大きくする 標準 小さくする

2011年08月19日(金)更新

第2回すみだストリートジャズフェスティバル【7つの魅力】

20110819_1-480x0.jpg












今週末、2011年8月20日~21日の2日間、
第2回すみだ・ストリート・ジャズ・フェスティバルが開催されます。
 
今週末に、東京スカイツリーをめぐって、下町すみだを歩けば
街角を曲がるごとに、楽しいジャズの調べに酔えるでしょう。
 
 
  ▼すみだストリートジャズフェスティバル
 
 
第2回を迎えた、この素晴らしいイベントは

二人の若き経営者
 
  山田 直大さん http://twitter.com/YAMADANAOTA
  能  厚準さん https://www.facebook.com/kojun.takumi
 
を中心に、2500人ものボランティアスタッフが
まさにヨソモノ・ワカモノ・バカモノパワーで結集し
楽しい夢をかたちにしたものです!
 
20110819_2-144x0.jpg

このジャズ・フェスティバルの素敵な魅力を
7点にしぼってご紹介いたしましょう!
 
 
◎1 入場無料で2日間気軽にジャズとまち歩きを親しめる
◎2 下町の街角から倉庫まで、あちらこちら全部がステージ
◎3 世界の超一流ミュージシャンから地元中学高校のバンドまで
◎4 スマホでまち歩き:おもてナビ×すみだJAZZ公式アプリ
◎5 久米繊維謹製公式Tシャツ買って、食べ物100円引き
◎6 USTREAM三元中継:大邱国際(韓国)×東松島 元気(宮城)
◎7 元Jリーガーを含むフットサル教室と大会も開催 
 


◎1 入場無料で2日間気軽にジャズとまち歩きを親しめる
 
 野外でも室内でも入場無料(飲食は実費です)
 完成間近の東京スカイツリー見物や
 下町路地裏街歩きを楽しむ人にも超おすすめです!
 
  ジャズってなんだの初心者もよし
  昔ジャズを聴いたなあのオールドファンもよし
  いつも聴いているマニアの気分転換にもよし
 
 
◎2 下町の街角から倉庫まで、あちらこちら全部がステージ
 
 ステージは、東京スカイツリーお膝元の東京下町墨田区の
 駅前、街角、ホール、公園、倉庫、神社、ホテル、カフェ、バー...
 まさに、 Here There and Everywhere
 
  街角でスイングするもよし 
  ホールでくつろぐもよし
  バーでほろ酔いながら聴くもよし
 
 
◎3 世界の超一流ミュージシャンから地元中学高校のバンドまで
 
 出演は、中本マリさん、椎名豊トリオはじめ
 第一線のジャズミュージシャンは、もちろんのこと
 日本中のアマバンド、さらには地元中学高校のブラスバンドまで。
 
  珠玉の演奏にしびれるもよし
  一所懸命の演奏にエールを送るもよし
  無名のバンドのキラメキに出会うもよし
 
 
◎4 スマホでまち歩き:おもてナビ×すみだJAZZ公式アプリ
 
 すみだJAZZの会場めぐりも迷いません!
 スマホを持っている方なら、無料公式アプリをダウンロード
 簡単にGPS&地図でナビしてくれます
 
  お気に入りバンドをはしごするもよし
  スカイツリー&全会場をめぐるもよし 
  スマホの未来を実感するもよし
20110819_3-300x0.jpg
 

◎5 久米繊維謹製公式Tシャツ買って、食べ物100円引き
 
 弊社エコ&CSR奉行の竹内さんが実行委員会に入って
 今年も、すみだJAZZ Tシャツ製作のお手伝い。
 これを着て、錦糸公園会場に行くとおトクです!
 
  すみだJAZZ Tで一緒に盛り上がるもよし
  街角で着ている人に声をかけるもよし
  毎年ヴィンテージTシャツを集めるもよし
 
 
◎6 USTREAM三元中継:大邱国際(韓国)×東松島 元気(宮城) 
 
 今回はUSTでのライブ中継もあります!
 しかも韓国のジャズフェスと 宮城の元気フェスとコラボ
 三地点のフェスを結び、ネットで参加できます!
 
  遠い国や地域のJAZZを自宅で楽しむもよし
  UST見ながら下町移動するもよし
  来年、現地で参加するのを夢見るもよし
 
 
◎7 元Jリーガーを含むフットサル教室と大会も開催
 
 第2回すみだストリートジャズカップも開催されます
 8チームのトーナメント形式の試合が行われます
 元Jリーガーを含むTOKYO23の選手達のフットサル教室も
 
  JAZZの合間に、フットサルを見るもよし
  サッカー好きの子供を鍛えてもらうもよし
  思い切って教室に参加してみるもよし
 
 
 
 明日には、雨もあがるはず。
 むしろ、炎天下よりジャズ日和
 
 ぜひ下町にあそびにきてください!!
 
