大きくする 標準 小さくする
前ページ 次ページ

2013年01月07日(月)更新

新年の誓い「五十路プロジェクト」開始!これから10年で達成すること



 者のみなさま。あけましておめでとうございます。

 みなさまにとって、本年=「厳しくも面白い激動期」
 輝かしい「飛躍と発展の年」になりますことを
 心よりお祈り申し上げます。

 光陰矢の如し。今年の5月で私も50歳になります。

 これまでは私は、30歳>「三十路プロジェクト」
         40歳>「四十路プロジェクト」を立ち上げては

 次の十年を展望し、自らに課題を課してきました。

 そして、予想を超えるハプニングに見舞われ翻弄されながらも
 同時に、期待を超えるごや仕事にも恵まれてまいりました。

 おかげさまで、者のみなさまのお力をいただきながら
 苦境の数々を乗り越え、私の能力以上の仕事にも
 次々に挑戦させていただいております。

 驚くことに、50歳を目前にした今、見栄えはともかくとして、
 私の内面は、知情意心技体、かつてないほど充実しております。

 10代20代の頃は、想像もしなかったことですが
 夢と志の大きさも、気力体力も、これまでに無いほどです。

 おそらくこの不思議な力は、自分のためだけではなく
 もっと、郷土のため未来の子供たちのために使うべく
 託されているのでしょう。

 そこで今回も「五十路プロジェクト」を立ち上げて
 微力ながら役割を果たして参りたいと存じます。

◎━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
 家業「世界一敬愛される日本製Tシャツメーカーを社員一同で目指す」
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◎

・日本発ものづくりの精神と技「物心一如×一針入魂」を守り抜く
・日本が誇る銘酒・銘品との協業で和のデザイン×精神を世界発信する
・3.11復興支援を中心にTシャツでNPO/NGOを支援し続ける仕組み
・障がい者・就労困難者×デザイナー協業のソーシャルビジネス創造
・社員がひとり一人が社会起業家×オピニオンリーダーとなる人財育成
日本を訪れるお客様が必ずお土産にして反復購入されるものづくり
世界中のファッション誌とセレクトショップに選ばれる文化づくり

◎━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
 公業「日本を再び元気にする地域づくり=もの×こと×ひとづくり」
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◎

まず墨田区で北斎フェスティバルを核にした地域革新と世界発信を
・明治大学ブログ起業論の進化系を中学×高校×大学一貫教育に導入
・すぐやる×芸術文化×集団反復行動×自己実現&発信=社会起業家教育
・中学生から産学公が一体となり地元企業・NPOと協業する人づくり
働き盛りからシニアまでダヴィンチ型で地域と自分を豊かにする仕組み
上記のシステムを墨田区や東京以外のごのある地域に導入してい
世界一尊敬されつつ何処とも似ていない最適地域文化経済圏を全国

◎━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
 私業「自らダヴィンチ型で潜在力と人生を同時並行で開拓して還暦へ」
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◎

・毎年1冊ずつビジネス書や自己啓発書を「道」に進化させて執筆する
・毎日写真×詩作をネットで修行しながら、10年間で5冊出版する
・毎月1本ずつ童話を書いて、10年間で5冊絵本や童話集を出版する
・毎月1曲ずつ作曲、毎年2作ずつ自作画像と合わせた短編を発表する
・日本中のいいもの×こと×ひとを紹介する本を10年間で5冊出版する
・日本人がなじみのない外国を第二の故郷にして和の精神を伝える
世界のどんな山でも楽しく美しく自然と一体で滑れるスキーヤーになる

◎━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●

 家業(家長として オーナー経営者として)
 公業(地域に生かされ貢献する公人として)
 私業(自らの潜在力を活かす表現者として)


 この10年を走り抜けながら、
 自分に誇りを持てる仕事に邁進して、
 たとえ、明日、不測の事態に見舞われても
 後悔しない人生を歩んで参りたいと存じます。

 引き続き、ご高導のほど、よろしくお願い申し上げます。


  平成二十五年一月

                    久米 信行拝

--
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
久 米 信 行 nobu.kume@nifty.com twitter:@nobukume
        https://www.facebook.com/nobukume
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2012年12月31日(月)更新

久米繊維×久米 信行「2012年の十大ニュース」

今年も一年間、私たち久米繊維をご高導ご高配いただき、本当にありがとうございました。
おかげさまで、今年も、私たちにとって忘れられない大切な一年になりました。
 

1◎東京スカイツリー開業>限定Tシャツの数々

 
わがふるさと墨田区がこれほど注目された年は無いでしょう。東京スカイツリーの歴史的な開業に合わせて、東武百貨店限定、東武鉄道限定の特別なスカイツリーTシャツが企画され、私たち久米繊維で謹製させていただきました。そして、墨田区のアンテナショップ「すみだまち処」と合わせ、スカイツリーのお膝元ソラマチ各店で販売されました。
 
 


2◎すみだ日本の酒と技めぐり成功>蔵元×老舗Tシャツ
 
201301051148_9-300x0.jpg

墨田区を日本酒の聖地にする。日本酒Tシャツ百選を完成させて世界に発信にする。わが社の村上 典弘さんのライフワークが本格的に始動しました。日本の老舗Tシャツの世界展開を計画している、甲斐 誠さんと一緒に、日本中の酒蔵と墨田区の銘品名店・伝統工芸師が一同に会するイベントを大成功させたのです。来年以降、さらに大きなイベントに成長発展することでしょう。
 
 

 
3◎3.11復興支援T>Tシャツでファンドレイジング

201301051148_10-300x0.jpg
 
3.11の復興に尽力する現地のNPO・NGOを10年がかりで応援するTシャツプロジェクトがスタートしました。わが社のエコロジー&CSRリーダー竹内 裕さんのライフワークは、Tシャツで公益団体のファンドレイジングを支援すること。すみだストリートジャズフェスティバルTシャツの大成功と合わせ今後の展開が楽しみです。
 
 


4◎大地の芸術祭>公式Tシャツ制作×ツアーで全制覇


 
3年に1度新潟県で開催される「大地の芸術祭~越後妻有アートトリエンナーレ」の公式TシャツとスタッフTシャツを製作させていただきました。さらに、北川フラム塾メディエーター講座で学ばせていただき「大地の芸術祭を10倍楽しむ方法」という自作Youtubeは1万回以上再生されました。そして、社員、明大の教え子、経営者仲間を引き連れてツアーを企画、なんと全アート作品を制覇しました。
 

 

◎5弟の博康に社長バトンタッチ>会長就任の決意

201301051148_11-300x0.jpg
 
自ら描いた第二創業プロジェクトに従い、ホップステップが終わった今期で、弟に社長を引き継ぎました。年商の何倍もの債務を、親子二代で返し続け、実質無借金によみがえらせてのバトンタッチです。新しい事業の種も、それを育てる社長の右腕左腕も成長しての社長交代となりました。敬愛する経営の師、長谷川 和廣先生曰く、弟は私より優秀だそうですので、ご期待ください。
 

 
◎6地域再生実践塾の主任講師>墨田区の魅力を案内

201301051148_12-200x0.jpg
 
財)地域活性化センターの地域再生実践塾の舞台に、わがふるさと墨田区が選ばれ、光栄にも私が、3日間の主任講師をつとめることになりました。全国から集まった地域おこし関係者のみなさまに、墨田区再生のキーパーソンのお話をお聴きいただきました。そして、ささやカフェ、スコッチグレイン、松山油脂など、墨田区を代表する企業の工場も見学していただけたのです。
 

 

◎7「入社3年目までの仕事術」出版

201301051148_13-200x0.jpg
 
10册目となるビジネス関係の著書「入社3年目までの仕事術」が出版されました。入社3年目までの…とありますが、年齢問わずヒントにしていただける本だと自負しております。本書のテーマは「脳のパラボラ力×心のズーム力」です。仕事力のみならず幸福力も増すことができる二つの力は、今年一年の講演の主たるテーマにもなりました。
 
 


◎8電線クラブ入会>オフ会とコラムで人生観シフト
 
201301051148_14-300x0.jpg

今年一番エキサイティングだったことは、電線クラブに誘ってもらったことでしょう。日常にひそむ電線の美をキャッチしズームする喜びは、何ものにも代え難いのであります。オフ会でお会いした電線クラブのメンバーも驚くべき趣味人で、感動しました。そして、気がつけば、日経パソコンのコラムにまで「電線クラブ」のインパクトを書いていた私です。
 


 
◎新日本フィルと文化振興財団の評議員に

201301051148_15-300x0.jpg
 
縁あって、地元のオーケストラ「新日本フィルハーモニー交響楽団」と、すみだトリフォニーホールなどを管理する「墨田区文化振興財団」の評議員を拝命しました。私には夢があります。それは、わがふるさと墨田区を、世界中の人から尊敬される文化の都にすること。そのためには、まずは地元の人が新日本フィルの音色や北斎の彩りを愛するところから始めなくてはなりません。
 
 

◎ゴールド検定合格>墺デモのヨハンとスキー体験

201301051148_16-300x0.jpg
 
10年ほどのブランクを経て再び取り組んだスキー。カービングスキーの出現でこれまでの技術が否定された上、多忙で年に10日も滑れない環境でしたが、ついにSIAのゴールドメダル検定に合格しました。ちゃんと想い続け練習を続ければ、年齢に関係なく実現できることに感動しました。そして、オーストリアの若きデモ、ヨハンと滑ることができたのも忘れられません。
 
 

