略」が発売されました】 from 公認会計士・税理士 村田守弘のブログ
    「ものづくり日本の海外戦略」が発売されました。8日(金曜)の日経朝刊第一面にこの本の広告が掲載されました。なお、当該広告には、もうひとつの拙著「弁護士のため租税法(第2版)も掲載されています。取り急ぎ、ご報告します。
  • 緊急速報!  栗東 「わすいせず」4日前... from ココジャネル焼酎研究所 所長 ココジャネ...
    速報!!!栗東 「わすいせず」720mlが出ています!!!四日前にもかかわらず、 66,000円!!!!!http://page7.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/g916945312006年、2008年、2009年、2010...