 
 
  ▼すみだストリートジャズフェスティバル

2011年08月13日(土)更新

追悼:営業の神様 笠 榮一さんから学んだ24の教え

日興證券時代の上司としてお世話になり、
人生の先輩として敬愛し、父のように兄のように慕っていた
笠 栄一さんが、急逝されました。
 
拙著や講演で、「営業の神さま」として
いつもご紹介していた、あの笠さんです。
 
心よりご冥福をお祈り申し上げます。
 
 
◎突然の旅立ち
 
ご郷里、久留米でのお通夜で再会した、笠さんの旅立ちのお顔は、
あまりに痩せ細っていて、あまりに静かでした。
 
まるで別人でした。
 
手を合わせながら、ふくよかでにこやかな遺影との
大きな差に胸がしめつけられました。
 
昨夏、胸にリンパ腫が見つかり、
笠さんは手術を受けました。
 
笠さんを慕う数多くの経営者や医療関係者のみなさまの助言で
ありとあらゆる治療法を試されていました。
 
決して気力も失わずに、闘病しながら元気に仕事を続けられ、
今春も、元気な様子で会社に遊びに来てくれたのです。
 
しかし、七夕の日、笠さんのお誕生日にお電話をすると、
ひどく咳き込まれていました。
 
奥様の話では、入退院を繰り返されていたそうです。
 
それでも、容態が落ち着いたとのことで、
お盆明けにはお見舞いに伺う予定でした。
 
あと10日、神様が余裕をくだされば、帰省したお子さんたち
お孫さんたちと楽しく再会できたでしょう。
 
私も、お礼の数々を直接お伝えすることができたのに、
本当に残念でなりません。
 
 
◎信頼される人 好かれる人
 
しかし、神様は小さなチャンスを
私に下さいました。
 
雑誌CIRCUSの大崎さんから、
「信頼される人、好かれる人」という特集で、
インタビューの依頼を受けたのです。
 
それは、偶然にも、
笠さんのお通夜の翌日でした。
 
このテーマをお聴きして、真っ先に
笠さんの生き方が目に浮かびました。
 
笠さんの訃報を、大崎さんにお話しすると、
 
 「富士山頂から暑中見舞いを
  出された方ですよね」
 
と、よく憶えていてくださいました。
 
私は、気がつくと、2時間近くも
笠さんのこと取材で話していました。
 
それでも、語り尽くせなかった
笠さんの教えの数々。
 
本当なら、いつか笠さんと対談しながら本にして、
教え子たちに伝えたかったのです。
 
いまどきセールスという仕事は
軽く見られがちです。
 
しかし、それは人間しかできない、
人間中心の心あたたまる仕事です。
 
それが、知情意をフル稼働する創造的な仕事であることを
イマドキの若者たちに伝えたかったのです。
 
笠さんの教えを、私の弔辞の代わりとして、
ひとつひとつ思い出しながら記したいと存じます。
 
 
◎笠さんから学んだ24の教え
 
■1 沈黙は金
 
 トップセールスというと「立て板に水」
 口から生まれて来たような人をイメージするかもしれません。
 
 しかし、笠さんは、むしろ言葉少なです。
 多くを語りません。
 
 それでも、十分に真心は伝わるのです。
 
 
■2 だけど時には雄弁
 
 ところが、いざ語るべき時が来ると、
 突然のように熱弁をふるうのです。
 
 ちょうど、一流の演奏家が、上手に
 ピアニッシモとフォルテシモを使い分けるように。
 
 だからこそ、相手の心に響くのでしょう。
 
 
■3 強面にみえるけど福相
 
 笠さんは、一見すると仏頂面で
 怖く見えるかもしれません。
 
 しかし、百戦錬磨で人に厳しい?私の次弟をして
 笠さんほど人相が良い人はないと言うのです。
 
 福相とは、決して見かけの話ではなく、
 内面からにじみでるものなのですね。
 
 
■4 わけへだてなく親しく接する
 
 お通夜翌日の朝礼で、社員のみなさんに
 笠さんとの思い出について聞きました。
 
 笠さんが来社され、私を呼び出す間の
 わずかな時間に接した印象です。
 
 そんな一瞬のふれ合いでも、笠さんは
 誰にでも優しく接してあたたかみがあると
 みんなが答えました。
 
 きっと、笠さんが、受付嬢や秘書にも人気があるのは
 偉い人だけにへつらう姑息な人ではないからでしょう。
 
 
■5 知的好奇心と質問魔
 
 もう一つ、社員のみなさんの感想で印象的だったのは
 笠さんは、よく質問をしてくれたという話です。
 
 普通、社長に直接会えるような人は、
 取り次ぎの若い社員や、入口に飾られた展示物などに
 興味を持たないものです。
 
 しかし、笠さんは、ひとり一人の社員にも
 あたたかい眼差しで、関心を寄せていただき、
 一期一会の心の交流をしてくださったのです。
 
 
■6 寅さんのように女性にやさしい
 