2011年12月29日(木)更新

感謝をこめて~2011年 久米 信行 十大ニュースと新たな決意

縁者のみなさまのあたたかいご支援と叱咤激励のおかげで 
この恐ろしい1年を、何とか乗り切ることができました。 
 
心からの感謝をこめて、深く御礼申し上げます。 

「気仙沼」昭和の街並み路地裏ツアー(東日本大震災直前)
 震災5日前に「気仙沼」で講演をしたご縁が私の人生を変えた

 
2011年は、おそらくは日本史においても、
そして、ささやかな自分史においても
決して忘れられない年になるでしょう。
 
 目を覆うような 悲惨な天災 
 目を疑うような 無慈悲な人災
 
 有事にも 自分より他人を思いやる 美しい日本人 
 有事でも 自分のことしか考えない オゾマシイ日本人  
 
おおよそ、両極端の物事、いつもなら影に潜んでいた物事を
一度につきつけられて、あやうく正気を失いかけました。
 
 
今年は、間違いなく、私の48年間の生涯の中で
一番多くの涙を流した年でした。
 
 ある時は、哀しみの涙。
 ある時は、怒りの涙。
 
この文を書きながらも涙がこみ上げてきます。
 
 
私は、波瀾万丈の武者修行時代に
そして、失われた二十年に
 
自我崩壊や倒産の危機も含めて、
あらゆる苦難に耐えうる強かな心を
養ったつもりでおりました。
 
しかし、まだまだ道半ばでした
 
「天は試練を与えたもう」
 
3.11以降に明らかにされた「日本の姿」を見て、
これから残された人生をかけて取り組むべき「宿題」が
目の前にいくつも積み上げられたと感じました。
 
毎年恒例の、私の十大ニュースの形で振り返りながら、
新年への決意を申し述べさせていただきます。 
 
◎━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━● 
 今年の十大ニュース「震災と原発事故:哀しみと怒りの涙を超えて」
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◎ 
 1■八戸、気仙沼を訪ねた直後、3.11東日本大震災で第二の故郷が被災 
 2■ISEP10周年イベント直後、3.11福島原発事故で恐ろしい現実を知る
 3■震災で東京スカイツリー完成も無視、東京の観光が大打撃で無力化
 4■震災でイベントも立ち消え売上激減、三奉行の新規開拓で黒字
 5■日本財団×CANPANセンター、民が民を救うソーシャルな力が結集 
 6■「仕事と人生が同時に上手くいく人の習慣」「コミュ力の鍛え方」 
 7■日本発ものづくり提言プロジェクト×工場見学×シンポジウム
 8■あるべき日本の未来を示す童話「福島原子力村 七人の侍」を執筆
 9■マスコミ大本営発表とソーシャルメディア勃興でメディア感性磨く
 10■尊敬する師匠との別れ、再会、そして新しい師匠との出会い
◎━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━● 
 
◎━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
 1■八戸、気仙沼を訪ねた直後、3.11東日本大震災で第二の故郷が被災 
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◎

 

 地域おこしセミナー講師として、2月と3月に大好きな八戸、気仙沼を
 訪ねました。第二の故郷のために何ができるかを考え、将来、第二の
 人生を捧げようと思った矢先に、3.11の大震災が起きてしまいました。
 
 その後、宮城県山元町はじめ、いくつもの被災地とのご縁も生まれ、
 私たち以上に元気な社会起業家のみなさんとの出会いで触発されました。
 
 これから、10年以上かかるはずの復興で、本業のTシャツのみならず、
 有形無形の支援を考えて、お役に立てる方法を真剣に考えて実行します。
 
 
◎━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
 2■ISEP10周年イベント直後、3.11福島原発事故で恐ろしい現実を知る
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◎

 

  わがグリーン電力の師 飯田哲也先生の環境エネルギー政策研究所
 (ISEP)10周年記念パーティで、日本の自然エネルギー普及が進まぬ
 現状を憂いた矢先に、あの忌まわしい福島原発事故が起きました。
 
 原発事故ひとつで福島県のみならず東日本一帯を長期間汚染すること、
 地震活動期入りで一触即発の原発が日本中にあること、海外ではいち早
 く自然エネルギーへのシフトが進みつつあること、しかし政官産学報
 原発複合体とも言える利権構造が変革を拒むことに衝撃を受けました。
 
 これからは、脱原発を超えて、自然エネルギー地産地消時代を見越して
 地域発の戦略的エネルギーシフトにも関わり、貢献していきます。
 
 
◎━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
 3■震災で東京スカイツリー完成も無視、東京観光が大打撃で無力化
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◎

 

 墨田区観光協会理事・東京商工会議所観光委員を拝命し、東京スカイ
 ツリー完成に向けて努力を続けています。しかし、世界一の高さになる
 直前に、3.11の震災が起こって、報道なし注目なし来客なしの三重苦。
 
 昨年APEC中小企業サミット代表として訴えた、海外からのお客様向け
 東京観光×中小企業ものづくりブランド計画は、原発事故で一気に霧散。
 最短でも3年遅れで、失意のどん底をさまよいました。
 
 それでも、地元のもの作り仲間や、全国の地域おこし仲間と、まずは
 国内のお客様に、やがては海外からのお客様も魅了する東京にします。
 
  
◎━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━● 
 4■震災でイベントも立ち消え売上激減、三奉行の新規開拓で黒字
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◎

 

 
 震災に見舞われながら、仕入れ先や千葉と埼玉の自社工場は無事でした。
 しかしながら、東北地方はもちろん東京でも例年行われTシャツを使って
 いただけるイベントが無くなり、お客様の店頭での売上も激減しました。
 
 そんな逆境下、久米繊維の三奉行、竹内さんは被災地やNPOを支援する
 Tシャツ、村上さんは日本酒を通じた被災地支援Tシャツ、甲斐さんは
 地域おこしのチャリティTシャツを広めて、黒字化に尽力してくれました。
 
 引き続き、被災地支援や社会貢献と、日本ならではの「ものづくり」
 三方良しの商品販売を実現する、新しい企画を進めていきます。
 
 
◎━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━● 
 5■日本財団×CANPANセンター、民が民を救うソーシャルな力が結集 
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◎
 
 

 私がもうひとつのライフワークとするNPO/NGO支援のネットワーク
 日本財団の公益コミュニティCANPANが震災支援で機能を果たしました。
 
 今日現在38億円を超える寄付と、心あるボランティアの力を集めながら、
 政府も持たない「健全で実行力のあるNPO/NGO」データベースを駆使、
 速やかに資金×物資×人材を提供して、被災地での活動を支援したのです。
 
 今回の震災と原発事故では、命よりも利権に固執する政府・官僚・原発
 系大企業に深く失望しました。一方で、心ある社会起業家と若者たちと、
 民が民を助けるソーシャルネットワークの大きな可能性を確信しました。
 
 
◎━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━● 
 6■マスコミ大本営発表とソーシャルメディア勃興でメディア感性磨く
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◎ 

 
 今年一番驚いたのは、日本のエリート(だと自分で思っている人たち)
 が、まだ第二次世界大戦「失敗の本質」に学んでいなかったことです。
 
 大本営発表のようなマスコミ情報操作が、半ば自主的に行われたことに
 驚きましたが、時まさに、twitter、facebook、YouTube等ソーシャル
 メディアが勃興期を迎えており、市民参加型社会がついに実現します。
 
 ICT活用を、社会的弱者と思われてきた個人、中小企業、NPO/NGOに
 広めるのがライフワークですが、きっと弱者と強者が逆転するでしょう。
 
 
◎━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━● 
 7■日本発ものづくり提言プロジェクト×工場見学×シンポジウム
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◎ 

 

 
 
 今や繊維製品の国内自給率は4%という危機的な状況ですが、一方で
 国内外の目利きからは、日本のものづくりに期待が寄せられています。
 そこで、日本発ものづくり提言プロジェクトが発足しました。
 
 カイハラ貝原良治会長、エドウイン小林道和さんのご案内と、小高 集
 さん、小高 朋子さんの取材協力で、工場見学と究極のデニム製作が実現。
 日本ならでは愛ある「ものづくり」ムービーをイベントで放映しました。
 
 このプロジェクトを通じて、日本でこそ創り得るものとは何か深く考え
 まだ国内で「ものづくり」を続ける勇気と元気が湧いてきました。
 
 
◎━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━● 
 8■「仕事と人生が同時に上手くいく人の習慣」「コミュ力の鍛え方」 
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◎ 

  

 
 3.11震災の前の上梓ですが、2冊の新著を出版させていただきました。
 おかげさまで、気がつけば、これで10冊目の著書になりました。
 
 その後も、いくつかのリクエストをいただいていたのですが、震災後は
 心に暗雲がたれ込め、とても自己啓発本など書く気になれませんでした。
 
 しかし、そんな私でも励ましてくれる人がいたおかげで、1月の終わりに
 若い人向けに、脳のパラボラ力と心のズーム力をテーマに出版いたします。
 来年も2~3冊のペースで、元気の出る本を書き上げていきたいです。
 
 
◎━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━● 
 9■あるべき日本の未来を示す童話「福島原子力村 七人の侍」を執筆
   http://blog.canpan.info/fukushima2050/
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◎ 


  

 福島原発事故後の政府の対応と、原子力ムラの利権構造に憤りをおぼえ
 福島の子供たちが次世代の日本のリーダーになるというSFファンタジーを、
 4月末から10月上旬にかけて、ほぼ毎日書き続けました。
 
 あるべき日本の未来と、そこに至るロードマップを書いたつもりです。
 何度も挫折しかけましたが、真剣に読んでくれた愛ある読者のおかげで、
 何とかネット上でラフスケッチを書き上げることができました。
 
 来年の3月11日に出版できますように、年末年始に推敲と清書を重ねて
 まいります。マンガ、アニメ、外国語版などで多くの人の目に触れることと
 その収益を使って、福島の子供たちのための基金を創ることが私の夢です。
 
 
◎━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━● 
 10■尊敬する師匠との別れ、再会、そして新しい師匠との出会い
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◎ 
 今年は、心から敬愛する師との、辛いお別れがありました。
 
  NPO道・社会起業家道の師    加藤 哲夫さん 
  セールス道・人間関係道の師    笠 榮一さん
  未来学・フィランソロピー道の師  林 雄二郎さん
 
 その一方で、ソフト化経済センター客員研究員時代に師事した
 日下 公人先生と、社会貢献支援財団で再会して大感激、
 日下スクールにも通って、再び学ぶようになりました。
 