 笠さんと、日興證券で支店まわりをした時に、
 支店の女性に気さくに声をかけることに驚きました。
 
 もちろん、生来、女性が好きだった?とは思うのですが、
 それは、寅さんのように広くて深いプラトニックな想いでしょう。
 
 絶妙の間合いで、あっという間に心打ち解けるのですが、
 決して一線を超えることなく、みんなの幸せを祈る、
 まさに寅さんのようなおつきあいでした。
 
 
■7 お客様の無理難題が大好き
 
 笠さんは、個人営業からスタートして
 かのトヨタや地方金融機関まで、空前のセールス実績を誇りました。
 
 しかし、すごいお客様ほど、見込みがあるセールスには
 無茶なリクエストをするものです。
 
 ところが、笠さんの話を聞くと、
 ムチャを言われた時やクレームの時こそ絶好のチャンスだと、
 いつも以上に張り切ったそうです。
 
 
■8 お客様のために会社や上司と戦う
 
 笠さんほど、偉い上司とケンカをする人を
 見たことがありません。
 
 ある時は、お客様のため
 ある時は、部下のため
 
 妥協しなかったのです。
 
 その根底には、笠さんが決して譲れない理念
 正義や義理人情を守る心があったのでしょう。
 
 ですから、日興證券の中では出世は難しくとも、
 お客様にも部下にも信頼され続けました。
 
 だからこそ、生涯にわたって現役として活躍して欲しいと
 引く手あまただったのです。
 
 かつての同僚たちとも
 一生のつきあいでした。
 
 
■9 KNOW HOWよりKNOW WHO
 
 笠さんは、天性のネットワーカーで
 社内外に笠さんのためならというファンがいました。
 
 笠さんは、お客様の無理難題に応えるためには
 自分のノウハウより、スペシャリストの
 ネットワークが大切だと知っていたのです。
 
 だから、お客様のリクエストに応じて
 社内外の一番優秀な人たちを連れて行こうと
 日々努力されていました。
 
 
■10 他部門の部下までかわいがる
 
 お客様の高度なリクエストに応えるためには
 社内の優秀な若手とのネットワークが欠かせません。
 
 普通の人なら、自分の出世のために
 派閥づくりに奔走するところですが、
 
 笠さんは、お客様のために
 他部門の優秀な若手までかわいがっていました。
 
 そして、大切なお客様に同行させてくださり
 社内で一番優秀な若手をつれてきましたと
 お客様の前でほめてくださるのです。
 
 頼られる若手スタッフの
 やる気がでないはずがありません。
 
 
■11 電話まめ、訪問まめ
 
 笠さんと私は、本社と隔離された?
 特別な一室を与えられて仕事をしていました。
 
 その部屋にいる時、笠さんは、
 いつでも誰かに電話をしていました。
 
 そして、思い立ったが吉日と
 社内であれ、社外であれ
 すぐに飛んで行き、直接会うのです。
 
 日興證券を離れて、20年近くたっても
 笠さんから電話と訪問が途絶えることは
 ありませんでした。
 
 
■12 筆まめで達筆な奥さま
 
 笠さんは、決して筆まめではありませんでしたが
 達筆な奥様から、いつもお手紙を頂戴していました。
 
 ある時は、ご夫婦で800枚もの暑中見舞いの
 お葉書を背負って富士登山。
 
 山頂の消印を押してから
 ご縁のあるみなさまにお出ししたそうです。
 
 そこまで、おつきあいしてくれた
 奥様がいてくれたからこそ
 笠さんのネットワークが広く深く育ったのでしょう。
 
 
■13 金の切れ目を縁の切れ目にしない
 
 金融機関の人は、支店や担当が変わると
 以前のお客様には、手紙を出さない人が多いものです。
 
 しかし、笠さんは、入社したての頃にお世話になった
 お客様にまで、手紙を出し続けました。
 
 こうしてご縁を大切にしたことが、
 日興證券グループで勤め上げた後、
 トーマツの顧問に就かれた時に花開いたのです。
 
 
■14 相手を一個人として敬愛
 
 私の拙い講演で、必ずお話をさせていただくのが
 お客様とご縁を結ぶための16か条。
 
 その中でも一番大切なことは、
 
 「これからお会いするお客様が
  個人的に好きなものやことを知ること」
 
 それさえできれば、
 
 「セールスは半分以上終わったも同じ」
 
 笠さんに、そう教えていただいたのです。
 
 そんなことは、当たり前のことだと
 思われるかもしれません。
 
 ところが、先日、某大手証券の支店長が
 私のところに初セールスに来た時には、
 何一つ私のことを調べていなかったのです。
 
 5分もあれば、私が愛するものなど
 カンタンにネットで調べられるのに...
 