 さらに、長年、ラジオを愛聴してきた吉田 照美さんが、3.11以後
 勇気ある発言を、上杉 隆さん、アーサー・ビナードさんと続けており
 放送やネットを通じて、メディアリテラシーと志について学んでいます。
 
 それ以外にも、こんな時だからこそ、勇気ある活動を断行されていて
 この人から生涯学びたいという方々と、数多く出会うことができました。



 
 
今、振り返りましても、今年は文字通り「陰の極」
大変な年でありました。
 
しかしながら、これからやるべきこと、共に動くべき人などが、
より明確になった年でもありました。

そして、ワールドシフトが起きた年と
後に記憶されることになるでしょう。

 
気がつけば、私の人生をマラソンに例えるなら、もうすぐ30km地点。
一番辛い時でもあり、これからラストスパートを狙う時でもあります。
 
この半年間で、私は、体幹トレーニングなどで身心を鍛え、
体重9kg 体脂肪率5%を落として、体内年齢で26歳まで若返りました。
 
あとは、知見や洞察力はそのままに、
知的体力も感動する力も20代を目指して参ります。

 
日下 公人先生も「来年は日本がモテモテになる年」だと
力強い予測をされています。
 
これまで培ってきたことも、これから学ぶことも生かしながら、
世のため、未来の子供たちのために、力を尽くしてまいります。

 
今後とも、引き続きご高導の程、
よろしくお願い申し上げます。
 
縁者のみなさま
どうぞ良いお年をお迎えくださいませ。
 
 
 
平成23年12月
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
久 米 信 行 nobu.kume@nifty.com Profile>>http://bit.ly/kE1W3y
        twitter: @nobukume  facebook&YouTube:nobukume
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□□■□□■ 久米繊維工業(株) 代表取締役 http://t-galaxy.com
■□□□□□■               http://kume.jp/
■■□□□■■ 国産Tシャツメーカー<LOHASPAS=健.美.和.笑.環STYLE>
■■□□□■■ ISO14001/GREEN電力/オーガニックコットン/IT経営百選
■■□□□■■ 創業1935年 久米繊維謹製 [色丸首][生成丸首][楽]
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〒130-0012 東京都墨田区太平3-9-6 T:03-3625-4188 F:03-3625-2695
>>錦糸町B食MAP http://www.t-galaxy.com/company/mbisyoku.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メルマガ 【縁尋@奇妙】http://www.melonpan.net/mag.php?003030
アマゾン 【著者ページ】http://amzn.to/ohUO9Z
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
社長ブログ【経営者会報】http://kume.keikai.topblog.jp/
公益ブログ【明大商学部】http://blog.canpan.info/meiji_venture/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
社)墨田区観光協会 特)CANPANセンター 社)社会貢献支援財団 理事 
 

2011年06月02日(木)更新

【学生・社会人との毎週一問百答】第232弾は「二世、三世の活躍」について

⟨質問⟩----------------------------------------------------

 

 どうして有名になった政治家や経営者の二世、三世は

 大きな活躍をしないのでしょうか?

 親よりも活躍するには何が必要だとお考えになりますか?

 

           (明治大学商学部 有賀将大さん)

 

--------------------------------------------------------------


二世、三世であっても
立派なリーダーはたくさんいらっしゃいます。

例えば、私が最も尊敬する経営者、クラボウ中興の祖
三方良しのCSR経営を先取りした大原孫三郎氏は、
大地主で倉敷紡績を営む父を継いだ三男で二代目です。

 クラボウ人物伝> http://www.kurabo.co.jp/sogyo/
 ウィキペディア> http://bit.ly/a4qTXT



 城山 三郎「わしの眼は十年先が見える―大原孫三郎の生涯」
 http://amzn.to/jh6utw


また、無党派の私が、今、尊敬する政治家、
独自の脱原発メッセージを発信し続ける河野太郎氏は、
祖父、父が衆議院議員の家系の三代目です。

 河野太郎公式WEB http://www.taro.org/
 ウィキペディア> http://bit.ly/fOdcG0



 河野 太郎「私が自民党を立て直す」
 http://amzn.to/kAY1zu


うまく反骨精神が芽生えれば、大化けするのが二代目三代目。
とはいえ、偉大な父の後継者が伸び悩みやすいことも事実です。

その理由を私なりに考えますと、

 1)豊かな中で育てば、ハングリー精神がなくなりがち
 2)甘やかされて育てば、ひ弱になりがち
 3)なまじ高学歴になると、頭でっかちで行動停滞しがち
 4)側近取り巻きが、新しいことを許さない
 5)偉大な親と比べられると、いじけがち

といったところでしょうか。

しかし、うまく転じれば、

 1)豊かさの中で育てられた意味を知り、社会に還元する
 2)自分の弱さを自覚して、権力の及ばぬ現場で自ら鍛える
 3)良い師にめぐりあって、哲学と知性も兼ね備える
 4)側近取巻き以外の、新たなネットワークを作って打破
 5)親の素晴らしさを理解し感謝しつつ、新たなことに挑む

ということになるでしょう。


要は、自分の心がけ次第です!

2011年04月11日(月)更新

東日本大震災1ヶ月:私たち久米繊維ができること~支援方針について

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◎天啓1:東日本大震災の前に気仙沼や八戸に導かれたご縁
◎天啓2:関東大震災と東京大空襲被災地「墨田区」に生まれたご縁
◎7つの寄付方針:広く浅い義援金よりも、すぐに現地に届く支援金を
◎末長い事業支援:毎年被災地の人が笑顔になり雇用と住民を増やす支援
◎親子で元気になるお絵描き&Tシャツワークショップ→チャリティアート展
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


3月11日の、東日本大震災発生から一ヶ月が経ちました。
あらためまして、犠牲となられた数多くの方々のご冥福と、
被災地の復興、故郷への帰郷を、心よりお祈り申し上げます。

この一ヶ月、大震災の被害が、私たちの周囲、縁者のみなさまにも、
少しずつ確実に広がっていくことを実感いたしました。

深い悲しみや、将来への止めどない不安に悲嘆しながら、
今私たちが、法人で個人で何ができるかを悩んで参りました。

その一方で、日本国内はもとより海外から湧き起こった
有形無形の様々な支援の力に大いに勇気づけられ、

連絡が取れた被災地の経営者やNPOリーダーからは、
逆に元気な声で励まされました。

中小企業と一個人では、できることに限りがありますが、
縁者のみなさまとも恊働をしながら

一過性のチャリティではなく、
5年10年と長きにわたって、

被災地のお役に立てますことを、
公私共々、懸命に考えて行動して参ります。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◎天啓と誓い:東日本大震災の前に気仙沼や八戸に導かれたご縁
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

私は、震災の5日前に、気仙沼に町おこしの講演でお招きいただきました。
http://blog.canpan.info/orange-orange/monthly/201103/4

懐かしくも美しい街並みと自然に、やさしい人々の笑顔に心打たれて、
きっと、気仙沼もみなさまと生涯のおつきあいになると直感いたしました。
http://www.youtube.com/watch?v=fqTHHtAf1HQ

また、数年前から、八戸の町おこしのお手伝いのご縁をいただきました。
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/Watcher/20061120/254142/

亡き父との最晩年の旅では、八戸から宮古へ海外沿いに訪ね歩き、
今年2月の「えんぶり」には親子三代で感激、もはやもう一つの郷里です。
http://kume.keikai.topblog.jp/blog_detail/id=10007864


その直後、テレビのニュースで、あの美しい町が、港が、津波や火災で
壊滅的な打撃を受けたことを知り、震えと涙が止まりませんでした。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◎天啓と誓い:関東大震災と東京大空襲被災地「墨田区」に生まれたご縁
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

私が生まれ育ち、今も生業を営む、東京の下町「墨田区本所地区」は
関東大震災と東京大空襲で、この百年間に二度も焼け野原になった町です。

今は亡き祖父が関東大震災で逃げ込もうとした「本所区被服廠跡」は
一箇所で東京の犠牲者の半数近い、4万余名が亡くなられた場所でした。
http://www.kmine.sakura.ne.jp/shinsai/shinsai.htm

そして、東京大空襲では、今も美しい桜が咲き誇る錦糸公園は
身元不明の戦災者のご遺体が、1万体余りも仮埋葬されたそうです。
http://blog.goo.ne.jp/12240106/e/5fe00f3d2599aa9d8d4133b39fc5d759

ですから、幼少期には家族総出で、毎年3月10日と9月1日に開かれる
東京都慰霊堂の慰霊祭にお参りをするのが習わしでした。

そして焼け野原から復興した奇跡
=先人の偉業を子供心に実感して育ったのです。


東日本大震災の直前に、気仙沼や八戸を訪ねたのも
関東大震災で最も厳しい被害にあった、本所に生まれ育ったのも、
これからの私の進むべき方向を示す天啓だとしか思えません。

微力ではありますが、今できることから少しずつ始めて
生涯にわたって継続できるご支援を続けて参りたいと存じます。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◎【7つの寄付方針】広く浅い義援金よりも、すぐに現地に届く支援金を
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

私たち久米繊維工業は、環境方針などにもNPOとの恊働を明記して、
これまでも、さまざまな社会貢献事業を一緒に進めて来ました。
http://www.t-galaxy.com/ecology/

また、私も社員も多くのNPOに個人的に関わっており、今回もNPO活動
=民による民の支援が、地域再興に欠かせないこともよく存じております。
http://blog.canpan.info/meiji_venture/biography

そこで熟慮を重ねた上で、私たちは、被災地への寄付を差し上げる際に
次の「7つの基本方針」を決めました。

 1)前期の純利益の1割を目安にして、寄付金の総額を決める
 2)1回限りの寄付ではなく、資金×情報×事業で継続的に支援する
 3)広く浅く時間のかかる義援金より、現地NPOにすぐ届く支援金にする
 4)寄付をする先は、ご縁がありリーダーを良く知っているNPOにする
 5)活動報告がネットを通じて透明かつ速やかに発信されるNPOにする
 6)現場で活躍するNPOを熟知した中間支援NPOを中心に寄付をする
 7)法人の免税基準の制約を超える時には、免税財団を活用する


 ★参考文献:日本財団会長ブログ「義援金より支援金を!その違い」
  http://blog.canpan.info/sasakawa/archive/2960


ささやかな寄付金だからこそ、「義援金と支援金」の違いや
日本特有の「税制と分配の仕組み」をよく理解した上で、
被災者のみなさまに「有効かつ速やかに活用」していただきたかったのです。

第一回の寄付をさせていただいた支援先と、寄付の理由は次の通りです。

 1)日本財団CANPAN基金 100万円  
   https://canpan.info/open/news/0000006465/news_detail.html

  心あるNPOとCSR企業の情報を結集した日本有数の公益情報ネットワーク
  CANPANを活かして、阪神淡路等の経験を元にNPOに直接支援金が届くこと
  CANPANセンター理事を私も勤め、NPO活性化をライフワークにしていること
  笹川陽平会長や優秀なスタッフと面識があり、震災後のブログに感動したこと
  遺族に速やかに5万円ずつ手渡すなど、使い道の開示と行動が素早いこと
  免税財団なので、資本金や収益に基づく免税基準を超えて、寄付ができること

 2)せんだい・みやぎNPOセンター 10万円 
   http://fuda.jp/saigai/donation

  今回、最も深刻な震災被害に見舞われた宮城県、仙台を拠点にしていること
  創設者の加藤哲夫さんを中心に、スタッフの方々をよく存じ上げていること。
  地元NPOの活動を熟知してデータベース化し、網羅的に支援していること
  昨年、同団体のNPO向け講演に呼ばれ、直前の気仙沼講演もご一緒していたこと
  同団体の仙台の施設とネットワークが、今後実施を予定しているアーティスト
  ×NPO×弊社など企業恊働の継続的な地域再建イベントに欠かせないこと 

 3)オルタナ基金 10万円 
   http://www.alterna.co.jp/4894

  心あるNPOとCSR企業を支援する雑誌発行とネット発信を実践していること
  編集長の森 摂さん自らいち早く東北を見て回り、支援活動を進めていること
  森さん、スタッフ、賛同する経営者と面識があり、信頼、尊敬できること
  基金を手渡すNPO10団体が明記されていて、各団体の活動が尊敬できるにこと
  同団体の雑誌・ネット媒体とネットワークが、今後実施予定のアーティスト×
  NPO×弊社など企業恊働の継続的な地域再建イベントに欠かせないこと 

 4)日本酒造組合中央会 10万円
   http://www.japansake.or.jp/
 
  日本の農と水を、技と地域文化を守り続ける全国の酒蔵と、弊社と恊働で
  日本酒Tシャツ百選の企画と発信を進めている矢先の震災だったこと
  酒蔵と日本酒関係者による、酒蔵のための支援であることが明確であること
  被害が大きな蔵元から重点的に支援するため支援金が有効活用されること
  今後同団体が進めていく支援事業も積極的に支援していく予定であること

 5)東京商工会議所 10万円
   http://www.tokyo-cci.or.jp/notice.html
 
  今回の大震災が、地元中小企業の経営に与える被害は想像を超えていること
  焼け太りの大企業や利権企業ではなく、無名の地元中小企業を応援したいこと
  日本商工会議所を通じて、各被災地の商工会議所に直接分配されるのが明確なこと
  今後の復興に、商工会議所の復興と自治体やNPOとの連携が欠かせないこと
  同じ中小企業経営者、地元商工会議所役員として、その活動に共感できること


 その他、直前に気仙沼にお招き下さったNPO法人ネットワークオレンジから
 具体的に、画材やラジカセなどの品目別のリクエストが届きました。

 そこで久米繊維からは画材など教育資材を、
 私個人と個人法人からは10万円とラジカセ+音楽を寄付しました。

 また、各社員も応援するNPOなどに寄付をしているようです。
 それらは、各自の判断に任せて、集計や管理はいたしておりません。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◎末長い事業支援:毎年被災地の人が笑顔になり雇用と住民を増やす支援
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

私たちは、これまでも、数々のチャリティTシャツや、NPO/地域支援の
ためのTシャツ製作のお手伝いを、長年にわたって続けてまいりました。

今回も、心ある企業やNPOのみなさまと一緒に、懸命に本業の
Tシャツづくりを通じてチャリティの支援をさせていただきます。

しかし、ひょっとしたら、震災発生から3ヶ月もすると、
チャリティブームは去ってしまうかもしれません。

それでも、私たちは末永く支援活動を続けて参ります。

いまやニット製品の国内での自給率が5%とも言われ、
日本のものづくりの伝統が日本から途絶えようとしています。
http://www.senken.co.jp/advertise/monodskuri.htm

東北の繊維製品産地も大変な痛手を受けておりますが、
ものづくり企業同士で連携しながら頑張ります。

そして「復旧」と同時に「復興」のための活動も、
本業やネットワークを通じて、続けて参ります。

震災直前にお聴きした気仙沼のみなさんの悩みは、
震災の復旧が終わっても解決できないからです。

 1)若い人が地元で楽しく働ける
 2)地元で楽しい参加型アートイベントなどが開かれる
 3)アンテナが立った人たちが地元を好きになって訪ねる
 4)外から来た若者が商店街や郊外に素敵な店を開く
 5)みんなが交流できるサロンやイベントがある
 6)毎年来てくれて、故郷のように思う人が増える
 7)都会や海外から住み移る人が増える


そんな「真の復興のお手伝い」ができないかと、
尊敬する師匠や縁者のみなさまが続々と知恵とお心を
お寄せくださっているのです。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◎親子で元気になるお絵描き&Tシャツワークショップ→チャリティアート展
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

まずは、NPOや地元企業支援の拠点となるはずの

 せんだい・みやぎNPOセンター
 八戸ポータルミュージアムはっち

の縁者に以下のメールを、先週配信したばかりです。


▼▼▼

せんだい・みやぎNPOセンター 加藤さん 紅邑さん
八戸ポータルミュージアムはっち 相模さん

cc:チャリティTシャツで東北を継続的に応援しようとしている皆様

 こんにちは!久米繊維/t-galaxy.com 久米 信行です!

 今回の東日本大震災、心よりお見舞い申し上げます。

 (縁者のみなさま、大量CCで申し訳ございません。)

 私が尊敬する縁者のみなさまが、
 東北のみなさま、特に子供たちが笑顔になるための
 数々のお絵描き系アート系Tシャツチャリティ企画を
 真剣にお考えになっています。
 
 私の講演でも、いつもご紹介しております

 砂浜美術館Tシャツアート展では
 黒潮町と気仙沼は、もともとカツオ漁で親交が厚いそうで
 アーティストと連携した支援を考えられていますし
 http://sunabi.com/doc/tshirt.html

 JMAA×日本財団チャリティTシャツアート展は
 東北支援での巡回展とワークショップを考えていらっしゃいます。
 http://t-art.jmaa.info/

 それから、チーム3ミニッツの太田空真さんは
 被災地の子供たちに、Tシャツ型の画用紙とクレヨンを
 無償提供される活動をすすめています。
 http://team3m.jimdo.com/

 さらに、デメ研の橘川幸夫さんはペアルックTシャツ
 トム・ヴィンセントさんと東泉一郎さんはTOGETHER Tシャツなど
 独創的な参加型・草の根支援型の企画をお考えになっています。

 みなさん表現と活動は微妙に異なれど、熱い心意気を抱き
 単なる一過性チャリティではない、楽しくも継続的アイディアを
 お持ちで、心を打たれます。

 そこで、考えましたのは

 みなさんで相互に協力しながら、

 まずは、地元の心あるNPOやCSR企業とネットワークを持ち
 合わせて、素晴らしい活動拠点を持つ

 せんだい・みやぎNPOセンターのみなさん
 八戸ポータルミュージアムはっちのみなさんに

 1)ワークショップや展示の場所のご提供
 2)地元の子供たち×被災地のNPOリーダーや学校の先生への呼びかけ

 などをお願いして、

 ワークショップの楽しさを実感していただきながら
 楽しい作品と笑顔の数々を、展示やネットで広げながら
 その活動の「進め方」を広めていく

 各プロジェクトで知恵を出しながら

 資金やサポートが継続的に回る仕組みを考えて

 (一番、望ましい方法は、

  被災地以外の賛同者が2枚分お金を出して
  被災地の子供が1枚作れる

  被災地以外の学校で1クラス作ると
  被災地で1クラス作れる

  ような仕組みだと、多くの縁者が考えられています)
  

 材料、ワークショップのテキスト、講師などをご提供しつつ、

 各プロジェクトが、被災地から被災地へ、学校から学校へと
 広がっていくような支援の輪を考えていきたいと思います。

 そして、復旧が終わった後も、

 砂浜美術館のTシャツアート展のように
 各地の人が笑顔で誇れて、全国全世界の人たちと交流でき
 毎年楽しみにできて住む人が増えるようなイベントが

 東北各地に、自立分散型で育っていけば良いと願っています。

 どんなペースで、どんな形で始めれば良いかは

 被災地の状況を肌で感じている仙台や八戸のみなさんの
 アドバイスで進めるのが一番かと存じます。

 被災地支援で大変かと存じますが、
 ぜひともご助言をいただければ幸いです。

▲メールおわり



まだまだ構想の域を出ておりませんが、
必ずや時間をかけて実現して、

学校から学校、被災地から被災地に、
笑顔の輪を広げて参りたいと存じます。

連休明けには、私も被災地を訪ね、
今秋の社員旅行は、みんなで東北の友人たちを訪ねようと
東北の素晴らしさを広めようと考えております。

今後とも、メール縁者のみなさまとも恊働しながら
一歩ずつ進んで参ります。

どうぞよろしくお願いいたします。


久米 信行拝

2011年01月11日(火)更新

2011年 久米繊維スタッフの決意表明ブログ一覧 

2011年は、久米繊維スタッフが独自のプロデュース事業で勝負する年!
ひとり一人が強い決意で新年を迎え、熱い想いをブログに綴りました!