 
■15 経営者と同じぐらい商品に惚れ込む
 
 笠さんは、晩年、ベンチャー企業の
 サポートをライフワークにしていました。
 
 九州中の有望企業の経営者に会っては
 投資や提携のお手伝いをしていたのです。
 
 笠さんとは、私が家業を継いだ後も、
 年に数回はお会いして教えを受けていました。
 
 毎回、経済情勢や相場のことに加えて
 ユニークな経営者の挑戦についてお話を聞くのが
 楽しみで仕方がありませんでした。
 
 まさに、ご自身が経営者であるかのように
 熱く楽しく語ってくれたのです。
 
 
■16 鞄の中は仲良し経営者のサンプルだらけ
 
 そして、笠さんの鞄の中には、
 応援している会社の資料と商品のサンプルが
 いつも山ほど入っていました。
 
 まるで、寅さんのように
 オモシロおかしく商品の説明をしてくれました。
 
 おそらく、その会社の経営者やセールスが聴いたら
 大感激するでしょう。そして聞き惚れるでしょう。
 
 上場益ねらいや、手数料稼ぎのベンチャー支援屋が多い中、
 笠さんは真のベンチャー支援をしていたのです。
 
  
■17 自腹でおごる
 
 もちろん、笠さんは証券会社の法人担当でしたから
 会社経費の接待もたくさんしたそうです。
 
 しかし、私を飲み食いに誘ってくれる時は
 もちろん、いつでも自腹でおごってくださいました。
 
 たとえ食事をごちそうしていただいても
 領収書をもらう姿を見ては幻滅するものです。
 
 笠さんがご来社くださった時のランチは
 これまでのお返しを少しでもしようと、
 領収書なしのごちそうにお誘いしたのです。
 
 
■18 いつも人を驚かせる贈り物
 
 笠さんは贈り物の達人でした。
 
 いつもあっと驚くものや、
 笠さんならではのものを
 贈ってくださったのです。
 
 はじめて口にする大きな果物もあれば
 日光東照宮の縁起物の絵馬もありました。
 
 いつも縁者を喜ばせようと
 気働きをしていなければ
 見つけられない逸品ばかりでした。
 
 
■19 縁者の贈り物を身につける
 
 笠さんに初めてお会いした時、
 今は亡き父は自慢の販促物=社名の入ったベルトを
 プレゼントしました。
 
 おしゃれな笠さんに、そんなベルトを贈ったら
 失礼ではないかと、私は思いました。
 
 しかし、笠さんは、それ以降、
 私の会社を訪れる時には、
 必ずそのベルトを見つけて現われ、
 父を喜ばせたのです。
 
 
■20 細かく指示をしないで考えさせる
 
 最初は、笠さんからの指示にとまどいました。
 
 「おい」「あれ」
 
 とにかく、短い言葉で、具体的に
 話してくれないのです。
 
 しかし、笠さんの気持ちにシンクロしようと
 心を働かせているうちに、だんだん
 何を言おうとしているかわかるようになりました。
 
 笠さんは、セールスの、コミュニケーションの神髄、
 阿吽の呼吸について教えてくれたのです。
 
 
■21 信頼して任せきる
 
 中途採用で証券セールスの経験もないゲームデザイナーの私は、
 相続診断システムを創る責任者を任されました。
 
 それなのに、笠さんは私を信頼してくれてか
 何も細かい注意をしませんでした。
 
 逆に、それが、私を発奮させてくれ
 同時に注意深くもしてくれました。
 
 それが、今となっては
 弊社の若手スタッフを伸ばすための
 大きなヒントになっています。
 
 
■22 勝手に情報コンシェルジュサービス
 
 笠さんからは、定期的にどさっと
 分厚い資料が届きました。
 
 それは、笠さんがチェックした
 興味深い記事のスクラップブックでした。
 
 多くの証券セールスが、会社が用意した
 レポートを機械的に送るだけなのに、
 笠さんは、いつも自分が納得した情報を
 編集して送ってくれたのです。
 
 私のメルマガ、ブログ、ツイッターに至るまで
 情報発信のヒントは、笠流にありました
 
 
■23 感動体験につきあってくれた
 
 今でも忘れられないのは、笠さんとの二人旅です。
 
 私が日興證券を退職し、父の会社に戻る際、
 伊勢神宮、比叡山、高野山と聖地を巡って
 お清めと祈願をしようと思いました。
 