>映像に出てくるTシャツでご購入いただけるもの
 久米繊維 女子会望月鶴川 坂本龍馬葛飾北斎Room to Read


甲斐 誠 書Tシャツプロデューサー
┗http://makomako.miyachan.cc/e220578.html

盛本 純子 久米繊維直営オンラインストア店長/動画制作担当
┗http://ameblo.jp/morimotojunko/entry-10758553096.html

オンダ アヤコ Amazon.co.jp久米繊維店長/商品開発担当
┗http://enpitsu.gifulog.com/e331039.html

竹内 裕 エコ&NPOTシャツプロデューサー
┗http://takeuchi.hama1.jp/e889642.html

なかじま あや Web・メルマガ編集長
┗http://ameblo.jp/nakume/entry-10759703073.html

村上典弘 日本酒Tシャツプロデューサー
┗http://murakami.tencho.cc/e53624.html

久米 信行 久米繊維工業株式会社社長
┗http://kume.keikai.topblog.jp/blog/102/10023385.html

 久米繊維スタッフが目指す独創的なプロジェクトにご注目いただき
 ブログやメルマガもご愛読いただけますようお願い申し上げます。

--
♪日本でこそ創りえるTシャツを 世界へ 未来の子供たちへ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
久 米 信 行 nobu.kume@nifty.com twitter:@nobukume
        http://kume.keikai.topblog.jp http://nobukume.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□□■□□■ 久米繊維工業(株) 三代目社長 http://kume.jp
■□□□□□■
■■□□□■■ 国産Tシャツメーカー
■■□□□■■ ISO14001/GREEN電力/オーガニックコットン/IT経営百選
■■□□□■■ 創業1935年 久米繊維謹製 [色丸首][生成丸首][楽][無垢]
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ Tシャツストア http://t-galaxy.com/
◇ オリジナルプリント http://bit.ly/8tWtyJ
◇ Amazon久米繊維ストア http://amzn.to/g4XYf8
◇ YouTube久米繊維 http://www.youtube.com/user/kumetokyo1935
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〒130-0012 東京都墨田区太平3-9-6 T:03-3625-4188 F:03-3625-2695
>>錦糸町B食MAP http://www.t-galaxy.com/company/mbisyoku.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2011年01月05日(水)更新

2011辛卯の年「年始のご挨拶」中小製造業が生き残る7つの理由

 久米繊維ビルと東京スカイツリー

 旧年中はご高配を賜り本当にありがとうございました。
 本年もどうぞよろしくお願いいたします。

◎━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
  今年の干支は「辛・卯(かのと・う)」
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◎

 氏神さまや崇敬する神社の宮司さまによれば
 時に痛みも伴う大乱や大革新が予想される一方で、
 その先に希望の灯りが見える年回りだそうです。

 60年前の1951年は 三原山噴火という天変地異と
 サンフランシスコ平和条約と日米安保条約の締結がありました。

 おそらく、東京スカイツリーの完成と時を同じくして
 新しい国際社会や国内の枠組みの片鱗が姿を現わして
 後年「潮目が変わった」と記憶される1年になるでしょう。

 今年は卯年で私は年男でもあります。

 社長として、家長として、
 社員や家族と気持ちを一つに
 やるべきことを一歩ずつ進めたいと存じます。

 久米繊維プレスルーム2011賀正1


◎━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
  2011年 日本製造業が しぶとく しあわせに生き残る 7つの理由
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◎

 年末年始の経済記事や番組を見ておりますと
 円高・米中経済の行方・少子高齢化等の論点が目につきます。

 そこで、少し視点を変えまして、

 年末に「e製造業の会」でお話をさせていただいた
 講演の骨子をご紹介させていただきます


 ■理由1:中小企業向け金融
  貸し渋りの悪夢は去り、政策金融による各種のセーフティネット
  長期低利固定融資が、まだ機能している(ただし3月まで?)

 ■理由2:海外生産との競争力
  中国の原料×賃金高騰と内需志向に加え、将来の元高円安予想で
  大混乱が発生し、対中国との競争力が接近しつつある(3年後均衡?)

 ■理由3:海外市場への展開
  中国のみならず、世界中で中高級品市場が拡大し
  クールジャパン商品の需要も高まる(国内の供給力は?)

 ■理由4:観光立国への対応
  将来、年間2000万人もの外国人旅行客が来日した時に
  自社or関連商品を好きになってもらえる(2020年目標前倒し?)

 ■理由5:オタク的市場の拡大
  大企業・外資系企業では対応が難しいニッチでマニアックな市場が
  そこかしこに現われつつある(少量高付加価値リピート市場!)

 ■理由6:CSR企業とNPOとの恊働
  心ある中小企業とCSR先進企業やNPO法人との恊働で
  一部の賢い生活者が共感してくれる。発信してくれる(ネット市民!)

 ■理由7:ソーシャルメディアの普及

  無料or格安で、みんなで使い合う市民広報宣伝ツールを
  ゲリラ的かつ有効に活用できる(スマートフォン普及で加速!)

  *詳しい内容やTO DOについてはレジュメをご参照ください。

 
pdf.gif
2011_7reasons.pdf



◎━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
 子供たちに何を残すか?~名画「てぃだかんかん」に学ぶ
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◎
 お正月に、実話に基づいた素晴らしい映画を見ました。

 51f44ER0QuL._SL500_AA300_.jpg
 「てぃだかんかん~海とサンゴと小さな奇跡~

 未来の子供たちに美しい海を残すために、
 すべてを投げ打ち、数々の障害を乗り越え、
 サンゴの養殖に挑戦する家族と仲間たちの話です。

 海を汚し、サンゴを死滅させてきたのも人間。
 それに気づいて、サンゴを増やそうとしているのも人間。
 
 子供たちには「昔は海がきれいだった」と嘆いても
 孫たちには 「昔は海がきたなかった」と誇りたい

 そんな映画の主人公と同じように、

 今や、風前の灯火になりつつある「日本の手仕事」を
 子供や孫たちの世代に残したい、誇りたいと
 心から思いました。

 久米繊維プレスルーム2011賀正Tシャツ展

 私たちも「日本でこそ創りえるTシャツ」を
 世界へ、未来の子供たちへ発信する準備が整い
 いよいよ次の段階へ一歩踏み出す覚悟です。

 今年も引き続きご高導の程
 心よりお願い申し上げます。

             久米繊維工業 三代目
               久 米 信 行 拝

--
♪日本でこそ創りえるTシャツを 世界へ 未来の子供たちへ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
久 米 信 行 nobu.kume@nifty.com twitter:@nobukume
        http://kume.keikai.topblog.jp http://nobukume.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□□■□□■ 久米繊維工業(株) 三代目社長 http://kume.jp
■□□□□□■
■■□□□■■ 国産Tシャツメーカー
■■□□□■■ ISO14001/GREEN電力/オーガニックコットン/IT経営百選
■■□□□■■ 創業1935年 久米繊維謹製 [色丸首][生成丸首][楽][無垢]
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ Tシャツストア http://t-galaxy.com/
◇ オリジナルプリント http://bit.ly/8tWtyJ
◇ Amazon久米繊維ストア http://amzn.to/g4XYf8
◇ YouTube久米繊維 http://www.youtube.com/user/kumetokyo1935
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〒130-0012 東京都墨田区太平3-9-6 T:03-3625-4188 F:03-3625-2695
>>錦糸町B食MAP http://www.t-galaxy.com/company/mbisyoku.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

2010年12月30日(木)更新

2010年 感謝と感激の嵐:久米 信行の 個人的十大ニュース

2010年も、縁者のみなさまの温かいご支援のおかげで
厳しくも楽しい有意義な1年を送る事ができました。

心より御礼申し上げます。

毎年恒例でありますが、会社の十大ニュースに加えて
個人的な十大ニュースを振り返ってみます。

◎━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
 1■闘病中の父と同じ仕事場で働き、間近で看取る
 2■APEC中小企業サミットの日本代表パネリストの1人に
 3■すぐやる技術シリーズ4部作「やり抜く技術」で完結
 4■墨田区が東京スカイツリーで大ブレイク、観光セミナーで全国講師
 5■明治大学ブログ起業論教え子が、東国原知事に会い、毎日RTに登場
 6■絶版「メール道」を大幅加筆した「ビジネスメール道」発刊
 7■日本財団×CANPANでソーシャルメディアフォーラムを初開催
 8■尊敬する縁者が6人登場「しあわせな仕事の見つけ方、つくり方」
 9■HONDA CR-Z & NISSANエルグランドRIDERに乗換え
 10■twitter × YouTube × USTREAM にハマって仲間作り
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◎

 こうして振り返れば、1年前には予想していないことばかり。
 だから人生は面白く、哀しく、味わい深いのでありましょう。

◎━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
 1■闘病中の父と同じ仕事場で働き、間近で看取る
  http://kume.keikai.topblog.jp/blog/102/10022823.html
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◎
 昨年の暮れに、末期がんで余命3ヶ月の告知をされた父と、
 この一年は、父の執務室に机を移して顔を見ながら働きました。

 おかげさまで、仕事のことや人生のことについて
 時に笑い、時にしみじみしながら、深く語り合うことができました。

 11月21日に、父は家族に看取られて他界しました。
 そして、私が久米繊維の社長としてのみならず、
 家長として重責を担うことになりました。

 これまで教えを受けたこと、遺言として託されたことを
 これから一つずつ実践して、父の遺志に応えたいと思います。


◎━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
 2■APEC中小企業サミットの日本代表パネリストの1人に
  http://kume.keikai.topblog.jp/blog/100/10022539.html
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◎
 なぜか、私が、横浜で開催されたAPECの中小企業サミットで
 日本代表パネリストを務めることになりました。

 その席で、発展途上国や新興国の中小企業でありながら、
 大志を抱いて世界に進出し、自国の雇用、経済発展はもちろん、
 地域社会にも貢献する参加経営者に出会いました。

 いつしか、中小企業、繊維工業は厳しいと、
 甘えている自分にも気づくことができました。

 「日本でこそ創りえるTシャツを
  世界へ。未来の子供たちへ」

 ありがたいことに、これから3年の激変期に
 実践すべきことも見えてきたのです。


◎━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
 3■すぐやる技術シリーズ4部作「やり抜く技術」で完結
  http://kume.keikai.topblog.jp/blog/114/10021454.html
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◎
 好評をいただいている拙著「すぐやる技術」のシリーズが
 今夏に刊行した「やり抜く技術」で完結いたしました。

 HOP  →「すぐやる技術」「すぐやる技術実践ノート」
 STEP →「やり抜く技術」
 JUMP →「認められる技術」

 10年がかりでHOP→STEP→JUMPに取り組んでいただければ
 必ずや未知なる自分に出会えて、成果が出ると確信しております

 しかし、とっかかりの「すぐやる技術」だけが重版を重ねたり
 TSUTAYAのベスト10に入るのは、ありがたくも少々残念です!


◎━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
 4■墨田区が東京スカイツリーで大ブレイク、観光セミナーで全国講師
  http://bit.ly/gKWpUY
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◎
 去年までは、東京都民でさえ「墨田区ってどこ?」って感じだったのに
 東京スカイツリーが東京タワーを抜いてから、正にコペルニクス的転回。

 今では、全国どこでで講演をしても「東京スカイツリーの墨田区」で
 通ってしまうのですから、マスメディアとネットメディアの力はスゴい。

 ほぼ毎日、久米繊維ビルから東京スカイツリーの写真をツイートする私。
 気がつくと空を眺め雲に見とれる楽しみを覚えたのも新タワー効果です。

 おかげさまで墨田区観光協会や東京商工会議所観光委員の公職も面白く
 観光まちづくりのテーマで全国を講演して、ご縁を広げられました。


◎━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
 5■明治大学ブログ起業論教え子が、東国原知事に会い、毎日RTに登場
  http://blog.canpan.info/meiji_venture/archive/174
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◎
 今年で5年目になった明治大学商学部のブログ起業論の講師。

 1年間ネットで行商しながら、生涯の師に出会い商人道を学びますが
 情報発信と大人との交流がネックになって、相変わらず、最後は10人。

 しかし、私よりブログ読者が多く、起業する学生が現われたので
 そろそろ面白いことが起こりそうだと思っていました。

 すると、ツイッター連動型の新聞、毎日RTとの嬉しいコラボや
 宮崎口蹄疫自転車チャリティを成し遂げて、東国原知事はじめ
 多くの大人に認められる教え子も現われて、感無量なのです。

 そして、今年は素晴らしい縁者講師のみなさまにも恵まれて、
 参加した学生たちは、本当にしあわせものだと思います。


◎━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
 6■絶版「メール道」を大幅加筆した「ビジネスメール道」発刊
  http://kume.keikai.topblog.jp/blog/101/10019698.html
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◎
 アマゾンで、ハリーポッターに並んで総合2位、
 ビジネス書、コンピューター書等、主要3部門で1位になった
 処女作「メール道」が絶版になって久しいのですが

 何とか、明大生にも買いやすく読みやすい文庫で復刻をと
 かねがね考えておりました。

 今年、念願かなって、大幅に事例などを書き加えて
 中経出版から「ビジネスメール道」を刊行することができました。

 学生のみならず、社会人1年生、ビジネスメール活用1年生にも
 お勧めできる本ができて、とても嬉しかったのです。


◎━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
 7■日本財団×CANPANでソーシャルメディアフォーラムを初開催
  http://www.nippon-foundation.or.jp/org/press/10100501.html
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◎
 社会起業家がインターネット=ソーシャルメディアを上手に活用すれば、
 心あるNPOやNGOの自立はもちろん、世界の変革も夢ではありません。

 私のもうひとつのライフワーク、日本財団CANPANセンターでの仕事も
 若い優秀なスタッフと、積極的に情報発信する公益志向の個人や法人の
 素晴らしい活動のおかげで、大きな成果が現われつつあります。

 CANPANブログ大賞を受賞した方々の発信で、不可能だと思われてきた
 学校や病院ができたり、新しいライフスタイルが広まったりしています。
 
 さらに、今年はYouTubeやUSTREAM、ツイッターといった
 もっと簡単で、もっと効果的な新ツールも活用できるようになって
 
 ソーシャルな人による、ソーシャルなメディア活用を通じた
 ソーシャルな社会変革がはじまりつつあるのです。 


◎━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
 8■尊敬する縁者が6人登場「しあわせな仕事の見つけ方、つくり方」
  http://www.melonpan.net/letter/backnumber_all.php?back_rid=673014
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◎
 私が尊敬する達人縁者たちの「しあわせな仕事道」を
 明大講義も縁者の小梶さとみさんが取材してまとめてくださいました。

 ◎病児保育のフローレンス 代表 駒崎 弘樹さん
 ◎横浜アートプロジェクト 代表 榎田 竜路さん
 ◎戦国ブランドもののふ 主宰 田中 秀樹さん
 ◎日本メディアアート協会 代表 竹本 明子さん
 ◎明星学園 理事 玉田さとみさん
 ◎小布施町立まちとしょテラソ館長 花井 裕一郎

 自分が紹介されるよりも、敬愛する縁者が紹介されて
 多くの人に喜んでいただく方が楽しいことを学びました!

 この本を読めば「かっこいい生き方」「あこがれる生き方」の基準が
 21世紀は変わって来ていることがわかります。
 

◎━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
  9■HONDA CR-Z & NISSANエルグランドRIDERに乗換え
  http://kume.keikai.topblog.jp/blog/120/10004218.html
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◎
 クルマ買替え期×要景気浮揚×エコカー減税・補助金と重なったので
 思い切って、個人と会社のクルマを新車に買い替えました。

 これまで外車や旧車など個性的なクルマを乗り継いできましたが、
 「日本でこそ作り得るクルマ」「環境にも配慮したクルマ」
 「私が乗るべきクルマ」は、何か考えに考え抜きました。

 一台は、HONDAのCR-Zという小型ハイブリッドカー

 「ふだんを変える。それが一番人生を変える」は本当でした。
 町中を1人で大きな車、社長だからと豪勢な車に乗るのは恥ずかしい。
 あの外観とインパネを見ているだけで、いつもの道で非日常の喜び!

 もう一台は、NISSANエルグランドRIDER 2.5 4WDというミニバン

 三世代で移動する機会も多い家長の選択肢は、ミニバンに帰着します。
 とてもミニバンとは思えない存在感、走行感、剛性感、質感に感動。
 ECOモード走行なら町中で8km/l(レギュラーガソリン)も走り感銘!
 

◎━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
 10■twitter × YouTube × USTREAM にハマって仲間作り
  http://pc.nikkeibp.co.jp/article/NPC/20071101/286155/
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◎
 わが人生は、恥ずかしい朝令暮改や、鉄面皮の大言壮語の嵐で、
 振り返るたびに赤面するのですが、まさにツイッターもその好事例。 
 
 昨年の11月に日経パソコンの「焦点」コラムのお題でいただいた
 ツイッターを、半ば嫌々始めたにも関わらず、いまではすっかり虜。
 
 それどころか、偉そうに講演でツイッター活用を語ったり、
 コラムに書いているのですから、相当恥ずかしい状態です。

 あんなもの、どこが面白いのかとよくわからんと言われますが、

 何かを視たり聴いたりすると、あれやこれや喜怒哀楽体験の断片が
 次々に思い起こされる「人生成熟期の大人」にこそお勧めです!

 さらに、とっておきの感動の記録を、YouTubeやUSTREAMに
 残しておくと人生が一変します。ぜひお試しを!感応道交を!


 来年も、引き続き、みなさまと
 新しいこと、楽しいこと、三方よしのことを
 続けていきたいと思います。

 どうぞ引き続き ご高導のほど
 よろしくお願いいたします。


久米 信行拝
 

2010年12月28日(火)更新

感謝をこめて:久米繊維 2010年 Tシャツ十大ニュース

久米繊維謹製Tシャツご愛用者のみなさま
お取引先のみなさま、ネット縁者のみなさま
今年も素晴らしいご縁をありがとうございました。



先の見えない厳しい経済環境に加えて
先代経営者=父の闘病と他界など波瀾万丈の年でしたが
http://kume.keikai.topblog.jp/blog/102/10022823.html

社員一同、心を一つにして暖簾を守り
微増ながら増収増益の決算をすることができました。

何より、嬉しかったのは、
今年も私たちの夢であり、経営理念である

「健・美・和・笑・環~LOHASPAS企業へ
 Lifestyle Of Health, Art, Smile, Peace, and Sustainability」


...にぴったり重なる
素敵なTシャツとプロジェクト製作に
数多く関わることができたことです。



年末恒例の社員一同による「今年の十大ニュース選び」も
候補がたくさんあって悩みに悩みました。

その中で泣く泣く選んだ十大ニュースを
久米繊維公式ブログ編集長の盛本さんと
公式メルマガ編集長の中島さんが
素晴らしい記事にまとめてくれました 

各Tシャツプロデューサーが書いた
それぞれの十大ニュースにも
素敵なTシャツがたくさんありますので、
ぜひ合わせてご高覧ください。



数々の素晴らしいお取引先に恵まれて
一生想い出に残るようなTシャツを作らせていただいたこと。

Tシャツイベントにも一緒に参加させていただいて
ブログやツイッターを通じてPRのお手伝いまでできたこと。

こうした貴重な経験と喜びが
私たちの工場や本社の一人一人を勇気づけ
成長させていただくエネルギーになりました。

本当にありがとうございました。

hokusai_topbanner.jpg

来年も、日本製Tシャツ製造の灯を守り
社員一同、一歩一歩進んでまいります

引き続きご高導のほど
よろしくお願い申し上げます。

               久米繊維三代目
               久 米 信 行 拝

◎━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
 ▼久米繊維2010年今年のTシャツ10大ニュース
  http://kume.t-galaxy.com/2010/12/201010.html
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◎