 その話を、笠さんにしたところ
 一緒に回ろうということになりました。
 
 父のオープンカーを貸してもらって
 二人して、里山を駆け抜け、
 祈願をして回りました。
 
 ご自宅や、お友達の家にも
 泊めていただきました。
 
 
■24 感動的な体験に誘ってくれた
 
 もちろん、笠さんから個人的な楽しみ
 感動的な体験に誘われたことも多かったのです。
 
 例えば、尾瀬を一緒に歩いたのも
 今では貴重な思い出です。
 
 仕事だけのつきあいなどつまらないと感じるのも
 公私混同で共に感動を共有したいと願うのも
 笠さんの影響が大きいのです。
 
 
今日、新日本フィルの「新世界から」を聴きながら
笠さんの面影が浮かんで来て、目頭が熱くなりました。
 
寅さんの映画を見て、家族で笑いながらも
笠さんの面影とだぶって、胸が熱くなりました。
 
これからも、笠さんの教えを守りながら、
社員共々、一歩ずつ精進して参りたいと思います。
 
笠さん、いつまでも見守っていてください。
 
そして、いつかまた別の世界にて
お会いした時には、楽しい話を聴かせてください。



久米 信行拝
 

20141009bnr.jpg

◎久米 信行「縁尋奇妙」メルマガ
email

会社概要

1935年創業の老舗国産Tシャツメーカー。 半世紀以上にわたり、国産Tシャツ専門メーカーとしての誇りを持ち、裁断、縫製、検品、仕上げ、そしてプリントまで一貫して日本国内のグループ会社で生産する稀有なTシャツ・ギルドとして現在に至る。...

詳細へ

個人プロフィール

イマジニアで株式ゲーム、日興証券で相続診断システムを開発後、家業の三代目となる。T-GALAXY.comで日経インターネットアワード.IT経営百選受賞。現在第二創業期に邁進し、日本でこそ創りえる久米繊維謹製Tシャツを世に問う。AllAbout Tシャツガイド。明治大学商学部講師。東京商工会議所I...

詳細へ

バックナンバー

<<  2011年8月  >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

コメント一覧

最新トラックバック

  • レイバン サングラス from レイバン サングラス
    お薦め本『儲けとツキを呼ぶ「ゴミゼロ化」工場の秘密』~古芝保治著 - 久米繊維工業 代表取締役社長 久米信行
  • 日本発ものづくり提言プロジェクト シンポジウム(2011/10/22) from パワーブロガー★イベント交流録
    日本発ものづくり提言プロジェクト のシンポジウム 「ジャパンファッションの再生、 日本発ものづくりから考える 」に、参加しました。 オープニングには、会場に 坂本龍一の「音楽図鑑」の 曲が流れて、いい感じ♪ プレゼンをしている
  • 15年前のAPEC大阪会議の思い出は from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 代表取締役高嶋 博 社長の日記
    15年前の11月16日から19日まの4日間、APECが大阪で開かれましたが、海外の 首脳が参加する国際会議が大阪で開かれたことは今までになく、厳戒態勢の街は 道路も交通機関...
  • 本の紹介【「ものづくり日本の海外戦略」が発売されました】 from 公認会計士・税理士 村田守弘のブログ
    「ものづくり日本の海外戦略」が発売されました。8日(金曜)の日経朝刊第一面にこの本の広告が掲載されました。なお、当該広告には、もうひとつの拙著「弁護士のため租税法(第2版)も掲載されています。取り急ぎ、ご報告します。
  • 緊急速報!  栗東 「わすいせず」4日前... from ココジャネル焼酎研究所 所長 ココジャネ...
    速報!!!栗東 「わすいせず」720mlが出ています!!!四日前にもかかわらず、 66,000円!!!!!http://page7.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/g916945312006年、2008年、2009年、2010...