 ▼Tシャツプロデューサーの10大ニュース

  ◇竹内 裕 NPO&CSR企業Tシャツプロデューサー
   http://takeuchi.hama1.jp/e888781.html

  ◇甲斐誠 書Tシャツプロデューサー
   http://makomako.miyachan.cc/e219031.html

  ◇オンダアヤコ Amazon.co.jp店長/商品開発担当
   http://enpitsu.gifulog.com/e329809.html

  ◇村上典弘 日本酒Tシャツプロデューサー
   http://murakami.tencho.cc/e53379.html

  ◇なかじまあや Web・メルマガ編集長
   http://ameblo.jp/nakume/entry-10749603671.html
 


▼久米繊維公式メルマガでのTシャツ十大ニュース
………‥‥‥・・・・・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●2010年12月24日久米繊維工業株式会社Tシャツ情報局!!!●
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………




JAPAN MADE

♪゜+.o.+゜♪゜+.o.+゜♪゜+.o.+゜♪゜+.o.+゜♪゜+.o.+゜♪

『日本でこそ創りえるもの』

♪゜+.o.+゜♪゜+.o.+゜♪゜+.o.+゜♪゜+.o.+゜♪゜+.o.+゜♪

国産Tシャツメーカー久米繊維工業




Tシャツでつながる[T-galaxy.com]
>>http://www.t-galaxy.com/

久米繊維 Twitter
>>http://twitter.com/kume_tokyo1935


Amazon.co.jp 久米繊維ストア
>>http://tinyurl.com/amazon-kume


YouTube 久米繊維動画
>>http://www.youtube.com/kumetokyo1935


☆∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴.☆

―なかじまからのご挨拶―


その壱【今年も2010年を振り返り!久米繊維10大ニュース特集☆】
→今年も一年ありがとうございました!

―編集後記―

☆∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴.☆


メリークリスマス☆☆

久米繊維のなかじまです!

さて、早速ですが先週に引き続き年末年休業のお知らせです。

2010年12月29日(水)~2011年1月4日まで冬季休業の為お休みをいただきます。

12月28日(火)の午前中までのご注文・お問い合わせは
28日中に発送・対応させていただきます。
28日の午後からのご注文・お問い合わせは1月5日(水)から
随時対応させていただきますのでご了承くださいませ。

Amazon久米繊維ストアからのご注文であれば休日中のお届けも可能です!
お急ぎの方は是非ご利用くださいませ。

Amazon久米繊維ストア
>> http://tinyurl.com/amazon-kume


今日はクリスマスイヴですね!
みなさんはどんなふうに過ごされるのでしょうか?
なかじまは今日はお友達とご飯食べに行ってきます~!!

それでは今週のメルマガスタートです!!

┏━━━━┓
┃☆その壱┗┓【2010年久米繊維の10大ニュース大発表♪感謝の気持ちを込めて…】
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥・

2010年一年間を振り返り、久米繊維の10大ニュースを発表しちゃいます!

今年一年間こんなことがありました!!それでは下からどうぞ!



1.日本酒Tシャツ100選に向けて、展示会とイベントを開催!

4月と11月にそれぞれ10の酒蔵様のTシャツを展示した
日本酒Tシャツ100選が行われました。
会場では日本酒の試飲会も行われ、大盛況でした!

日本酒イベント第1回
>> http://kume.t-galaxy.com/2010/04/post-119.html

日本酒イベント第2回
>> http://kume.t-galaxy.com/2010/11/10-pieces-exhibition-12.html


2.書Tシャツ100選に向けて、「夢」の展示会を開催!

12月に、日本の書Tシャツ100選を目指し、第一弾展示会を開催しました!!
10名の書道家の方にご協力頂き、
素敵な「夢」Tシャツを展示させていただきました☆

第1回「日本の書Tシャツ展」
>> http://kume.t-galaxy.com/2010/12/-10-pieces-exhibition-4.html


3.久米繊維×すみだ コラボ商品が続々発表されました!

今年新作Tシャツの中で一番のご好評を頂いたのは、北斎Tシャツでした。
北斎は墨田区で生まれとしても有名です!

現在建設中の東京スカイツリーの近くにある「すみだもの処」で
北斎Tシャツと久米繊維謹製色丸首が販売中です!!

「すみだもの処」地図→>> http://machimegu.jp/spots/799

北斎Tシャツ→>> http://www.t-galaxy.com/hokusai/


4.久米繊維謹製色丸首がすみだブランド認証に選ばれました!!

すみだブランド認証とは「あたらしくある。なつかしくある。」を
コンセプトに「人・暮らし・想い」の認証コンセプトに適合した
すみだならではの個性ある商品のことです!

すみだブランド認証>> http://kume.t-galaxy.com/2010/07/post-125.html

5.久米繊維の職人技が見られる動画ができました!

縫製工場、プリント工場の職人の技とインタビューが満載の動画です!
是非ご覧ください。
また、墨田区のさまざまなものづくり企業の動画も発信中です。
合わせてどうぞ~~!

久米繊維動画→>> http://www.t-galaxy.com/company/message.htm
東京ダウンタウンクール>>http://www.t-galaxy.com/company/message.htm

6.今年も動画やツイッターなど新しいメディアで久米繊維情報を発信中!!!!

今年もYOUTUBE・twitter・ブログ・USTREAMなどのソーシャルメディアを
活用し、様々な方々とTシャツのコラボレーションを行ってきました。

その中でもハイチのチャリティTシャツの製作が一番印象に残りました。
ハイチチャリティTシャツ→>> http://kume.t-galaxy.com/2010/03/sgg.html

7.女性のための新商品も充実してきました!女子Tシャツ完成!!

2010年の流行語にも選ばれた「女子会」。
久米繊維でもレディースTシャツの充実を図るため、
2009年の11月から素敵女子と女子会を何度も開き、
2010年始めに女子Tシャツが完成!!

女子Tシャツ特集ページ
>> http://www.t-galaxy.com/joshi-tshirts/01.html

女子Tシャツの他に家でゆったりとくつろぐための部屋着・無垢もあります!!
>> http://www.t-galaxy.com/zero/


8.様々なお店で多くのみなさまに直接お会いできました!!

今年は東武百貨店・東急百貨店東横店・東急ハンズ新宿店といった様々なお店で
Tシャツを販売させていただき、本当にたくさんのお客様に
久米繊維の商品を実際手にとって見ていただきました。

東急百貨店東横店では久米繊維のスタッフも販売員に!!
あなたと直接お話させていただいたかも!?
>> http://kume.t-galaxy.com/2010/06/-the-advance.html


東急ハンズ新宿店では、北斎Tシャツをはじめ久米繊維謹製色丸首を販売し
多くの方にお買い求めいただきました!
http://kume.t-galaxy.com/2010/06/post-124.html


東武百貨店では「I LOVE Tshirts展」が開催され、ひろ~~~~いフロアに
様々なジャンルのTシャツが揃いました!!
>>http://kume.t-galaxy.com/2010/05/i-love-tshirts-collection.html


9.アーティストとのコラボレーションも続々と実施中です!

様々なプロジェクトやアーティストとコラボレーションを続ける久米繊維!
若手のアーティスト応援も積極的に行っています。

典型プロジェクトでは「典型Tシャツ」を販売開始!
11月にDESIGN TIDEで展示会も開催し、大盛況でした~!
>>http://www.tenkeiproject.jp/

詩人・谷川俊太郎さんの詩をプリントしたTシャツも完成!大人気です!!
>>http://oblaat.jp/

今注目の若手アーティストが集まった展示会・THE NEW MARKETでは
公式Tシャツをおつくりして、展示もおこないました!
>>http://design-coop.jp/

久米繊維本社プレスルームでの展示会では、様々なアーティストが
Tシャツアートを発信しています!!!
>>http://kume.t-galaxy.com/10-pieces-exhibition/

その他、コラボTシャツ多数!!
Room to Read Tシャツ >>http://tinyurl.com/29vt8lj
坂本龍馬Tシャツ>>http://tinyurl.com/29rllxj
大図まことさん パンダTシャツ>>http://tinyurl.com/29qkabk


10.スカイツリー公式Tシャツを制作☆東武百貨店で販売中!!

現在建設中の東京スカイツリーの公式Tシャツの制作のお手伝いをさせて頂きました!
現在529m!!あと約100mも大きくなるんですね~~。
>> http://www.tobu.co.jp/file/2988/101018_2.pdf



いかがでしたか?
一年を振り返ってみると本当に色んな方々とTシャツで「つながる」ことが出来ました!
みなさま本当にありがとうございました!

来年も皆様に愛されるTシャツを作ってまいりますので、
どうぞよろしくお願いします。


☆─┐☆─┐☆─┐☆─┐
│編││集││後││記│・‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆
└─┛└─┛└─┛└─┛

今年最後のメルマガいかがでしたでしょうか?
今週の久米繊維は大掃除週間で、それぞれ分担して掃除しました!

色んなフロアを掃除しましたが、まだ自分の席は終わっておりません…
ここが一番の難関です………

他のフロアは「こうした方が良い!」と言えるのですが、
自分の席になるとどうも甘くなる。。。

「こんなんでいっか」とすぐに諦めてしまいそうですが、


最後になかじまからのお知らせ。。。
じ。つ。は。来週に緊急ですが号外メルマガ配信することが決定しました!!

来週が本当に2010年ラストのメルマガですので、お楽しみに♪


次回のメルマガお楽しみに♪

☆な か じ ま ブ ロ グ☆
───┬───────────
└─→http://ameblo.jp/nakume/


┏┿━━・・・━━━━━━ご意見・お問い合わせ━━━━━━━━━━━━━┓
╂┘┌──┐                              ┃
┃ │\/│MAIL⇒info_tokyo_1935@kume.jp              ┃
┃ └──┘                              ┃
┃                                   ┃
┃ ┃)))                                ┃
┃ ┣━┓                               ┃
┃ ┃□┃ TEL⇒03-3625-4188(平日9:00-17:00)              ┃
┃ ┃::┃                               ┃
┃ ┗━┛                               ┃
┃                                   ┃
┃                                   ┃
┃ 【メルマガ解除URL】⇒http://bit.ly/b96whQ              ┃
┃ ⇒http://bit.ly/9i1gRA             ┃
┃                                   ┃
┃     ♪Tシャツでつながる【T-galaxy.com】            ┃
┃    店長:もりもと じゅんこ  メルマガ編集担当:なかじま あや ┃
┃ 発行:久米繊維工業株式会社 ┃
┃           Copyright(c)KUME Co.,Ltd. All rights reserved.┌╂
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・━━┿┛

2010年11月23日(火)更新

父 久米 信市と ご縁をいただいた皆さまに 感謝をこめて

kumenobuichi3.jpg

平成二十二年十一月二十一日の夕刻、久米繊維工業 二代目経営者、父 久米 信市が、静かに息を引き取り、祖父母の待つ世界へと旅立ちました。

父の強い要望に従い、親族と社員有志だけの質素ながら心の通う葬儀を執り行いました。ご参列いただけなかった多くの方々も、心の中で合掌していただければ幸いです。

日本で最初にTシャツを量産し、日本のTシャツ史と共に歩んだ父でしたが、この十年間は、人知れず病魔との闘いを続けておりました。

まずは、心臓を患って生死をさまよい、ペースメーカーの手術を受けました。今も会社の金庫の奥には、当時の病める心臓の写真が貼ってあります。金庫を開ける度に、手術によっていただいた余命に感謝しながら、毎日を送っておりました。

その後も、父は何度も倒れては入退院を繰返しました。しかし、厳しい環境の中でも、何とか会社を守り抜こうと、病室に帳簿を持ち込んでまで頑張りました。私たち次世代に引き継ごうと不屈の闘志で生き続けてくれたのです。

しかし、四年ほど前、カテーテルの手術の際に、前立腺ガンが見つかり、進行もかなり進んでいることがわかりました。しばらくは、薬でなんとか抑えていましたが、昨年のちょうど今頃、父と私は、東大病院で余命三ヶ月から半年と宣告されました。

一縷の望みをかけて、親友たちの勧めで、統合医療の大家 帯津 良一先生の教えを受け、東大病院と並行して治療を続けました。一時は改善も見られ、少しだけ命を余分にいただくことができました。

その間に父はやり残した仕事を片付けようと必死でした。この残された時間をお互いに大切にしようと、この春からは、私も父と同じ部屋に仕事机を移して、できる限り顔を見合わせながら仕事をして参りました。「何かわからないことはないか」と、父は毎日のように私に尋ねました、父は重要な資料を丁寧に整理をしては、私に引き継いでいきました。
 
夏前からは、いよいよ病魔に蝕まれ、歯や頭に激痛が走るようになりました。いつも頬杖をつき頭を抱えて辛そうにしながら痛みに耐えていました。大好きな音楽を聴いて痛みを忘れようとしていました。夜も眠れず、昼間にうたた寝をするのがやっとでした。食事も喉を通らなくなり、弟たちと甘いコーヒーや杏仁豆腐を買ってきては飲み食いするのが日課になりました。そうでもしなければ、低血糖や栄養失調になってしまうからです。

父は、祈る人になっていきました。家族が全国の神社仏閣で買い求めたお守りを、机の上に並べて仕事をしていました。毎朝、仕事を始める前に、四方八方に頭を垂れては合掌していました。朝日の中で、心から祈り続ける父の姿が、今も忘れられません。

おそらく父は、今年三月の社債の償還、八月の二十四時間テレビ、そして九月の決算を、私以上に心配していたと思います。それを成し遂げるまでは、どんな痛みにも耐えて、何とか生き抜こうと祈っていたのだと思います。おかげさまで、本社も工場も社員一丸となって、この厳しい環境の中でも増収増益の決算をすることができました。その決算書を目にした時、父から握手を求めてきました。その手の温もりと笑顔が忘れられません。

そして、去る十一月の九日に、メインバンクの取締役が表敬訪問でご来社されました。その時、父は珍しく同席して、誇らしげに決算資料を自ら銀行に手渡しました。それは、黒字決算で自己資本が過半となった試算表と、複数の銀行から長期固定の低利で借換えた返済予定表でした。バブル崩壊後、何度も危機に見舞われ、時に眠れぬ夜を送った父は、ついに二十がかりの闘いに勝利したのです。

その翌日、父はベッドから自分の力では起きられなくなりました。兄弟で両肩を支えて、ようやく歩ける状態でした。もはや全身に痛みが回っていたはずですが、父は自宅での療養を望んでいました。

父は、倒れた翌日には、APEC中小企業サミットの日本代表として私が登壇することを知っていました。今思えば、私に心配をかけまいと、痛みを我慢してくれたのでしょう。死の間際に、父が、栄えある舞台に私が立ったと褒めてくれたことや、NHK首都圏ネットワーク出演を喜んでくれたことを、私は生涯忘れないでしょう。

父の病状は日に日に悪化してきました。あまりにも痛みが辛そうで、高熱も続いたため、十一月十三日に、父は救急車で運ばれました。東大病院のベッドは満室でしたが、強運にも、主治医の西松 寛明先生が当直だったため入院することができました。ありがたいことに、最後の一週間あまり、医師や看護士の皆様の献身的なケアを受けることができました。

なるべく父の側にいようと家族で病院に通いました。父が痛みをこらえながら聴いていた大好きな曲を流し、家族の写真をスライドショーで表示しながら、家族みんなで父の手を握り合いました。しかし握り返す手の力は、日を追うごとに弱くなっていきました。

話しかけると、父は二言目には「ありがとう」「ありがとう」と繰り返しました。時には「意気地がなくてごめんね」「迷惑をかけてごめんね」と私たちに謝るのでした。

最後の三日間は、呼吸をするのがやっとで、言葉を交わすこともできなくなりました。それでも、母が来て話しかけると父は目を輝かせました。確かに心が通じているのです。

最後の瞬間も瞳孔が開きかけているのに、子供三人が揃うまではと懸命の呼吸を続けました。そして、母の涙声の「ありがとう」を聴きながら、静かに息を引き取りました。

父は「ありがとう」と繰り返しながら、そして母の「ありがとう」を聴き続けながら、次の世界へと旅立ちました。

今も耳に残っている父の「ありがとう」の一言を胸に刻んで、私たちは生きていきます。これから死ぬまでの間、ご縁をいただいた方々に、どれだけの「ありがとう」をお伝えできるか、父から託されたのだと肝に銘じています。

その最初の「ありがとう」を、心からの「ありがとう」を、葬儀にご参列いただいた方々はもちろんのこと、世界のどこかで父に手を合わせてくださっている方々に申し上げます。

どうもありがとうございました。

                                   久米 信行拝
«前へ 次へ»

20141009bnr.jpg

◎久米 信行「縁尋奇妙」メルマガ
email

会社概要

1935年創業の老舗国産Tシャツメーカー。 半世紀以上にわたり、国産Tシャツ専門メーカーとしての誇りを持ち、裁断、縫製、検品、仕上げ、そしてプリントまで一貫して日本国内のグループ会社で生産する稀有なTシャツ・ギルドとして現在に至る。...

詳細へ

個人プロフィール

イマジニアで株式ゲーム、日興証券で相続診断システムを開発後、家業の三代目となる。T-GALAXY.comで日経インターネットアワード.IT経営百選受賞。現在第二創業期に邁進し、日本でこそ創りえる久米繊維謹製Tシャツを世に問う。AllAbout Tシャツガイド。明治大学商学部講師。東京商工会議所I...

詳細へ

バックナンバー

<<  2017年11月  >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

コメント一覧

最新トラックバック

  • レイバン サングラス from レイバン サングラス
    お薦め本『儲けとツキを呼ぶ「ゴミゼロ化」工場の秘密』~古芝保治著 - 久米繊維工業 代表取締役社長 久米信行
  • 日本発ものづくり提言プロジェクト シンポジウム(2011/10/22) from パワーブロガー★イベント交流録
    日本発ものづくり提言プロジェクト のシンポジウム 「ジャパンファッションの再生、 日本発ものづくりから考える 」に、参加しました。 オープニングには、会場に 坂本龍一の「音楽図鑑」の 曲が流れて、いい感じ♪ プレゼンをしている
  • 15年前のAPEC大阪会議の思い出は from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 代表取締役高嶋 博 社長の日記
    15年前の11月16日から19日まの4日間、APECが大阪で開かれましたが、海外の 首脳が参加する国際会議が大阪で開かれたことは今までになく、厳戒態勢の街は 道路も交通機関...
  • 本の紹介【「ものづくり日本の海外戦略」が発売されました】 from 公認会計士・税理士 村田守弘のブログ
    「ものづくり日本の海外戦略」が発売されました。8日(金曜)の日経朝刊第一面にこの本の広告が掲載されました。なお、当該広告には、もうひとつの拙著「弁護士のため租税法(第2版)も掲載されています。取り急ぎ、ご報告します。
  • 緊急速報!  栗東 「わすいせず」4日前... from ココジャネル焼酎研究所 所長 ココジャネ...
    速報!!!栗東 「わすいせず」720mlが出ています!!!四日前にもかかわらず、 66,000円!!!!!http://page7.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/g916945312006年、2008年、2009年、2010...